シンガポールに出来た素晴らしいホテルと言えばマリーナ・ベイ・サンズです。 2011年にオープンして暫くしてからの宿泊ですが見かけと同様に素晴らしい宿泊を提供してくれたのでしょうか?

marina-bay-sands-ms-035

結果

やはり設備が素晴らしいホテルです。スタッフも想像以上に頑張ってくれました。 色々な意味で飛びぬけて楽しめるホテルでした。 同行していた友人達も良い思い出になったと言ってくれました。

予約

毎度の事ですが複雑な旅程の中で予約を取るにはAMEXが一番楽で助かります。 今回も同じようにインドネシアと韓国の移動の間のシンガポールでの手配を上手く進めて頂きました。また部屋もAMEXの担当の方と話をしてサンズ・スイートに決定です。ここまで決めるのに何回電話で対応をお願いしたのか ・ ・分からないぐらいです。

送迎

シンガポールのチャンギ空港を出たところでスタッフが待ってくれていました。乗り心地の良いワゴンに乗って直ぐにホテルに到着します。しかし遠くから見ても目立つ建物ですね。以前見たときは工事していたエリアがここまで立派になるとは思いませんでした。

marina-bay-sands-ms-001 marina-bay-sands-ms-031 marina-bay-sands-ms-033 marina-bay-sands-ms-032

チェックイン

ホテルに到着すると直ぐに担当のスタッフが迎え入れてくれます。彼女が基本的に私の総てを担当してくれることになります。先ずはチェックインですが友人達は一階のVIP LOUNGEで暫し休憩です。お茶と少し甘い物を食べてリラックスタイムのようでした。

marina-bay-sands-ms-002 marina-bay-sands-ms-003 marina-bay-sands-ms-004 marina-bay-sands-ms-034

今回の部屋はT2にある5064号室になりました。私好みのハイフロアだと聞いて嬉しくなります。

部屋

奥まった場所にあるエレベータから部屋に移動しますが赤で纏められた雰囲気の良い廊下を経由して部屋まで到着します。扉は二枚扉で期待するには十分な内容です。

部屋に入ると先ずは構成の確認です。スイート構成なのでリビングとベッドルームが分離しているのはもちろん、バスルームそして何故かビリヤードです。これは良いですね!飽きさせない部屋の作りです。

リビング

扉を開けて入ると先ずはお客様のお手洗いそして別次元の部屋が登場します。広いのですが変に間延びすることなく上手くデザインされているのは流石です。先ずは目の前に6人掛けの大きなソファーが登場です。ソファーの向かいには大型のテレビが準備されています。このテレビの奥が寝室になっています。

marina-bay-sands-ms-019 marina-bay-sands-ms-030

リビングの中の間仕切りとして書斎机があり一番奥には丸テーブルが準備されています。部屋で10名程度は軽く入れそうです。私も友人達と合流して色々と楽しみました。

marina-bay-sands-ms-006 marina-bay-sands-ms-008

書斎机の上にはホテルの案内からプリンターそして電話機と必要な物が総て揃っています。何気に頭の上にある灯りについても凝っています。

marina-bay-sands-ms-007 marina-bay-sands-ms-009

marina-bay-sands-ms-010

そして一番の驚きは・・・ビリヤード台がリビングにある事です。この構成はドバイのバージュ・アル・アラブのスヌーカ以来ですね・・私たちもビリヤードは好きなので楽しみますが、それはそれ部屋なので壁側に入ると突くことができません。残念・・・雰囲気ですね此れは・・ビリヤード台の後ろにあるテレビを見ながら友人達と球を突くのは良かったです!

marina-bay-sands-ms-023

ビリヤード台の奥にミニバーがありますが、私の大好きなTWGの紅茶とエスプレッソマシーンがあります。しかもこの数です。好きなだけ飲んでもなくなりません。ちなみにバトラーの方が常に補充してくれるので、結論は好きなだけ飲みました!

marina-bay-sands-ms-024 marina-bay-sands-ms-025 marina-bay-sands-ms-026

この机の下には冷蔵庫やグラスが収納されています。準備されている飲み物も完璧です。しかし我々は一切此方のアルコールには手を付ける必要はありませんでした。理由は後から後からシャンパンにフルーツに・・どんだけ!と言いたくなる位のサービスです。あまりサービスには期待していませんでした、どうして素晴らしい内容でした。

ちなみに50階の部屋でしたが狭いながらも外に出てサンラウンジャーで寝ることも可能でした。

marina-bay-sands-ms-027

ベッドルーム

リビングルームのテレビを後ろに回り込むとベッドルームになります。柔らかい中にも芯がある私が好きなタイプのベッドでした。枕元には不要な物は無くシンプルに纏められています。もちろんベッドの正面にもテレビは準備されています。今回は少し時間があったので私の好きなナショジオを見ることができました。

marina-bay-sands-ms-011 marina-bay-sands-ms-042

因みに・・・夜になるとコレです。ハネムーン仕様ですよこれは・・多分そのようにホテル側が理解したのでしょうね。有難くもありますが少し恥ずかしい感じです。確かにAMEXのスタッフが色々と頑張ってくれていましたね・・・

バスルーム

ベッドルームからバスルームに移動する途中にウオークインクローゼットがあります。十分な広さを持ち安心して物を広げることが出来ました。セキュリティボックス等も此方に備え付けられています。

marina-bay-sands-ms-013 marina-bay-sands-ms-022

化粧台もこの通路にあります。私が電源プラグの変換機をお願いしたら変圧器を持って来てくれたバトラーはお茶目です。電圧はそのままでも良いと言ったのですが(笑)

marina-bay-sands-ms-012 marina-bay-sands-ms-013

一番奥がバスルームになりますが右手にはダブルのシンクを使うことができます。左手にはお手洗いとシャワーがあります。トイレは普通のスタイルでウオッシュレットではありません。シャワーがハンドシャワーでは無く固定式です。こちらもシンプルな造りです。

marina-bay-sands-ms-014 marina-bay-sands-ms-046

marina-bay-sands-ms-044 marina-bay-sands-ms-045

お風呂はジェットバスです。これで暫く体を伸ばしてお風呂を・・・と思っていましたがターンダウンされるとコレです!ドヒャーと言いたくなる位の雰囲気です。これはバンコクのバンヤンツリーのハネムーンパッケージに一人で泊まった時位の衝撃です。バトラーも私が好きだと分かっていてやっているのでしょう(笑)

marina-bay-sands-ms-015 marina-bay-sands-ms-016 marina-bay-sands-ms-017 marina-bay-sands-ms-021

marina-bay-sands-ms-028 marina-bay-sands-ms-029 marina-bay-sands-ms-036 marina-bay-sands-ms-037

インルーム ダイニング

疲れた時は外に出ずに部屋で頂きます。もちろん何時ものバトラーが完璧に対応してくれます。今回は次に訪問する韓国に合わせてなんと韓国料理まであります。しかも美味しい!石焼ビビンバが出てきました。

marina-bay-sands-ms-038 marina-bay-sands-ms-039 marina-bay-sands-ms-040 marina-bay-sands-ms-041

地図