サウジアラビアン航空 ファーストクラス リヤド→ドバイ 搭乗記

サウジアラビアからインドのニューデリーまでの移動ですが、直接飛ぶのではなくエミレーツを使用したかったのでサウジアラビアから一度ドバイまで移動です。

sv-first-riy-dub-014

結果

来るときのビジネスより断然広くて快適でした。しかし相変わらずのサービスは「提供してやっている!」感が強くサービス業としてはまだまだですね・・・暫くはSVを選択する理由は無いかもしれませんね。

チェックイン

ホテルの車で空港に向かいますが、空港には王族専用のターミナルがあります。うーーん・・これは微妙ですね。

sv-first-riy-dub-001 sv-first-riy-dub-002

空港に到着すると先ずはセキュリティを通過して航空会社のチケットセンターへ行きます。チェックイン後にセキュリティをまた出て今度はイミグレーションを通過すると言った少し変則的な動きです。この辺は写真を撮るのが怖くてカメラさえ出せません。慣れれば行けそうな雰囲気はあるのですが・・・今はまだですね・・・

sv-first-riy-dub-004

ラウンジ

ラウンジの場所はイミグレーションを抜けた場所にありますが、表示してある案内板に従うと違う場所に着いてしまいました。修正してほしいですね・・・

sv-first-riy-dub-007 sv-first-riy-dub-003

ラウンジはビジネスもファーストも同じ場所にあります。基調は赤でまとめられており食べ物もある程度は豊富です。でも・・一般的なラウンジですね・・・

sv-first-riy-dub-005 sv-first-riy-dub-006

搭乗

さて時間になったので搭乗ですが、飛行機に乗る前に搭乗口カウンターで再度チケットを提出する必要あります。確認した後に10メータ先のボーディングブリッジの前でまた確認です。どんな意味があるのか不明ですが手順に従うしかありません・・・でも謎です。搭乗すると早速デーツとアラビックコーヒが振る舞われます。以前の教えどおり二杯は飲みましたが、無理に飲むものではありませんね!

sv-first-riy-dub-008 sv-first-riy-dub-011

ファーストクラスは搭乗者が6人ですが、アラブ系の人が前に座り、後方に外国人が集められる感じです。

出発

今回の機材はB777ですが中身はかなり古くできています。昔ながらの座席コントロールに、小さなディスプレイです。定刻には無事に出発できました。

sv-first-riy-dub-009 sv-first-riy-dub-010

今回はCAも他のサウジアラビア人も居ないので思いっきり写真を取ります。今まで写真が取れないストレスが結構きつかったですね。

sv-first-riy-dub-013 sv-first-riy-dub-014 sv-first-riy-dub-015 sv-first-riy-dub-016

食事

近距離ですが食事はでました。他の航空会社より充実したソフトドリンクメニューです。アルコールは無いようです・・・飲めない私には関係ありませんがね!

sv-first-riy-dub-012 sv-first-riy-dub-018

食事の内容は悪くありません。味もそれなりで満足できます。前回のビジネスよりはやはり良くできていますね。

sv-first-riy-dub-019 sv-first-riy-dub-020

地図

By | 2017-03-21T00:03:11+00:00 2009/06/05|Categories: Air Line, Other|Tags: , |2 Comments

2 Comments

  1. CDG 2010/12/15 at 19:34

    こんにちは!SV。一度搭乗してみたいのですが、結構あっさりサービスなのですね。なんだか残念です。

    それにしても、デーツはEK搭乗時に出てくる度、もし(日系は絶対にないサービスですが)デーツを私がサーブしていたら
    「デーツでございます」「デーツはいかがでしょうか?」「デーツでつ。。。」と、一度は言ってしまいそうだと、しょうもない事を考えながら頂いておりました。

  2. ma-yamanaka 2010/12/16 at 01:26

    CDG様

    こんばんは。

    サービスは結構アッサリですが、雰囲気はかなり独特です。女性はSVに乗ったタイミングから既にアバヤを渡されて、飛行機を出る時には身につけている必要があります。ちょっと普通の航空会社では無い、タダものでは無い雰囲気です。いやこれが冗談では無いんですよ!

    その中で「デーツでつ」を是非に一発かまして頂けると雰囲気も和むのではないかと思います(笑)

    では!

Comments are closed.