エミレーツ航空 A380 ファーストクラス 搭乗記 EK319 成田→ドバイ

現在はB777で運行されているエミレーツ航空の成田からドバイへの便ですが2013年5月末まではA380でのフライトでした。 世界最大の旅客機はどのようなフライトだったのでしょうか?(祝!2017年3月にA380が成田に戻ってきます)

ek319-first-nrt2dxb-026

結果

日本からA380でドバイに移動できたのは非常に素晴らしく嬉しいフライトでした。 暫くは難しいでしょうが、羽田からドバイへの便にA380が来るように個人的に期待しています。

予約

今回は旅の始まりにエミレーツ航空を選択でした。ドバイ、アブダビ、上海、ムンバイ、ニューデリー、ダッカそしてバンコクを移動するキツイ旅程をAMEXにてお願いします。かなりフライトについても変更を繰り返してベストの状態を選択できました。

機材変更の理由

機材変更の理由は2013年の6月から羽田からドバイへの便を新規に就航させたため座席の供給過多を防ぐのが目的だったようです。羽田発着は有り難いのですが、2012年7月の就航から一年も経たずにA380が無くなる状況となり、嬉しいような、悲しいような内容でした。

A380は製造を中止する可能性がある等と色々と話はありますが、個人的には大好きな機材なので引き続き存続すると嬉しいですね。

チェックイン

成田空港のエミレーツカウンターでのチェックインは随分とこなしましたが、未だにスイートクラスに乗るときには胸が高鳴ります。今回のラウンジは71番ゲート近くのアドミラルズ クラブを利用します。

ek319-first-nrt2dxb-001 ek319-first-nrt2dxb-002 ek319-first-nrt2dxb-003 ek319-first-nrt2dxb-004

随分と久しぶりのラウンジですが、設備は今時としてはかなり古くて物足りません。これは仕方ないですね。

ek319-first-nrt2dxb-005 ek319-first-nrt2dxb-006

搭乗

今回の搭乗は66番からの搭乗です。やはり大きな象のような機体が目に留まります。

ek319-first-nrt2dxb-028

ファーストの乗客はチケットのチェックを受けた後にアッパーデッキ側のスロープに向かいます。アッパーの扉をくぐって左手に案内されるとスイートの場所になります。日本人のCAさんが案内してくれるので気楽ではあります!

 

ek319-first-nrt2dxb-007 ek319-first-nrt2dxb-008 ek319-first-nrt2dxb-009

搭乗すると直ぐにアラビックコーヒーとデーツのサービスを頂きます。すっかりアラビックコーヒとデーツはファンになり家にも常備されるようになりました。また直ぐにパジャマに着替えてリラックスモードに変化します。

ek319-first-nrt2dxb-029 ek319-first-nrt2dxb-014

座席

エミレーツのA380の記事は多く書いてあるのですが、何時搭乗しても良いと感じます。今回の座席は2Kになります。深夜便なので一列目は人が移動するとカーテン越しに光が漏れるので二列目を押さえて頂いています。

ek319-first-nrt2dxb-010

目の前には大型のディスプレイがあり搭乗直後から直ぐに利用できます。私のお気に入りは外部モニターです。A380だと3カ所のカメラを選択して見ることができます。私のお気に入りは尾翼から全体を見渡す画像です。ディスプレイの前には何時ものスナックがあります。特に今回は食べませんが小腹がすいた時に頂くには便利なセットですね。離陸前には一度下げて片づけれられてしまいますが直ぐに出てきますのでご安心を・・・

ek319-first-nrt2dxb-012

ミニバーも座席の脇に準備されています。冷蔵庫では無いので冷えているわけではありませんが、好きな時に気軽に飲めるのがメリットです。更に窓よりの場所には大型のストレージがあります。普通の鞄であれば簡単に収納できます。

ek319-first-nrt2dxb-011 ek319-first-nrt2dxb-013

インターネット

A380の場合にはON airでフライト中もかなりの場所でインターネットに接続する事ができます。この画面は凄い勢いで更新されているのでフライトの度に変わります。たまにプロモーション期間があり該当期間に搭乗すると10MBは無料で試すこともできるので一度お試しください。

また当時は一度のフライトごとにユーザを使い捨てだったのですが、昨今は共通アカウントをメールアドレスで持つようになり、以前のフライトの時に使用したメールアドレスと使用したパスワードを覚えている必要がありますのでご注意ください。分かっていれば良かったのですが、私からすると突然の仕様変更なので最初は戸惑いました・・

ek319-first-nrt2dxb-015 ek319-first-nrt2dxb-016

 食事

深夜便なので多くは頂きません。エミレーツの場合もそうですが完全にアラカルトで好きな時に食べることが出来ます。特に日本のCAの方たちが多いので気楽に頼めます。

ek319-first-nrt2dxb-017 ek319-first-nrt2dxb-018

今回はキャビア!と素麺を頂きます。前回は無理にキャビア丼にして失敗したので素直にキャビアだけで頂きました。やはり美味しいですね!

シャワー

エミレーツ航空のA380のファーストクラスの楽しみと言えばやはりシャワーです。何時もと同じく到着の2時間前に事前にお願いして予約します。脱出ポッドのようなシャワールームに入り、小まめに水を止めながらシャワーで全身を洗います。かなり寒く感じますが、床暖房が入っているので足裏は平気です。変に気が利いているのもエミレーツらしいと思います。

ek319-first-nrt2dxb-019 ek319-first-nrt2dxb-021

ek319-first-nrt2dxb-022 ek319-first-nrt2dxb-023

シャワーが終わると外でCAさんが待って頂いておりフルーツとお茶で水分補給となります。

ek319-first-nrt2dxb-024

ビジネスクラス ラウンジ

到着前に少し体を動かし散歩に出かけます。A380のアッパーデッキの最後尾はビジネスクラスのラウンジになっています。こちらでペリエを軽く頂いて暫しのんびりとします。CAさんも雑誌をくれたりと色々と気を遣っていただけます。

ek319-first-nrt2dxb-025 ek319-first-nrt2dxb-027

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 エミレーツ 航空
2 フライト EK319
3 機材 A380-800
4 クラス ファーストクラス
5 出発空港 成田国際空港 NRT
6 到着空港 ドバイ国際空港 DXB
7 予定 出発時間 22:00 (NRT)
8 予定 到着時間 05:00 (DXB)
9 予定 フライト時間 12:00
10 実 搭乗開始時間 21:15(NRT)
11 実 ドアクローズ時間 21:50(NRT)
12 実 離陸時間 22:00(NRT)
13 実 着陸時間 04:30(DXB)
14 実 降機時間 04:45(DXB)
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 11:35

地図

By | 2017-06-24T09:19:50+00:00 2014/12/20|Categories: Air Line, Emirates|Tags: , |Comments Off on エミレーツ航空 A380 ファーストクラス 搭乗記 EK319 成田→ドバイ