アマネム 宿泊記 ナギスイート

前回の空ヴィラ滞在から一年程経過し、そろそろアマネムに訪問したいと思っているタイミングで他の事項も重なり滞在を決めます。あのオープニングからアマンとして更なる高みに向かっているのでしょうか?

結果

開業当時より断然よくなっています。前回の宿泊時にコメントした事項は総て改善されて本当のアマンになっています。しかも今回は桜が満開の時期を楽しめました。ありがとうございました。

予約

三重では他の予定との兼ね合いもあったので状況を確認しあいながら結果的には滞在の10日前に予約を取得します。アマネムのスタッフの方とは連絡が取れているので今回はWEBで予約を取ります。時間と体力があれば色々なアクテイビティを考えていたのですが・・結果的には外には出ずにリゾートの中だけで過ごす事にしました。よって伊勢志摩ライナーの電車の到着時間だけをリゾート側にお伝えしておきます。

近鉄のWEBサイトで伊勢志摩ライナーを予約しておきます。・・・しかし近鉄のWEBサイトではインターネット予約をどうするのかは記載が明確で無いため当日に確認する事としました。本当はしまかぜに乗りたかったのですが一日に一本だけなのでタイミングがあいませんでした・・残念・・・

近鉄

雨交じりの天気の中、四日市市で予定を終わらせ四日市駅でフルーツを購入して伊勢志摩ライナーに乗り込みます。WEBで買ったチケットは駅員さんに確認すると指定席だけのチケットなので何も交換する必要はないとの事です。乗車券だけ当日購入して駅の改札を超えて乗り込めばOKです。確かにそうですね・・・・

サロンカーの中で先ほど買ったイチゴを頂きパノラマデッキで景色を見ていると賢島の駅まであっと言う間に到着です。本当に近鉄良くなりました。

送迎

賢島の駅を降りて改札を通過すると懐かしい担当の方が迎え入れてくれます。最近の状況を軽く意見交換しながらリゾートの状況を確認です。話の中で花見の話が出て盛り上がっているとリゾートに入る手前に桜が咲いているとの事で少し車を寄せて5分程度の花見を楽しませて頂きます。丁度満開に向かう桜を貸し切りで楽しみます。

ゲートを通過してリゾートに入ります。パビリオンの前で車を止めるとGMの方が満面の笑顔で迎え入れてくれます。近況の話をしながらリゾート開業からの一年についてお話を伺いました。逆にアマン東京の状況についてお話をしましたが、今となっては知っているスタッフは寧ろアマネムに移られているので込み入ったお話にはなりません。しかしやはり感じますAMANEMUがAMANであると・・東京も好きですけど(笑)

 

パビリオンの前には一本だけ染井吉野の桜が咲いていましたが之も見頃です。生憎の曇り空と雨模様ですが悪くありません。オープンの一年前は雪だった事を思い出します。抹茶を頂きながら暫く時間を楽しみます。

  

スーツケースはこの時点で中に運び込まれて部屋まで自動的に運んでいただけます。

 

チェックイン

色々とつもる話はありますが先ずはチェックインです。今回は二人での滞在なのでスイートそして英虞湾が良く見えるナギをお願いし03号室をアサインいただきました。前回の滞在は海から少し離れていますが、今回のスイートは海がかなり近くに感じます。電動カートで敷地内を見ながら部屋に移動です。

 

部屋

今回の部屋はリビング兼ベッドルームとウエットエリアの構成です。よく考えると一般的なスイートとは違いますが機能は完璧です。今回はひたすらのんびりとするための滞在なので、そのために総て揃えられています。

入り口

山桜を超えて03号室の扉を開けて中に入ります。相変わらず重厚な扉ですね。しかし気が付きます・・鍵のオブジェが変わっている事に・・どうやら開業時に使用されていたのは繊細すぎて直ぐに壊れてしまったようです。

マスターのスイッチを入れるとアマンの部屋が広がります。入り口で私は靴を脱いで中に入ります。

 

リビング

部屋に入ると外に広がる英虞湾が目に入ります。雨と曇りの天気ですが、窓を大きく開けて外の空気を流します。4月上旬の滞在ですが温度も上がってきていたので夜寝るときも窓を開けて過ごしました。まだ虫もいませんのでベッドでシーツに包まりながら、外の空気を楽しみます。寝るときに耳を澄ますと波の音が聞こえます。更にカエルの鳴き声が遠くから聞こえてくる素晴らしい滞在です。私はカエルの鳴き声が大好きなのです。そして雨のために草花の香りを感じやすくなっています。起きるときは鶯の鳴き声で朝日と共に目が覚めます。同行した人はベッドでもなく、外のディベッドで寝てしまうほどの心地よさです。

アマネムは寝に行くだけでも十分なリゾートかもしれません。ラグジュアリーに自然と溶け込めるそんな滞在です。

部屋を入ってすぐの場所には机と椅子がセットされています。机の上にはシンボリックなランプがあり、これだけでアマネムと分かるほどです。机の上にはフルーツ・ドリンク・手紙・リゾートの地図が置かれています。飲み物は私がアルコールを飲めない事を当然のように理解されておりグレープジュースです。しかも美味いのです!

机の奥の壁もソファー兼ベッド・棚になっているので自由自在に使います。到着時は手荷物や上着を放り込んで、時間が経つと横になってゴロゴロして、夜は部屋の景色を楽しむ・・アマンの良さが良く出ています。

ベッドの枕が実は一番のお気に入りです。この高さでこの軟らかさそして香りにまで気が遣ってあるこの枕が私は大好きです。この香りはシーツにも使ってあり寝るときに潜り込んで息を吸い込むと幸せになれます(笑)

ベッドサイドにはランプに電話機そしてブルートゥースで接続できるスピーカーシステムです。このスピーカーシステムはバッテリーで駆動するので部屋のどこでも使えるので大活躍です。ゆっくりとクラシックを流して外の音と共に楽しみます。日本でお籠り滞在をするには鹿児島県の天空の森かアマネムが良いですね。私が海外の友達に自信をもって薦めれれるリゾートです。

 

ターンダウンも勿論提供されます。スタッフからの言葉と共に折り紙が付いてきます。部屋もグッとトーンを落として眠りに誘い込んでくれました。更にお菓子の追加もあり嬉しい限りです。

ベッドの前にはテレビがあります。しかしテレビは一切つけませんでした。アマンでテレビがあるのはアマン東京かアマネム位かもしれません。あると良い時ももちろんありますが、今回は全く不要でした。

 

テレビの下にはアイスボックスと日本の煎餅があります。この煎餅は部屋を片付けて頂くたびに追加されるので好きなだけ頂けます。冷蔵庫の飲み物もアルコール以外はコンプリメンタリなので欲しいものを欲しいだけ頂くことができます。飲み物がある冷蔵庫はテレビ台の下にあります。カップなどもこちらにあります。そして気が付きにくいのですがテレビの横の扉を開けるとポットやエスプレッソマシーン等があります。アマネムは基本的にシンプルなデザインに多くの機能を持たせているので、初めての宿泊時にはスタッフに部屋の説明を総て受ける事が重要ですね。私は二回目なので大丈夫かと思っていましたが、すっかり忘れていました・・(爆)

窓の傍にはソファーというかベッドというか・・リラックスできる場所があります。ソファーとしては奥行きが広いのでゴロゴロと寝て過ごすのも悪くありませんでした。

部屋の一番奥が書斎になっています。壁のデザインと一体化しているので机!という感じはあまりしません。近くのアウトレットボックスを開けると電源やUSBのアウトレットがあります。

机の上にはリゾートのディレクトリやルームサービスのメニューそしてアクテイビティの資料があります。今回はPCをほぼ開きませんでした。もちろんWiFiも使えますが、接続デバイス数に限りがあるので注意が必要です。今回の滞在で気になったのは唯一これですね・・今や一人で持っているIPを使用するデバイスは3つ位ありますからね・・二人だと6デバイスです。

 

ウエット エリア

入り口の真正面の扉を開けるか、リビング側からウエットエリアに入ることができます。シンクも二人が同時に使えるようになっていますが横並びではありません。前後ろになっているので体がぶつかることが有りません。

アメニティは見える物と収納されているものがあります。歯ブラシも髭剃りもあるので総て揃っています。

 

入り口に近い場所にクローゼットがあります。セキュリティボックスもココにあります。そしてやはり広い!二人分でも楽々入ります。ココには部屋のエアコンと床暖房のコントローラがあります。特に床暖房は今回の滞在では大活躍です。寝るときに効かせておいたので窓を開けて寝れたのかもしれませんね。

 

そしてやはりアマネムと言えば温泉です。窓側に設置された大きな浴槽ですが、蛇口を開くと数分で温泉が溜まります。

湯量は今までのリゾートの中で最強ですね。ここの窓も大きく開くので温泉を溜めたら窓を全開にして楽しみます。

 

バスタブの奥がシャワーになります。ここは温泉では無いので体を洗ってスッキリさせることができます。浴槽とシャワーをうまく使い分けて楽しみました。

トイレはシンクの壁を開けた場所にありますがパッと見ると分かりません。ウオッシュレットもあるので私にはうれしい作りですね!

朝食はルームサービスで

朝ご飯はやはりルームサービスでお願いします。朝7時からの受付なので一番でお願いしておきます。内容は和食と洋食ですが追加でフルーツプレートと生卵をお願いしておきます。フルーツはコンチネンタルに付いていたのですが更に追加でお願いします。

朝ご飯は部屋の中で頂きます。二人分ですが、これぞ朝ご飯を美味しくいただきました。そして私のオリジナルはやはり卵掛けご飯です。これは皆さんにお勧めします(笑)

ランチはバーラウンジで

到着して暫くしてから昼食を食べていない事に気が付きバーラウンジにお伺いします。ここではシンプルにMLT!を頂きます。ちなみにMLTとは松坂牛・レタス・トマトのハンバーガーを示します。

肉汁たっぷりのこのハンバーガーは絶品です!

ディナーはダイニングで

夜はルームサービスではなくダイニングで頂きます。前回はダイニングでは落ち着いて食べれなかったので写真を撮るのは初めてです。気が利くスタッフと話しながら生ハム・サラダ・パスタ・ロブスタービスクそして伊賀牛のすき焼きをお願いしました。

結果としてはやはり日本食の「すきやき」が私にはベストでした。松坂牛もありましたが赤身を味わいたいときには伊賀牛が良いかもしれません。

 

此処でも日本人の方は見かけません。話を聞くと宿泊者の殆どが海外からのお客様になっているそうです。流石にアマンですね!それで稼働率も相当に高いようです。日本の本格的アマンリゾートの稼働が良いと聞くと私は嬉しくなります。

シガーをバーラウンジで

夜の大人の楽しみはシガーです。バーラウンジで品ぞろえを見て私の好きな銘柄があることを確認します。建物の中では吸えないので外・・しかも桜の木の下に椅子を構えての贅沢な時間をお願いしておきました。

しかし夜になると雨脚が強くなり・・私自身は諦めていたのですがスタッフはちゃんと雨に濡れない位置で準備してくれました。雨の中で、夜、桜を見ながら、フルーツを頂き、草花の香りと共にシガーのアロマで時間を過ごすのは最高です!

暫くするとハッピーバースデイの歌が聞こえます。誰かが誕生日なのかな・・・なんて考えていたら、外に居る私に歌声が近づいてきます。驚いていたら少し遅れましたが私への誕生日祝いだそうです!去年に続き連続でお祝い頂きビックリ+うれしい時間になりました。ありがとうございました!人の誕生日をお祝いする事は多くありますが、自分の誕生日はこの年になるとあまり気になりません。しかし今回は嬉しかったですね!

貸し切り温泉

温泉プールは水着を付けて入る場所です。のんびりと東屋に入って時間を過ごすの物良いですね!レセプションの前も良い雰囲気です。

 

朝だったので誰もいなかったので前から取りたかった動画を取ります。温泉の流れる音が良いですよ!

奥にはプライベート温泉があります。ココは部屋を貸し切って温泉をのんびりと楽しむことができます。

 

部屋の温泉でも十分ですが露天風呂まで楽しみたいならこちらですね!携帯を渡していただき何かトラブルが有ったら電話する万全の体制です。

因みに移動には自転車を借りる事もできます。歩いてもバギーを呼んでも良いのですが自転車の爽快感も捨てがたいですね!

地図

By | 2017-04-09T19:48:50+00:00 2017/04/09|Categories: AMAN, Hotel|Tags: |Comments Off on アマネム 宿泊記 ナギスイート