ボーイング787 就航 ANA プレミアムクラス搭乗記 HND→HIJ

787が就航して暫く経ちますが、ようやく搭乗する機会を得る事ができました。ANAとボーイング社がかなりの力を注いで作った787はどのような機材だったのでしょうか?

結果

いや・・これは凄い機材が日本国内に就航したものです。間違いなく国内便の中では一番の機材です。これが継続して国内便にも展開されることを期待します。これにより私の中の国内線はANAプレミアム(787)>JALファースト>ANAプレミアム(787以外)>>JAL クラスJの順位になりました。

予約

今回の予約をANAのWEBから行おうとすると窓際の席が総て埋まっており予約する事ができません。今回の広島は日程と時間はある程度、私が決めれるのでAMEXに窓際の席が空いている便を調べて押さえて頂きました。このため韓国から深夜に帰ってきて、そのまま朝の一番に広島に出発する強行スケジュールとなりました。

搭乗

朝一番に羽田に出発して久しぶりのANAの国内プレミアムチェックイン カウンターを通過してラウンジを無視して駐機場まで移動します。遠くから見ても分かるデザインで787が並んでいますので早速写真を撮ります。今回もかなりの人が並んで写真を撮っています。しかし羽田空港は写真が撮りにくい感じです。

  

搭乗前にはカウンターの前の人が一杯で乗るのも大変な状況です。国内便の優先搭乗はもう少し分離してほしいのですが、難しいようですね。そして久しぶりのSKIP利用なので座席が本当に窓際が取れているかは搭乗前まで確証がありませんでしたが、1Kで無事に取れていました。座席を確認して新しい機材に向かうのは久しぶりの感覚でとても楽しい時間です。

座席

機内に入ると確かに新しい機材で高揚感はあるのですが、パッと見るとあまり違いを感じませんでした。しかし実際に座席に座って、時間を過ごすとこの機材の良さが良く分かります。特に昨晩は仁川から777に乗って帰ってきたばかりなので明確です。座席が良いのはもちろんですが、加圧や加湿そしてが静かになった結果だと思います。

  

先ずは座席が良い!これは間違いありません。普通に座っていても体が他の座席よりは楽に感じます。そして横にした時のホールド間も悪くありません。フルフラットとは全く違い、シェル型ですね。これで長距離は苦しいかもしれませんが、数時間のフライトならまったく問題ないですね。腰のランバーサポートのコントロールのボタンは最初は分かりにくかったですが、一度理解すれば難しくありません。後は単純に「倒す」と「起こす」ですからね!

  

ランバーサポートのボタンの下にイヤホンジャック、電源コンセントそしてUSBのチャージポートが集中しています。その裏にはコントローラがあります。国際線に乗っていると何気なく見逃しますが、国内便でVOD対応の個人モニターがあるのは凄い進歩だと思います。残念ながら映画は提供されていませんでしたが・・・ちなみに往路は1列目、復路は2列目だったので収納式と背もたれについている双方を見る事ができました。結論はあまり変わらないのですが(笑)

  

座席周りの収納は総て横に配置されており、メガネ入れなどもあります。ただし大型の収納では無いので大きなものは上に置きましょう。上の収納は事前評判通りにかなり大きな物になっていました。

食事

食事はテーブルを横から出す何時ものパターンです。食事の内容は一般的なプレミアムクラスの物と同じようです。

 

お手洗い

今回見たかったのは座席だけでなくトイレも楽しみの一つでした。扉を開けるのも少し雰囲気が違うようにできています。そして見たかったのはウオッシュレットです。これはなるほどです。更に凝ったつくりとしては、トイレを流すときに上のカバーを閉めるためにアームがグイッと伸びてくるところですね。こんな細かい作りを考えたのは日本人なんでしょうかね(笑)

  

電灯

今回の機材は総ての電灯がLEDで出来ているようでした。また光も色々と変わり目を楽しませてくれました。後のアナウンスで確認すると、787の一号機と二号機のみにレインボーカラーの照明が付けられているとの事でした。

翼はやはり最も特徴ある場所だです。縦では無く、後ろに流してウィングチップボルティクスを少なくする方法は珍しいと思います。そして見ていると他の旅客機に比べると、大きくしなっているのが分かります。またエンジンの口径が大きい!普通に見ても違いが分かります。

窓のシェイドが電動となっています。電動と言ってもシャッターが下りてくるA380とは違い、窓の透過率を変えているようです。窓の下のボタンを押すのですが、直ぐには変わりません。暫く待っていると青暗なってきます。帰りは結構な日差しだったのでシェイドとしては有効でしたが、昼間の便で寝るようなフライトでは十分ではない気がします。国際線が登場してどのようにするのか楽しみです。

 

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 全日本空輸株式会社
2 フライト NH673
3 機材 B787-8
4 クラス プレミアムクラス
5 出発空港 羽田国際空港 HND
6 到着空港 広島空港 HIJ
7 予定 出発時間 07:50 (日本)
8 予定 到着時間 09:20 (日本)
9 予定 フライト時間 01:30
10 実 搭乗開始時間 07:40 (日本)
11 実 ドアクローズ時間 08:00 (日本)
12 実 離陸時間 08:15 (日本)
13 実 着陸時間 09:25 (日本)
14 実 降機時間 09:40 (日本)
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 01:40

地図

By | 2017-03-28T23:26:30+00:00 2011/12/21|Categories: Air Line, AMEX, ANA, Card|Tags: |3 Comments

3 Comments

  1. momo 2011/12/21 at 00:43

    yamanaka様

    787の実力と素晴らしさを実感されたようで私もホッといたしました。
    本当の実力は中長距離国際線でもっと際立つと思います。
    来年のFrankfurt線搭乗を楽しみにしてます。
    シートは当面この国際線仕様ですが将来的にどうなるんでしょうかね・・・?
    12月下旬に初めての国際線の長距離仕様3号機がデリバリーされるようです。

    では、また

  2. yamanaka 2011/12/22 at 15:14

    JunさんからFacebookで参考になる情報を頂きましたので以下に引用します。

    以下引用 ———————–
    ‎1号機・2号機は本来近・中距離国際線仕様のものを、お披露目用にビジネスクラスの座席数を減らして、岡山・広島便に利用しているので、本当の国内線仕様の787(座席などは他機種の国内線仕様に準ずる)が納品されてきたら、残念ながらアジア便に回ってしまいます。
    ということで、国際線ビジネス・クレードル・シートを国内線プレミアムクラスで楽しめるのは、今だけのはず。残念ながら。
    ————————-ここまで

    Junさんありがとうございました!

  3. yamanaka 2011/12/22 at 15:18

    momo様

    こんにちは。何時もコメントありがとうございます。しかも神速です!

    今回は787の凄さを目の当たりにできたフライトでした。ほぼ飛行機に乗ってばかり居たのですが、体の疲れ具合が全然違いました。来年のフランクフルト楽しんできてください!

    また今回の座席はJUNさんが言われているように期間限定のようなので残念です。できればこれを継続して投入して欲しいのですがね(笑)

    以上です

Comments are closed.