タイ航空 ファーストクラス A380 搭乗記 バンコク→香港 TG600

A380が近距離で運行している区間は香港とバンコク間が有名ですが、今回はタイ航空のファーストを選択して移動です。さて何時もの素晴らしいフライトだったのでしょうか?

結果

何時もの素晴らしい地上セクションを入れると、近距離の中では最高のファーストクラスを楽しめます。今回はエンジントラブルで遅れましたそれでも良いですね。

予約

普段からA380が飛んでいる区間は興味があるので調べておりタイと香港の間で運行があることは知っています。そして本当にタイから香港への移動が必要になったときにはAMEXの出番です。他の機材で運行しているケースも多々あるので私の希望を伝えて日程表に落としていただきます。

日程表を確認すると私の仕事のタイミングと場所そして機材が合っていることを確認したうえで発券まで依頼します。大抵は発券期日までに私から連絡がなければ発券するようにお願いしておけば間違いありません。AMEXでは発券期日をキッチリ管理してくれいるのでできる方法です。

チェックイン

出発時間が朝8時なので6時には空港に着く必要がある早朝便です。ホテルからの移動には渋滞もなく結果としては5時30分頃にはスワンナプーム空港でチェックインを終えます。もちろんこの時点で無償のスパも朝一番の6時でフルボディを予約しておきます。ポイントはカウンターでチェックイン時に予約することですね!

タイ航空の地上セクションは車が着いた時点から素晴らしく他の航空会社の追従を許しません。車を降りたらスタッフがスーツケースをトランクから取り出してカウンターまで案内。カウンターからラウンジまでも専任のスタッフがついてイミグレーションを通過して電動カートで送り迎えです。

ラウンジ

ラウンジに到着すると個室が既に準備してあります。朝ご飯を食べていなかったのでお粥をiPADでオーダーすると10分程度得スタッフが持ってきてくれます。一種のプライベートダイニングですね。

スパの時間になるとスタッフが呼びに来ていただきスパのレセプションまで、またしてもアテンドです。

コンサルティングフォームを書き込んで待っているとスパルームに案内です。一言で表現するとラウンジの中とは信じられないレベルです。今回はバスタブがある部屋ではありませんでしたが、部屋によってはあるのですバスタブが!

少し部屋が寒かったのでACを弱めて頂きJET LAGのマッサージで1時間しっかりほぐしていただきスッキリします。最後はシャワーを浴びてオイルをある程度落としておきます。

搭乗

マッサージが終わったら概ね搭乗時間です。スパの出口にはまた専任のスタッフがおり搭乗口まで案内してくれます。もう歩くたびにスタッフが必ず隣に着いてくれるイメージです。

搭乗口に着くと概ねほかの人の搭乗は終了しています。私が最後の一人のようでしたがスタッフにはゆっくりと案内して頂けました。A380の写真も撮っていましたが全く急かされることはありません。最後は私が心配になるぐらいです・・乗り遅れるのではないかと・・・

アッパーデッキへの通路を歩き機内に入るとファーストの客は私一人の貸し切り状態です。なるほど全て専任だった理由も少しわかりました。

さて定刻になったので扉が閉まると考え準備をしていると、責任者の方が挨拶にお見えになります。そこで言われたのは・・4番エンジンのトラブル対応で出発がかなり遅れるので座席を倒してリラックスしてお待ちくださいとのことです・・・なるほど・・それでは誰も私を急かさないですね。

 

香港での予定は少し時間に余裕があったので特に慌てずにゆっくりと待つことにしました。せっかくなのでソフトドリンクも欲しい二つをオーダーしてみたり散歩したりと楽しみました。こんな時こそ写真撮影です(笑)。日本の新聞も出していただき1時間ほどで修理が完了して出発です。

座席

今回の座席は3Kを選んでおきました。座席の広さはやはりファーストであるため広く安定しています。同じ便のビジネスクラスも以前に乗っており、座席も悪くは無いのですが、当たり前ですがファーストは更に上ですね。しかし短距離なのでベッドにした場合のマットレスが準備されていなかったり・・パジャマもありません。

座席配置は1ー2ー1アブレストの3列です。他のA380のファースト設定に比べるとプライバシー感は低いのですが大型画面や座席の余裕はA380ならではの感覚です。

大型の画面が目の前にあり左手にはマガジンラックがあります。時間があったので懐かしくスターウオーズを見てしまいました。

頭の上の収納はありませんが窓との間に3つの収納が設置されています。私のように機内にはブリーフケース位しか持ち込まない人には全く問題ありません。スーツケースを持ち込んでいる人は足元に置く、真ん中の座席の上にあるストレージまたはCAさんにお願いして渡して置けば良いでしょう。

座席のコントロールはほとんどありません。背もたれを倒して、ヘッドレストとフットレストを操作するだけです。それでも全て倒すとフルフラットになりブランケットに包まると眠たくなってきます。同じく左手のアームレストにはボタンでの座席コントロールがあります。

機内のWiFiももちろん完備しています。エミレーツよりは高いですがSNSを少し触るぐらいな問題レベルのインターネットを使うことができるのは便利ですね。

食事

朝の便なので食事は朝食レベルです。私の選択は卵とフルーツのシンプルな内容です。

食べてみると美味しく頂けました。

お手洗い

タイ航空のA380のアッパーデッキの先端部分にはお手洗いがあります。毎回書きますが世界最大規模の飛行機のお手洗いですね!

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 タイ航空
2 フライト TG600
3 機材 A380-800
4 クラス ファーストクラス
5 出発空港 スワンナプーム国際空港 BKK
6 到着空港 香港国際空港 HKG
7 予定 出発時間 08:00 (BKK)
8 予定 到着時間 11:45 (HKG)
9 予定 フライト時間 2:45
10 実 搭乗開始時間 07:25 (BKK)
11 実 ドアクローズ時間 09:00 (BKK)
12 実 離陸時間 09:15 (BKK)
13 実 着陸時間 12:25 (HKG)
14 実 降機時間 12:30 (HKG)
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 2:30

地図

By | 2017-03-16T19:59:45+00:00 2017/03/16|Categories: Air Line, Thai Airways|Tags: , |Comments Off on タイ航空 ファーストクラス A380 搭乗記 バンコク→香港 TG600