ザ・キタノ ニューヨーク 宿泊記 ジュニアスイート

米国のシティホテルはあまり得意ではありません。特にニューヨークにおいては此方と言うホテルをしりません。今回は日本資本のザ・キタノ ニューヨークに滞在です。さて私が好きなタイプのホテルだったのでしょうか?

結果

悪くはありませんが、完璧でもありません。しかし私の両親を仮にNYCに連れて来るならこのホテルでしょう。つまり日本人にとって安心・安全だと感じました。

予約

ニューヨークのホテルは多くあるので色々と考えましたが、狭くてサービスが物足りないそして・・古い・・ので悩みました。ならば逆に日本資本で古く日本人には良いと噂のザ・キタノを選んでみました。狭い部屋は避けたいのでジュニアスイートで今回はお願いします。

AMEXの担当の方にはフライトも併せてお願いしてあったので空港からホテルまでの送迎も入れて全てお願いしておきます。

送迎

ラガーディア空港に15時に到着しそのままリムジンサービスでホテルまで移動します。今回もリムジンサービスとホテルは連携していないので、ホテルから頼まれたリムジン会社でした。

ドライバーの方は陽気でかなりノリノリで話をしてくれます。私も久しぶりのNYCの話を色々と聞いておきます。問題は・・ホテルに着いた時です。ドライバーはホテルの人ではないので、荷物を持ってホテルに入れてくれることは無いのですが・・ベルも誰も車が前に止まっても出てきてくれません。う・・・ん・・・このレベルのホテルでこれは珍しいです。自分でスーツケースを持ちながらホテルの中に入っても誰も荷物のサポートはありません。

チェックイン

チェックインは日本人の方が対応されておりホテルの状況について話を聞きました。車の送迎付きで来る人は少ないようでベルが対応できずに申し訳ないと言われました。が・・なんとスーツケースを自分で部屋まで上げてくださいとのことです。

逆に・・「良いんですか?」と聞き返したら大丈夫ですとの事です。多くの場合にはスーツケースを客が自分で移動する事は良くないとされていましたが驚きです!ちょっとポリシーが違うんでしょうか?

なれない荷物の扱いに戸惑いながらチェックインを済ませて部屋に一人で入ります。後からザ・キタノに滞在経験がある友人に聞いたら「そんな事は無い・・」との経験談も頂いたのでどちらが本当かわかりませんが(爆)

部屋

かなり古いタイプのリビングとバスルームのシンプルな構成ですが広さが十分です。ニューヨークでこの広さがあるのは有難いですね。

リビング

部屋に入るとまずは書斎机が見えます。机の上に水やスナックも置いてあります。

そして机の下には冷蔵庫がある珍しい作りです。中には十分な飲み物ですが・・・昔のビジネスホテルのようなセンサー式で管理しています。うーん古いのか御持て成しなのか・・良く解らなくなって来ます・・

書斎机の横がうまくできています。電源アウトレットがここに綺麗に配置されています。更に書斎机の目の前にテレビが設置されています。これは書斎机から見るのではなく後ろのソファーから見るようになっていますね!

 

更に奥がクローゼットになっています。セキュリティボックスもこちらにありました。容量は二人でも十分でしょうね。

窓側にはソファーとローテーブルがあります。少し古いデザインですが使い心地は悪くありません。角にはコーヒとケルトがあります。外を見るとニューヨークですね・・

ソファーの奥にはベッドがあります。この大きなベッドでスペースも十分に取れています。他のエリアから来ると広く感じませんが、ニューヨークの他のホテルから考えると贅沢にスペースが取れています。

 

もちろん硬さも含めて寝心地は申し分ありません。良いですね!ベッドサイドには時計だけが置いてあります。ベッドの向かいの棚を開けると・・なんとテレビが出てきます。気持ちはわかりますが私にはあまり重要ではありません。

またバスルームの入口の隣には小さなクローゼットがありバスローブなどが収納されています。なるほど!

バスルーム

しっかりとした造りのバスルームが広がります。無駄なものは置かずにシンプルに徹しています。

そして肝心のバスタブですがそれほど浅くなく湯量もそれなりに出てくれるのでニューヨークとしては最高レベルです。しかし・・毎日トラブル・インターネット・排水溝の詰まりのトラブルがでます。毎日同じおじさんが対応してくれるので安心ですが。できればトラブルが無いほうが良いかと・・・

 

トイレもウオッシュレットです。これだけでもココに滞在したくなるかもしれません。

 

ルームサービス

到着時に少し野菜がほしくなったのでルームサービスでお願いします。オレンジジュースとサラダだけをお願いしましたが流石のサービス内容です。熟練の技が冴える設定でした。

白梅で食事を

ニューヨークには多くの日本レストランがあり、相当にレベルが高いのですが白梅も負けていません。久しぶりのお寿司を欲しいだけ、欲しい物を頂きました。ウニとトロは最高でした!

そして〆は鍋焼きうどんです・・2週間の米国滞在で少し醤油臭い食べ物に飢えていたのもありますが・・おいしかったです。

ブランチをジャズ キタノで

最終日は日本に帰るだけなので、ゆっくりとした時間で頂きます。しかもジャズの演奏の中で・・これは贅沢な時間でした。

地図

By | 2017-04-30T19:01:22+00:00 2017/04/29|Categories: Hotel, LUXURY|Tags: |Comments Off on ザ・キタノ ニューヨーク 宿泊記 ジュニアスイート