グランドハイアット マカオ グランドエグゼクティブ スイート 宿泊記

友人と合流して香港と澳門を楽しむこととしました。澳門での宿泊に今回はグランドハイアット マカオを選択です。まだ新しいホテルでの滞在は楽しめたのでしょうか?

gh-mac-ges-028

結果

広々とした宿泊を存分に楽しみました。新しいホテルが更に出来ている澳門はこれからも注目です。ただし旅の質を上げるにはエクスペディアではなくAMEXからの予約がやはり良いですね。

予約

旅程が総て決まっており物は試しと今回はエクスペディアのWEBで総て手配しました。細かい対応とトラブルは直接ホテルと調整する必要があるので結果的には面倒ですが、確かに安いですね。

到着

到着時間がドバイから香港にエミレーツで移動した後に、香港国際空港空港から直接フェリーで移動するパターンだったので送迎時間を厳密に決めれないためフェリー乗り場から普通にタクシーでホテルまで移動します。マカオのタクシードライバーは英語が分からない人が結構お見えなので、タクシーからいきなりギャンブル??です。スーツケース担いでのギャンブルに今回は勝ち、無事にホテルまで一直線です。実際は遅れても良いスケジュールを友人達と組んであったので問題は無いのですが・・・

gh-mac-ges-022 gh-mac-ges-031

ロビー

タクシーでは流石にホテルのお出迎えははありません。ベルに名前を告げるとそのままレセプションに移動してチェックインの作業になります。ここでやはり色々と確認作業や書類作成などの手間がかかるので予定を到着直後に入れなくて正解です。AMEXの送迎手配に比べると一時間程度ロスが出てしまいます。

到着した時間が16時頃だったためもちろん部屋は準備されておりスタッフに案内されて部屋に移動します。ロビーの作りは流石にグランドハイアット流で良い出来栄えです。

gh-mac-ges-021 gh-mac-ges-020

部屋

部屋は予約したとおりにグランドエグゼクティブ スイートが取れていました。この部屋はグランド タワーではなくグランド クラブ タワー側にあります。部屋のアップグレードは残念ながら無く予約の部屋でした。感覚としてExpedia予約はアップグレードされにくいですね・・・・ホテル側のスタッフに表立って聞くとそれは関係ないと言いますが・・・さてさて

部屋の構成はリビングとベッドルームそしてバスルームのスイート構成で完璧な造りです。流石に安心のHYATTと言えます。特に外の景色が3面見ることができる造りは私のストライクゾーンです。外から見ると納得の位置に部屋があります。

gh-mac-ges-023 gh-mac-ges-002

リビング

扉を開けて部屋に入ると先ずはハードロックカフェの建物が外に見えます。部屋の中には大型のソファーがあり6人程度が座ることができます。中国の友人達と合流した時もこのリビングでのんびりと夜遅くまで話をしていました。壁にもセンスのいい装飾が施してあります。

gh-mac-ges-003

ソファーに座ると目の前には大型のテレビが構えており私は少し音楽流して時間を過ごします。今回の部屋には私にとって重要な物が一つありません。それは書斎机です。色々とパソコンを使いたい私には死活問題です。この問題を解決するのもこのソファーです。電話機が置いてある部分が机の役割をはたして概ね必要な機能は提供してくれます。側面を引き出すとコンセントや情報端子が上がっておりインターネットは基本はWIFIでOKです。もちろんアクセサリー類もちゃんと箱に入っています。しかし腰が・・・痛くなるのは我慢です。澳門に来てまでパソコンをガシガシ触るような人はあまりターゲットでは無いのかもしれませんね(笑)

gh-mac-ges-006

机の上にはウェルカム フルーツとメッセージカードがあります。今回の宿泊にAMEXの特典はありませんが私はHYATTの上級メンバーでもあるので満足のいくサービスが提供されていました。特典としてもクラブラウンジへのアクセス、朝食の提供、会議室の利用、プレッシングサービス、毎日の新聞などと必要なポイントは外しません。

gh-mac-ges-004 gh-mac-ges-005

テレビの下には何もありませんが入り口の壁側にミニバーが準備されています。マカオのホテルの良さがここにでます。何と「出前一丁」のカップラーメンがあります。懐かしくて夜中に頂いてしまいました。もちろんエスプレッソマシーンおよび冷蔵庫の中の飲み物の品揃えも十分です。そして私のストライクゾーンの中国茶です。だから澳門や香港は好きなのです!今回のように良い場所だと西洋と東洋が上手く融合しているのですね・・・

gh-mac-ges-008 gh-mac-ges-007

夜部屋に帰るとチョコレートが追加されていました。食べはしませんが嬉しい心遣いです。そしてこの夜景が悪くありません。

gh-mac-ges-027

ベッドルーム

隣の部屋に移動するとベッドルームです。こちらも曇ってはいましたが、景色が良く爽快です。真っ白なシーツのベッドが目にまぶしいくらいで、朝もカーテンを使わずに朝日で目覚めると気分も爽快です。

gh-mac-ges-009

バスルーム

シンクもダブルになっておりその使いやすさは説明する必要もありません。真ん中は化粧台になっており女性には嬉しい作りだと思います。私はせいぜい髭をそるぐらいでしたが・・・

gh-mac-ges-010 gh-mac-ges-011 gh-mac-ges-012 gh-mac-ges-013

アメニティも慣れた物でJUNE JACOBSで揃えられています。私はこのメーカが大好きです。それほどベタベタしないのが良いです。それ以外にも歯ブラシやコットン、爪など必要な物がちゃんと揃えられています。

バスタブもやはりこの部屋の見せ場です。ここから外を見るとなんと・・・澳門の国際空港が目の前に広がります。あまり離発着の回数はありませんが、飛行機好きの私には嬉しい驚きでした。実際目にするまで分かりませんでしたが・・・

gh-mac-ges-015

シャワールームは専用ではありませんがバスタブと同じ位置にあります。そしてこのタイル・・・もうビリビリくる滞在になりました・・・

gh-mac-ges-016

ラウンジ

今回の宿泊にはラウンジアクセスが付きましたが、こちらもそれなりに悪くありません。紅茶と軽いスナックだけ頂き時間を過ごします。

gh-mac-ges-024 gh-mac-ges-025

朝食

朝ごはんはラウンジでは無く一階で普通に頂きました。理由は・・この景色と中国粥を頂きたかったからですね。これも美味しく頂きました!

gh-mac-ges-029 gh-mac-ges-030

地図

By | 2017-03-21T01:57:41+00:00 2015/06/14|Categories: Hotel, HYATT|Tags: |2 Comments

2 Comments

  1. 小夜子 2015/06/15 at 18:11

    こんにちは!
    昨日、エミレーツと検索してネットサーフィンをしていたら偶然見つけました。
    ドバイにとても興味があり、また外資系ホテルも好きなので、とても楽しく読ませていただきました。
    またレポートお待ちしています☆
    お身体にお気をつけて。

  2. yamanaka 2015/06/16 at 23:18

    小夜子さん

    こんばんは!

    本ブログを見て頂きありがとうございます。見て楽しく、少しは役に立つブログにしていきますのでお楽しみにしてください。

    ではまた

Comments are closed.