ドラゴン航空 ファーストクラス 搭乗記 香港→北京

仕事のために香港から北京に移動する事になりました。通常であれば香港から北京に移動する事はないのですが今回は特別です。選択したクラスはファーストクラスになりました。費用はそれほど変わりません。さてフライトのレベルは?

dragon-air-009

結論

AMEXの手配ミスはあったものの、フライトとしては申し分ありません。Air Chinaに乗るよりは絶対良いフライトになりました。ANAも概ねダイヤモンド確定である事や、JALのサービスレベルアップ/BAのコンパニオンシートの観点からワンワールドの航空会社もOKかな・・と考え出しました。

手配

フライトの手配は毎度のことながらAMEXにお願いしています。しかし今回は大きなミスを連発です。私は基本的にスターアライアンスの飛行機に乗るようにしています。もちろん今回のフライトもスターアライアンスのAir Chinaを選択する事になりました。正直な感想としてはAir Chinaは良いイメージが無いのです。実際の手配を確認すると運行(Operated by)がHong Kong Dragon Airになっていたので新しい航空会社に乗れる楽しみで幸せでした。念のためAMEXにはこれでもスターアライアンスのフライトになるのか確認して”OK”をもらっていました。

しかし!実際に飛行場で確認するとDragon AirはOne World になるとの一点張り。諦めて日本のANAに電話しました。ところが!ANAの認識も同じく運航会社に準ずるとの事でした。AMEXに確認の電話を入れると、後日返答するとの返事になりました。後日の返答はAMEXのオペレータの勘違いであり、今回はOne Worldになると・・・お詫びがありました。しかしOne Worldの事後登録は自分でしか申請できないとの返答もありあきらめました。。この事実は私も知りませんでしたが、慣れていると思っていたAMEXの今回の担当は頼りになりませんでした。

重要な点はフライトマイルは運航会社に付くと言う事が勉強になりました。

ラウンジ

ラウンジのレベルは海外の並レベルです。香港の空港からの出発でしたので期待していたのですが・・・・です。またフライト時間のアナウンスも適当です。日本人ほど優先搭乗を必要とする人種は居ないのかもしれませんが・・・

dragon-air-001 dragon-air-002

機材

今回のフライトはA330です。ファーストクラスとは言えど日本の航空会社のビジネスクラス程度です。しかし!中国国内の移動でこれほどの機材に乗ることは通常は不可能です。おかげ様でゆっくりとリラックスしての移動となりました。

dragon-air-003

優れモノだと感じたのはドリンク用のテーブルですね。搭乗時にもWelcomeドリンクが出発の間まで提供されますが、荷物が落ち着かない時点での設備は便利でした。

dragon-air-008

人は結構乗っておりファーストクラスも満席状態でした。しかし座席が非常に良いので問題なく仕事や食事を取ることができました。

機内食

これが非常に良かった!日本の航空会社と引けを取らない内容と提供方法でした。お酒の内容も悪く無い様子でした。

dragon-air-006 dragon-air-005

朝食相当の食事ですがホテルと同等レベルの品が出てきたので安心して頂きました。

dragon-air-007 dragon-air-010

フライトアテンダー

中国国内の大手航空会社(Air China/China southan)のアテンダーは笑わない、サービスしない、英語喋らない・・対応が悪いです。逆に小さな航空会社(アモイ航空/山東航空/etc)のアテンダーは愛想がいい事が多いですね。

今回の対応は非常に良かった。私の一挙一動を見て必要な対応をしてくれました。目が覚めると直ぐにお茶のお伺い、食事中も飲み物がなくなると直ぐに気が付く、食事の量の確認等等、込んでいる中でここまで動くのは日本の航空会社以上かもしれません。日本語は話せませんが丁寧な英語でまったく心配なく過ごすことができました。

By | 2017-06-19T20:30:32+00:00 2008/08/03|Categories: Air Line, cathay-pacific|Tags: , |Comments Off on ドラゴン航空 ファーストクラス 搭乗記 香港→北京