石川県に友人と仕事の話を含めて打ち合わせです。もちろん日帰りではなく一泊です。問題は宿泊先です。石川県と言えば温泉ですが、日本の旅館には良い思い出がありません。・・さて今回の宿泊はどうだったのでしょうか?

結果

旅亭 萬葉 凄い!日本の温泉旅館でこのホスタビリティ、施設そして料理に感動です・・日本にも良い宿があります。私のホテルランキングでも非常に評価が高いです。日本に泊まろう復活の第一弾は大成功でした。

予約

今回は予約サイトを参考にして旅亭 萬葉を決めました。決め手は庭園露天風呂です。その名も「庭園露天風呂付 和室10畳+ツインルーム/メゾネットタイプ」さらに『蟹・かに極み懐石』プランです。温泉と蟹を楽しめれば北陸を制覇した事になるかと(笑)

到着

送迎は空港や近くの駅まで対応してくれます。今回は金沢で打ち合わせがあったのでレンタカーで訪問です。しかし場所が分かりにくい・・・WEB上の地図は本当に分かりません・・

 

何とか到着すると、車から降りるより先にホテルのスタッフがお出迎えです。カメラか何かで見ているとは思いますが、この対応には期待できます。車を降りると私の荷物をスタッフが持って中に移動です。

チェックイン

入口をくぐるり左側に歩いて行きます。右側は貴賓室専用の入口です。入口で靴をそのまま脱いでスタッフにお任せです。そうです揃える必要はありません。ここから良くスタッフが言う言葉は「好きなようにお過ごしください」です。もうここから萬葉に対しては期待が確信に変わりつつあります。

  

ロビーに到着すると先ずはソファーに座って抹茶とお菓子を頂きます。この時の器も美しい物が使用されていました。この時にスタッフのお辞儀は下に座って頭が床に付くぐらいのお辞儀です。ちょっとやり過ぎかとも思いましたが日本式はこんな感じでしたかね・・一息ついてから宿帳に名前と住所を記入です。同時にホテルの施設について説明を受けました。海外の宿泊が多い昨今から考えると日本の旅館の対応には驚きが一杯です。

部屋

そしてお楽しみの部屋に移動です。今回の部屋は202水仙です。部屋に入ると先ずは大きめの和室です。もちろんトイレや洗面所があります。そして窓際には机と椅子のセットです。設備としては液晶テレビに古めのセキュリティボックスと冷蔵庫です。服としては浴衣と作務衣の両方が準備されています。上着としてチャンチャンコと靴下が準備されています。う・・・ん・・非常に洗練されており景色も良く悪くは無いけれれどこれだけだと唯の旅館ですね。

  

  

しかし・・・これからが違います。入口近辺には下に降りる階段があり下に移動します。下におりると洋室に変わります。

布団で寝るのも情緒がありますが、ベッドに慣れた体はベッドを欲しがりますね。こちらはベッドなので安心です。そしてここにも椅子と液晶テレビが準備されています。上と下のどちらか好きなほうで楽しめますね!

  

お風呂

一番の部屋の見どころは何と言っても陶器のお風呂です。2メータを超えるようなお風呂で温泉を楽しめます。私は今回の宿泊で5回、このお風呂を楽しみました。おかげで肌がツルツルに!

  

そしてお風呂には湯船とシャワーだけでなくミストサウナまで準備されています。ここで10分程度楽しみました!この形はマレーシアのパンコール ラウ アルティメット SPA以来です!

場所

旅亭の場所は石川県の以下の場所です。行く時には地図を確認してくださいね!