成田空港までの移動には多くの方法がありますが最終目的はコレMCASが提供するヘリコプターによる送迎サービスです。さてその実力は?(追記:現在このサービスは運航を停止しています。まだ試しておりませんがAirXさんが似たようなサービスを提供されているようです)

結果

非常に良い経験でした。東京の上空をヘリコプターで見る事は何回もありましたが、移動手段として抜群の機能性と底抜けの楽しみを持っています。ただし家から成田空港までの到着時間は「一時間+少し」なのでハイヤーサービスと変わりません。しかし体に掛かる負担は全く違い楽でした。是非皆さんも楽しんでください!

予約

予約はAMEXからお願いします。成田→ロンドン→ドバイもAMEXでお願いしてあるので概ねAMEXとMCASが話し合って手配してくれます。しかし支払いはMCASのWEBで行う必要があります。直前の確認も当然ですが直接MCASと話をする事になります。さて予約の確定は当日のAM07:30まで引き延ばされました。前日が雨で気流が安定していませんでしたので直前まで引っ張られることになりました。MCASのサービスとしてヘリコプターが駄目な場合にはハイヤーでそのまま送迎するパターンもあるのですが・・・それだと少し寂しいですよね・・・

ROP2NRT-MASC-HERMES-024

出発

朝起きると眩しい日差しに包まれており良いフライトを予感させてくれます。案の定07:30の連絡ではフライト決行との話を頂けました。その一時間後に家の前にハイヤーがお出迎えです。ハイヤーの運転手さんも天気が良くなり良かった良かったと行ってくれました。紅葉が進む都内を30分ほど走って六本木のARK MORI BILDGに到着です。ここに到着するまでは六本木ヒルズから出発するのかと期待していましたが違いました(笑)

ROP2NRT-MASC-HERMES-001 ROP2NRT-MASC-HERMES-002

MCASの受付

ハイヤーの運転手は今回のヘリコプターの送迎は初めてと言われており、MCASの担当者へのバトンタッチの方法が明確でなかったようです。車つけで下して頂いて、運転手さんは駐車スペースに車を移動するため5分ほど待ってビルに入りましたが入って数歩(10秒程度)でMCASのスタッフが待ってくれていました。なんだ・・態々運転手さんが車を止めてくる必要もないほどの距離でしたね!

ROP2NRT-MASC-HERMES-003 ROP2NRT-MASC-HERMES-004

MCASの担当者と変わってラウンジまで同行して頂きます。一人はそのまま私の荷物をヘリパットまで直接持って行って頂きました。もう一人が私を担当してくれる人になり、ヘリが出発するまで専任で対応してくれました。これは良いサービスですね。

MCASラウンジ

ラウンジの入り口ではスタッフが待っていてくれました。こちらのスタッフは昨日まで連絡を取ってくれていた人です。このように対応している人の顔が見えるのは安心できました。

ROP2NRT-MASC-HERMES-005 ROP2NRT-MASC-HERMES-006

ラウンジに入ると景色がまず目に飛び込んできます。いやー素晴らしい景色です。ラウンジは約10名も入れば一杯になりそうな規模ですが、それぞれに工夫がされており、椅子一つにしても気が効いています。もっと隣に飾ってあるエルメス仕様のヘリコプターの模型に目を奪われるのは最もな事です!

ROP2NRT-MASC-HERMES-007

ここでジーーーーと模型を見て色々と考えていたら先ほどのスタッフが話しかけてくれました。見ているタイミングで「ヘリが到着したようで音が聞こえましたね」と話しかけてくれます。色々話す中で昔ヘリコプターのパイロットの免許を取得した事を話すと気を利かせて頂き、先にヘリパッドに案内して頂ける事になりました。心行くまでヘリコプターの写真を取っても良いとの事です!ありがとうございます!

ヘリパッド

頂いた紅茶も飲まずに申し出て頂いたようにヘリパッドに移動です。ラウンジを出て少し裏の道を歩いて行きます。簡単なセキュリティチェックの後に屋上に出ます。このセキュリティチェックはもう少し厳しい方が良いかもしれないと思えるような内容でした・・荷物用のエレベータはありますが、人間用はもう暫くすると直通のエレベータを設置したりする予定だそうです。

ROP2NRT-MASC-HERMES-013

屋上に上がるとまた先ほどとは違う雄大な景色に遭遇です。いやー東京の景色も見方によって全然違うようになりますね。もちろんメインのヘリコプターも十分見せて頂きました。

ROP2NRT-MASC-HERMES-015 ROP2NRT-MASC-HERMES-016

パイロットの方と10年前の話と今の飛行機の業界について話を聞かせて頂いたりもして懐かしい・・・と感慨深く感じたひと時です。私の担当をしてくれるスタッフも隣に来て色々と説明してくれます。

ヘリ機材

今回はユーロコプター(旧エアロスパシャル社)の双発ジェットヘリです。いやーカッコいいいいいいい!シビレマスこのフォルム。操作系統も電子化されており最新機種であることが理解できます。後部座席は4人まで座れるようになっていますが実質は二人でしょうね、この広さは。荷物室は後ろに設けてあるのですがヘリコプターの場合には根本的に大きな荷物は積めません。一番困るのはゴルフクラブを持ち込まれた場合だそうです。荷物は「お荷物はお一人様1個、3辺(縦・横・高さ)の和が158cm、32kg以内」だそうです。これを超えた場合には対応できない場合があるそうなのでご注意ください。

ROP2NRT-MASC-HERMES-014 ROP2NRT-MASC-HERMES-017

ちなみに今回は意図せずにもエルメス社仕様のヘリコプターでした。なんでも世界に2台しか無い機材だそうです。エルメス仕様の意味は内装の部分でバーキンと同じ素材が使われていたりHマークが入っていたりと・・・なんちゃってセレブ気分を堪能してきまた(笑)

ROP2NRT-MASC-HERMES-020

離陸

出発の時間になりましたが、もう一人の搭乗者が遅れているとの事でしたので待つことになりました。もちろんWelcomeの内容です。何時までもお待ちしていますよ!色々見ながら待っているとMCASの副社長が来られました。わざわざ挨拶をして頂きました。スタートアップ段階ですから色々と楽しいですね。

さてそんなこんなで、もう一人の搭乗者が来られました。少し話をしましたがアメリカから出張で来られていたビジネスマンの方のようです。

搭乗したてからエンジンスタートです。甲高いジェットプロップのエンジン音が心に沁みます。グランドエフェクトを利用しながら上昇するため、離陸して少し後ろに下がりながら出発する典型的なビルからのテイクオフを見せて頂き感動しました。やはり日本のパイロットのレベルは高いですよね。

フライト

出発して直ぐに皇居の上空を通過します。右手にはお台場等の東京湾を通過して行きます。

ROP2NRT-MASC-HERMES-018

5分ほどで東京スカイツリーが見えました。もう上空から見えるほどの内容になっているんですね。個人的には今の東京タワーがカッコ良いと思っていますが(笑)

ROP2NRT-MASC-HERMES-019 ROP2NRT-MASC-HERMES-025

到着

20分もすると到着側のヘリパッドにランディングです。あれあれ・・成田空港では無いんですね・・そうです成田空港に近い場所に設けてある佐倉ヘリポートなんですね。昔は本田航空のパッドだったようです。ヘリが到着するとスタッフが4名程度駆けつけてくれます。

ROP2NRT-MASC-HERMES-021

一名の乗客に2名のスタッフが付いて車まで案内してくれます。なんだか超VIPな感じです。ここまで提供してくれるヘリサービスは初めてです。そこから車で15分で成田空港の何時もの場所です。

ROP2NRT-MASC-HERMES-022 ROP2NRT-MASC-HERMES-023

個人的な乾燥

スタッフとも話をしましたが、利用者の7割が外国の人だそうです。やはり日本人からするとヘリコプターを利用するのは少し違う次元の話だと思い込んでいる人が多いようです。昔アメリカでヘリコプターのパイロット免許を取った私からすると、ヘリコプターは決してセレブな人だけの物ではなく、普通のビジネスマンも利用するものだと思っています。実際にアメリカではそういう人が多かったです。日本も規制の緩和やヘリパッドを装備しているビルの防音性が高くなれば更に利用が気軽になれば良いなと個人的には思っています。さて期間限定で往復7万円は超セレブにしか手が出ないものなんでしょうか・・

夜のフライトもまた素晴らしかったですね。コチラ参照ください

ROP2NRT-MASC-HERMES-008

フライト経路