東北地方太平洋沖地震への対応

東日本巨大地震において震災の被害を受けられた方に心よりお見舞い申し上げます。私も棚の中のグラスが丸ごと割れるなどの多少の影響は受けましたが、幸いにも生活に大きな影響が出るほどではありませんでした。

企業としては別の対応を行いますが、個人としても震災の被害の大きさから三菱東京UFJ銀行の義援金活動に協力し壱拾萬円を準備する事としました。皆様にても可能な対応を協力出来ればと思います。

まだ終了した訳ではありませんので気を引き締めて日々を私自身もまた読者の皆様をお気をつけてお過ごしください。

By | 2011-03-12T16:32:02+00:00 2011/03/12|Categories: Other|10 Comments

10 Comments

  1. ryo 2011/03/14 at 11:03

    今回地震を見て、タイかマカオ辺りに一軒あると心強いとおもいますよねぇ?
    私ゎ台湾在住ですので、助かりましたが非常用に整えないとねぇ。
    yamanaka様の家の結構グラスが多いせいか、それなりに受けてますねぇ>-<
    グラスゎ凶器にもなりますので、取り扱い気をつけてくださいね

    私ゎ可愛い系(女子に人気)の食器、コップにしてます^^

  2. nagi 2011/03/16 at 01:29

    自分はANAマイルやT-POINTいれました。
    赤十字も始まったので此方は郵便局で振り込みしようかなと。

    自宅は幸いなことに割れ物無しでした。
    CDは大量に床に散らばってましたが。

    現地の被災者、現場作業員、皆様頑張っていらっしゃるので
    自分も頑張って仕事けねば…

  3. yamanaka 2011/03/18 at 00:52

    ryoさん

    こんばんは。日本は少し大変な状態ですが必ず回復すると信じています。海外に在住の方も大きな不安があるとは思います。

    私の家のグラスは丸ごと割れてしまいました・・割れていないのは景品でもらったような物ばかりでした・・・嬉しいのか悲しいのか微妙です(笑)手を切らないように注意して無事に片付けました。ryoさんも可愛い系のコップ大切にしてくださいね!

    ではまた

  4. yamanaka 2011/03/18 at 00:55

    nagiさん

    こんばんは。このような時にはやはり助け合いも重要だと思います。是非にやってください。

    自宅での割れものが無かったのは幸いでしたね。実は液晶TVもひっくり返っていたのですが背面から倒れていたので無事に使えています。家に居なくてよかったかもしれません(笑)

    我々も被災者の皆さんも未だ予断を許さない状況ではありますが前向きに行きましょう!

    では

  5. momo 2011/03/20 at 09:12

    yamanaka様

    おはようございます。

    震災翌日より昨日まで緊急医療チームの一員として被災地で活動をいたしました。自衛隊ヘリより見た被災地の状況は想像を超える惨状でしたが地上はそれ以上でした。阪神、スマトラ沖、トルコ、イラン震災等と災害現場での活動の経験のある私にとっても言葉にできない惨状でした。

    拠点病院での活動と各避難所の巡回診療をしましたが現地では最低限の医療しかできない状況です。それも物資の不足で難しくなってきています。身体的な治療とそれ以上に精神的な治療が早急に必要です。

    私が一番悲しく心を締め付けられた場面は若い母親が赤ちゃんを強く抱きしめた状態で発見された時でした。残念ながら息絶えていました。母親から赤ちゃんを引き離そうといたしましが力強く抱きしめていたので引き離すのに母親の腕、肩の関節を外すしかありませんでした。現場にいた自衛官、消防官、警察官ら全員が泣きながら作業に当たりました。あの大津波の中で我が子を離さない様にしっかりと抱きしめていた母親の気持ちを思うと・・・。

    被災地より戻ると普段と変わらない日常がありこれが同じ日本なのか?と精神的なギャップに襲われています。毎回被災地での活動から戻ると感じる感情です。普段の何気ない生活が出来ることが一番の幸せです。

    本ブログの趣旨にそぐわない内容になり申し訳ありません。被災地の状況を少しでも知っていただきたい私の気持ちを汲んで頂ければ幸いです。

    最後に日本人がこの危機を乗り越えて犠牲になられた方々に恥じない日本を再興させられると信じております。

  6. yamanaka 2011/03/20 at 10:10

    momo様

    こんにちは。現場の状況について教えて頂きありがとうございます。このような時に現場に駆けつけてお手伝いできない自分が無力に思えてしまいますが、自分の出来る事をゆっくりでも確実に実行して行きます。

    この事態で最も私が恐れているのはパニック状態だと考えています。色々な人が色々な考えを持って行動されるのは大切な事です。しかし社会全体がパニックになると良い物も悪くなり、悪い物は最悪の結果を迎えると思います。このため仕事でも個人でも震災の事は気にしながらも冷静になるように努めています。

    私も福島のある病院様とはクラブ会員の関係もあり可能な限りの支援は実施して行きます。私の分野では直接の支援は限られていますが、日本の国全体として今回の被災者の方と再興出来ると信じています。

    本ブログもおかげさまで多くの人が見て頂いています。このような現場を見てこられた方のコメントは非常に重要です。今後も記載して頂ければと思います。良い意味で日本に影響が出る事を私も期待しています。

    また現場での作業はmomo様にも多くの負担があったと思います。少しだけで良いのでゆっくりとお休みください。

    以上です

  7. momo 2011/03/20 at 10:53

    yamanaka様

    早速コメントを頂きありがとうございます。

    私はPTSD等の対処方法やカウンセリングを受けていますので大丈夫です。ご心配いただき感謝感謝です。しかし被災者、救助活動を行う自衛官等の方々の精神的な影響が心配です。組織的、継続的な支援を望みます。

    特にyamanaka様をはじめ本ブログをお読みの方は海外にたくさんの友人をお持ちだと思います。彼らに正確な日本の状況をお知らせ頂ければと思います。特に原発の状況等に正確でない情報が飛び交っております。私も海外の友人達へ日々正確な情報をメールしております。彼らを通じて日本の現状に対する理解を深めて広めて貰うことがある意味で喫緊の課題です。

    直接的な支援でなくても間接的にできることをやっていくことが必要だと思います。

  8. yamanaka 2011/03/25 at 00:03

    momo様

    こんばんは。返事が遅れてしまいました。

    これから更に色々と忙しくなる予定です。色々な意味で日本を元気づけ世界の人にも理解して頂けるようにします。彼らもメディアの言う事に色々と振り回されているようですが、やはり現地の人間の話を冷静に聞いて貰うのが大切だと思っています。

    以上です

  9. momo 2011/04/01 at 22:58

    yamanaka様

    昨日まで再度被災地で医療支援の活動をしてきました。

    現地はまだまだ厳しい状況です。しかしその中で一筋の光明もありました。それは被災した子供たちです。小中高生が避難所の中で自発的に活躍している姿です。家族、友人等が亡くなったり行方不明の中で明るく前向きに自分に出来ることをやっていました。小さい子の面倒を見たり食事の配給、物資の積み下ろし等大人顔負けの活躍です。彼らを見ていると日本の将来に明るい希望を持ちました。

    このことを是非お伝えしたいと思いました。

    落ち着きましたら以前のようにコメント書き込みをさせて頂きます。それまでしばらくお時間を頂きます。

    では、また

  10. yamanaka 2011/04/11 at 00:01

    momoさん

    こんばんは。医療活動もまだまだ忙しい状況と伺っています。

    どこのどんな場所にいても子供たちの姿には励まされますね。色々な意味で世界を支えているのは子供達だと私も実感します。こんな子供たちに何ができるのか、どうなって欲しいのか私たちも真剣に考えていく必要がありますね。

    また落ち着いたらコメントお待ちしております。

    では!

Comments are closed.