香港ドラゴン航空 ファーストクラス搭乗記 上海浦東→香港

キャセイ・ドラゴン航空になる前に香港ドラゴン航空のフライトを上海から香港間のファーストで楽しみます。香港ドラゴン航空のフライトのレベルの高さは定評があるのですが、今回のフライトはどうだったのでしょうか?

結果

機材も素晴らしいのですが・・何と食事に本物のキャビアが出ます。3時間未満のフライトですが驚きました。そして・・普通に出発が3時間遅れるおまけつきでした・・

予約

香港ドラゴン航空はマイルのつけ方で何回も失敗しているのでAMEX側よりも私のほうが詳しいので間違いがないように依頼をします。香港ドラゴン航空の運行で香港ドラゴン航空の便名そしてJALで登録するのが王道で間違いありません。

チェックイン

元々の出発便は朝の08:40だったので06:30には空港にホテルの送迎で到着します。ドラゴン航空のカウンターに行くとオープンはしていますが・・・何か様子が変です。ファーストのカウンターは誰もいないので直ぐにスタッフに対応して頂きチェックイン手続きです。そこで機材トラブルで3時間ほど遅延するとの事です・・おっとチェックイン時で3時間ずれると香港での予定が厳しくなりますが問題ありません・・想定内です(笑)

そしてお詫びとして75RMB相当のクーポン券がついています。あまりクーポンに私は興味が無いので使うことはありませんでした。それよりもセキュリティを通過して出国しラウンジでのんびりする事としました。

キャセイパシフィック ラウンジ

ラウンジはキャセイパシフィック航空が運営しワンワールドの航空会社向けのラウンジになっています。殆ど人はおらず、ゆっくりと時間を過ごします。かなりの広さがあり設備も悪くありません。空港の中も一望できる好位置です。

食べ物も悪くありません。カップラーメンも中国のカップラーメンより日清のカップヌードルが主流ですね。

時間があったので費用を支払いシャワーも浴びて、スパで体をほぐして頂き出発します。どうせ遅延しているのでのんびりと・・

 

搭乗

結局13:15の搭乗になりました。これだけ明確に遅れると乗客の方もイライラしていません。中国の遅延でひどい時には罵り合いが稀に始あるのですが・・・良かった・・搭乗手続きを済ますとバスで沖留めの飛行機に向かいます。ビジネスもエコも関係なくゴチャゴチャでバスに乗り込みます。バスの手前でファーストの乗客は待っていれば最後に専用のバスが来るとの事でしたが、待つのも面倒なのでそのまま乗り込みます。

上海の浦東国際空港にはいっぱいの種類の航空会社が乗り入れているのでバスから見ていても楽しくなります。5分程度でドラゴン航空のA330の機材に近づきます。この塗装もそろそろ見納めですね・・今後はキャセイパシフィック航空のマークに近いアレになるんですね・・

中に乗り込み1ー2ー1アブレストの座席に座るとウェルカムドリンクとアペタイザーがいきなり提供されます。今回のファーストは私を入れて2名のみなのでCAさんも気合が入っているようです(笑)

座席

香港までの近距離ですが流石の機材が準備されています。他の中華系の「なんちゃってファースト」とは質が違うのがドラゴン航空の良いところです。

構成としてはフィッシュボーンの座席になります。座席が微妙に傾いている構成ですね。ディスプレイを前から引き出すタイプで足元も広く使えます。

 

カクテルテーブルの上に携帯電話や飲み物を軽く置けるので便利ですね。

 

右の壁には座席のコントローラ類が配置されています。座席はチルト・座面・フットレストのコントロールが可能です。もちろんベッドモードもありますが使うことはありませんでした・・下には110Vの電源アウトレットです。そういえばUSBチャージ用のアウトレットがありませんでした。気が付かなかっただけなのか・・隣の扉を開けると中にはヘッドホンが収納されています。

 

フライト

搭乗してドアクローズまで・・ドアクローズから離陸まで・・やはり時間がかかります。中国の空港・航路はコントロールとしては飽和状態ですね・・どちにしてもある程度は私も予定を組む時には遅延を見越して、移動当日には重要な事項は入れないようにしてあるので大きな問題にはなりません。

食事

メニューを見ると相当な数の食事が準備されています。その中でもやはり目を引くのはHUGO’sのキャビアの表記です。本当に納得できるような物ではないと思いつつも、離陸前に食事の選択をしてCAさんに伝えておきます。英語も流暢にしゃべれるので、欲しい物を伝えるのも全く問題ありません。

フライトに入って食事が提供されます。そして驚くのは・・・先ほどのキャビアです。Calvisiusののキャビアが提供されていました。提供の仕方も素晴らしい内容でした。これは・・驚きです。

その他の食事もデザートまでキャセイパシフィック航空を思い出させるような素晴らしい内容で提供され続けます。これは良いですね!上海と香港の移動にはベストのフライトです。

  

お手洗い

至って普通のお手洗いですがアメニティにジュリークが選定されています。なるほどドラゴン航空らしいですね。

到着

香港空港は到着すると快晴で気持ちの良い風が流れています。しかもまた沖止めなんですね・・・ファースト専用の送迎車で空港を移動し無事に入国です。

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 香港ドラゴン航空
2 フライト KA831
3 機材 A330
4 クラス ファーストクラス
5 出発空港 上海浦東国際空港 PVG
6 到着空港 香港国際空港 HKG
7 予定 出発時間 08:40 (PVG)
8 予定 到着時間 11:25 (HKG)
9 予定 フライト時間 2:45
10 実 搭乗開始時間 13:05 (PVG)
11 実 ドアクローズ時間 14:00 (PVG)
12 実 離陸時間 15:00 (PVG)
13 実 着陸時間 16:55 (HKG)
14 実 降機時間 17:05 (HKG)
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 3:05

地図

By | 2017-05-03T10:47:31+00:00 2017/04/16|Categories: Air Line, cathay-pacific|Tags: , |Comments Off on 香港ドラゴン航空 ファーストクラス搭乗記 上海浦東→香港