Shangri-la Hotel Tokyoがいよいよオープンしました!世界中のシャングリ・ラ ホテルに宿泊したい私としてはシャングリ・ラ マニアと言われるかもしれませんが、オープン当日に是非に行きたかったのです・・・・さてその結果は

gtok-shangrila-open-001

結果

流石、シャングリラホテルと言える内容のオープニングだったと思います。オープン前から社員達でロールプレイング等していた甲斐があって、大規模な問題は発生していませんでした。これからの発展を楽しみにしています。

予約

予約はシャングリラ東京の営業担当者に直接お願いしました。オープン前からホテルに訪問させて頂き、会議の話をさせて頂いたり、宿泊用の部屋を確認させて頂いたり大変にお世話になりました!

今回のオープンにはホライゾンクラブはオープンが間に合わないとの事でしたので、プレミアベイビューキング禁煙を押さえて頂きました。同時にスパ「氣」と送迎の車をお願いしました。送迎の車はなんとロールスロイスです・・・香港以来ですね乗車するのは!

送迎

家からホテルまでは30分ほどですが、ロールスロイスでの送迎サービスを楽しませていただきました。香港ペニンシュラの時は普通の車との違いがあまり分かりませんでしたが、東京の街で乗るとよく分かりますね!確かに良い乗り心地です。準備してある水もVOSSです。いやー凝っています。

gtok-shangrila-open-002 gtok-shangrila-open-003

車は外部に委託しているようでした。場合によっては英語の喋れる運転手様やロングのベンツなども手配頂けるとの事でした。話を更に聞くと常時BMWが待機しているので必要に応じて直ぐに配車できるとの情報でした。これは有難いですね!要望にすぐ応じれるのは強みです。また運転手さんのマナーも良く車はホテルの地下一階の車付けにつきました。

gtok-shangrila-open-031

チェックイン

チェックインはルームチェックインになりました。到着するまでに地下一階の車付けにスタッフがおりスムースな対応でした。

gtok-shangrila-open-026 gtok-shangrila-open-027

そこからフロント担当、荷物、見事なリレーションでした。オープン当日から良い対応です。

部屋

一番好きなベッドはドバイのバージュアルアラブで使っていたDUXですが、ここでのシーリーベッドも負けてはいません。このベッドでも十分な寝心地を確保しています。やっぱりダブルクッションのベッドは寝心地が一味違いますよね!

gtok-shangrila-open-008

ベッドのサイドテーブルも良い雰囲気です。機能的に準備されています。

gtok-shangrila-open-020 gtok-shangrila-open-012

またカーテンは当然総て電動です。夜これを動かすのが楽しみですね!

gtok-shangrila-open-010 gtok-shangrila-open-009 gtok-shangrila-open-013

 

部屋の電気設備も非常に良くできています。もちろんiPodをBOSEのシステムと接続して音楽をきく事もできます。インターネット接続も有線、無線共に問題無くできます。IT先進国日本としては頑張ってほしかったので良かったです。

gtok-shangrila-open-005 gtok-shangrila-open-023

テレビは、BOSEの音響システムと連動したりと良い感じです。準備されている画像も日本をちゃんと意識させる内容となっています。

gtok-shangrila-open-004 gtok-shangrila-open-024

バスルームもレインシャワーが完備されており文句なしの出来栄えです。いやー意外と良い線に着陸していますよ。

gtok-shangrila-open-014 gtok-shangrila-open-015

トイレもちゃんとウオシュレット付きです。日本では当たり前ですが、海外ではこれが非常にうれしいんですよね!

gtok-shangrila-open-018

アメニティ

 

アメニティはシャングリラご用達のロクシタンがちゃんと準備されていました。エリート会員に準備されるフルーツはまだ届いていませんが、たまたま誕生日だったのでケーキを頂きました!

gtok-shangrila-open-022 gtok-shangrila-open-025

炭酸水は他のシャングリラと違いサンペレグリノが準備されていました。ミニバーの中身は十分な内容でした!

gtok-shangrila-open-011 gtok-shangrila-open-017

今回のアメニティの中で一番良かったのはパジャマです。変な浴衣は多くのホテルで準備されていますがパジャヤマはありません。だから私はパジャマを出張の時に持ち歩いています。しかしシャングリラ東京は準備されています!

gtok-shangrila-open-021

景色

バスルームは今はやりの窓越しに外が見えるようになっていました。残念ながら窓はマジックミラー仕様にはなっていませんので注意が必要です。上海シャングリラは問題無かったんですがね・・・

gtok-shangrila-open-051 gtok-shangrila-open-016

さてお楽しみの部屋かのら景色ですがプレミアハーバービューのため非常に良い景色です。昨日までの曇り空が嘘のように良い景観を見せて頂けました。

ルームサービス

なだ万が予約で一杯であったため、昼はルームサービスでお願いしました。このチラシ寿司を食べながら本BLOGを書いていますが、美味しい!やはり日本のなだ万の方が美味しい気がしますが・・・(本当かな?)

gtok-shangrila-open-032

ロビー

チェックインフロアには色々な見どころがあります。四季を示した絵、チェコから輸入した世界最大級のシャンデリア、等などです。今回はテレビ局の人がいたので落ち着いてみる事ができませんでしたが次回はのんびりとみたいですね。

gtok-shangrila-open-029 gtok-shangrila-open-028

今回は開始セレモニーとして香港獅子舞の演武があったそうです!オープン(チェックイン)は13:00からでしたが14:00を過ぎた時点がから人がかなり増えてきました。やっとオープンって感じです。

gtok-shangrila-open-030

また軽く飲めるThe Lobbyは景色を楽しめる良い位置ですね。さっそくのんびりとお茶を頂きました。ロビーとの区切りにある壁は夜になると光を上手くつかい綺麗に光を感じさせます。

今後

クラブフロアのオープンが一週間後、スイートのオープンが4月上中旬、グランドオープンが夏過ぎとの事でしたので随時宿泊して楽しめそうです!

関連記事

シャングリ・ラ 東京関連の記事はコチラです。

地図