サルバトーレ フェラガモ RUBEN

仕事用の靴を新調すると共に、以前買ったブーツについて気になることがあったので西武池袋のフェラガモに行ってきました。

ruben-002

結果

今回はフェラガモのルーベンを選択しました。ゴム底なので雨の日に使用するのが目的です。

RUBEN

仕事用の靴を購入すると共に、前回のブーツでの問題点「滑りすぎる」を改善した革靴を購入しました。フェラガモにもゴム底の靴がちゃんとあります。靴の裏はクッション性を重視したデザインとなっており踵の衝撃を受けれる形となっていました。

ruben-003

今回もかっこいいのをメインで選択しましたが履き心地も問題なささそうです。ただしパーティ等のフォーマルな場所へのゴム底の靴での出席は無理だとのことでした。いや・・・パーティなんて年に数回なので、気にせずに購入しました。

私は自分の足形に合った専用のインナーを入れますので、深い靴が必要なのです。しかし、この靴は少し浅かった。今から標準のインナーを剥いて入れないと。。。。

ruben-001 ruben-004

ついでにフェラガモのシューズキーパーを購入しました。シューズキーパなんて当たり前と思っていましたが、説明を受けると良い物には靴と同じく右と左があるので注意して使ってほしいとの事でした。よく見ると「なるほど」右と左の曲線が違います」。

色々と靴の手入れについて質問したらVIP用のお土産としてあるSHOE CARE KITまで頂いてしまいました。中には靴を磨くのに必要な物が一式入っていましたので、今後の出張の時に便利そうです。

気になっていた点への質問

前のブーツは滑りすぎる旨を伝えたところ、「革靴は滑って当たり前ですよ」との事でした。そういわれれば、最近は皮靴の時には歩き方が変わってきましたね。

靴底で言われたのは、皮が使用されている靴は基本的に雨天の時の使用は不可との事でした。雨が降っている日には、そこがゴム底の靴を使用してくださいとの事です。うーん高級なんだか不便なんだか良く分からないな・・・。しかし統計して言えるのは「良い製品ほど手入れや使用方法に気を使わないといけない」ということですね。昔は、良い品は放置しておいても大丈夫と思っていましたが逆でした。

外国のフェラガモショップに同じブーツがないとの事を伝えたところ、国によってバイヤーがおり、例えば日本ですべてのフェラガモ製品が買える訳ではないとのことでした。なるほど、だから逆に海外のお店で日本では見たことのない商品があるんですね!

フィッター

このお店はちゃんと靴のフィッターが居るので色々と話ができます。またフィッターは他人に靴を履かせたり脱がせたりが大変にうまいので感心です。

By | 2016-09-24T14:28:49+00:00 2008/01/05|Categories: MODE, Salvatore Ferragamo|Comments Off on サルバトーレ フェラガモ RUBEN