イル・リストランテ&イル・バール BVLGARI

ブルガリ銀座タワーの9階と10階に位置するイル・リストランテ&イル・バールで食事を楽しんできました。さてどのような食事をどのようなサービスで提供いただけたのでしょうか?

bvl-ginza-il-013

結果

昔からの友人との食事を演出するには最高の場所でした。また来て頂いた友人も大満足だったと思います。

予約

其々の職場から近くて雰囲気が良い店を探すのは、やはりAMEXにお任せです。何時も通りライフスタイルに電話をかけて場所と雰囲気と人数等を伝えるだけで、候補のお店が3件ほど頂けます。多くの場合には私好みの店を既に知っているので外れる事はありません。

イル・リストランテ

9階でエレベータを降りるとスタッフが待っていましたので名前を伝えてコーを渡し席に移動です。最近流行りターンダウンした落ち着いた雰囲気で結構な人数の人が居ました。

bvl-ginza-il-010

その中でちゃんと窓側が押さえて頂けました。実際のところ座席の半分は窓際になります。クリスマスツリーも飾ってあり良い雰囲気です!

bvl-ginza-il-012 bvl-ginza-il-011

席にはローソクの形をしたアルコールランプが使用されていました。席に着くと早速スタッフが挨拶に来ると同時に飲み物のオーダーです。前回のマンダリンで少しだけワインの頼み方が分かったので、同じ要領でシャンパンを頼みました。前菜と合わせてポップな感じなシャンパンとしました。メインの内容は量も考えてアラカルトから選びます。昔はコースでお願いしていたのですが、ここ一年はスタッフと話しながらお店の好みとお客様の好みから選択するのが好きになりました。決して料理の知識が増えたのでは無いのですがスタッフと話すとお店の方向性や御持て成しの気持ちがよく分かります。

bvl-ginza-il-001 bvl-ginza-il-003

さて早速シャンパンで乾杯しながら前菜を楽しみました。しかし私のシャンパンのチョイスは完璧ではありませんでした。魚の匂いと今回チョイスしたシャンパンのマリアージュは50点ぐらいでした。。。もっと勉強する必要がありそうです。

bvl-ginza-il-004 bvl-ginza-il-005 bvl-ginza-il-006 bvl-ginza-il-007

食事の内容は流石に美味しいと思わせてくれました。量も多くなく、二人で一品をシェアしながら多くの味を楽しめました。スタッフの説明を聞きながら食事をしていると、シェフを連れて来てくれました。名刺を見るとブルガリ ホテル&リゾートの名前が入っていました。日本でもブルガリホテル(宿泊)ができると良いですね!

bvl-ginza-il-008 bvl-ginza-il-009

イル・バール

食事が終了したことをスタッフに伝えると、上のフロアにちゃんとバーの席を準備してくれていました。下で会計する事なく上のフロアにコートをスタッフが持ちながら移動してくれます。クリスマスのお土産としてお菓子を頂けました。

bvl-ginza-il-014 bvl-ginza-il-015

上のフロアも良い場所が押さえていただけておりました。さっそく注文ですが友人も私もアルコールでは無く紅茶とコーヒを選択です。それ以上に私は入口のチョコレートに気が移っていたので説明を求めました。スタッフはチョコレートの前まで私を案内して専門のスタッフが一品づつ説明してくれました。色々な趣旨のチョコレートの中から4点だけ選択して早速頂きました。特にブルガリ125周年チョコレートはお勧めです!

bvl-ginza-il-016 bvl-ginza-il-017

夜遅くのTeaタイムを過ごしながら話は進みます。30分ぐらい過ぎたところで生で演奏+歌が始まりました。我々はその歌を聴きながらブルガリを後にします・・・支払は勿論まとめてOKでした!

場所

食べログ

BVLGARI Il Ristorante (ブルガリ イル リストランテ) (イタリアン / 銀座一丁目、銀座、東銀座)
★★★★☆ 4.0

By | 2017-06-19T20:32:40+00:00 2008/12/22|Categories: BVLGARI, Grourmet, Life, MODE|Tags: |2 Comments

2 Comments

  1. 龍心 2009/01/18 at 20:23

    ブルガリは自分の好きなブランドの一つです。以前に香港滞在(リッツカールトン香港;現在は老板の意向で改装中のために営業休止)したときはアメニティはいつもブルガリでした。こういうところも気を遣っていただけるホテルは唯一無二の存在でした。NY滞在時にはブルガリの御店でネクタイを選びましたが、スタッフの方との愉しいやりとりが印象に残っております。

  2. ma-yamanaka 2009/01/19 at 00:43

    龍心様
    ブルガリ良いですよね!物も好きなのですが、良いスタッフに会える事は何よりの楽しみです!
    意外とまだ中国ではブルガリは見ないのですが、中国本格進出はもう少し後なのかもしれませんね・・

Comments are closed.