これで解決?!世界に通用する「チップ」の習慣

海外へ行く事が増えると頭を悩ますのがチップです。国によって違ったり、ホテルによって違ったりと面倒な事この上無しです。しかし慣れてくると法則が見えてくるので楽しくなってきます。さて私はどのようにチップを楽しんでいるのでしょうか?

(写真はソネバギリで6種類のオリーブオイルでもてなしてくれたスタッフです。さてチップは?)

結果

日本ではそもそもチップの概念が無いので、最初は私も戸惑いました。しかし経験を積むと適切な??渡し方が出来てくるようになりました。色々な蘊蓄はありますが、自分の周りがスムースに進むための方法の一つだと思うようになりました。

支払うか否か

 チップを支払う場合、支払わない場合、そして悩む場合がありますので私流の考え方を・・

感謝を示す場合

  • 感激した時!(これが一番重要です)
  • ポーターが荷物を運んでくれた場合・取りに来てくれた場合。
  • ルームチェックイン・又はアテンドで部屋の説明をしてくれた場合。
  • 車の運転手に対して
  • 部屋を綺麗にしてもらいたい時。ちょっと気が効いたスタッフが居るとベッドやお風呂が花でデコレーションされたりする事もあります。(笑)このような対応が私は大好きです!なんだかチップを使ってスタッフと会話している気がします。
  • 祝儀も込めて(例えば知り合いのお店がオープンした時等)
  • カジノで勝った時、楽しませて貰った時にディーラさんに!

優先的に取り扱って欲しい場合

  • レストランの良い座席を急に確保する場合
  • レストランの演奏者に曲をお願いした場合。ウェイター経由でチップとリクエストをお願いします。(一曲しか依頼していないのに複数演奏してもらっても逆効果である事は最初にウェイターにチップを渡す時に伝える)
  • バレーパーキングで車を直ぐに出せる位置にお願いする場合
  • 旅慣れない同行者のチェックイン・アウトをスムースにしたい場合
  • ポーターが荷物を常に見ながらチェックアウトする場合。(急ぎの出発時に荷物を無くす危険性を減らすため)
  • 部屋を花で満たして欲しい時、同行者にサプライズを提供したい時
  • 現地で届け物を緊急に手配してもらったた時
  • 予定しないパーティがあって準備をホテルにお願いする時
  • 現地の風習が分からないのでホテルのコンシュルジュやGROにレクチャーをお願いした時
  • 自分は行けないがホテルのスタッフにお使いをお願いする時

渡さない場合

  • 不快にさせられた時
  • そもそもサービス料金が請求書に加算されている時。もちろんそれ以上に支払いたいほどのサービスを受けたら支払っても構いません。
  • セールスの人には渡さないです。

悩んだ時

  • 悩んでも分からない時は周囲を見渡して決めます。それでも分からなければ、支払わない(もしくは10%支払う、紙幣一枚で支払う)と自分で決めておけば悩みません。間違っていれば徐々に自分で気が付きますからね!

渡し方

私はチップ用の紙幣をズボンの後ろに常に入れてあります。渡す人によって方法が違うので以下のように纏めてみました。

  • ドライバーやベルスタッフなど直接渡す場合にはチップを最後、又はお願いした時に握手すると同時に渡します。あんまり見せびらかして渡さないようにしています。
  • 部屋の掃除などをするメイドさんには明確にチップである事を伝えるために枕の下に入れておきます。サイドテーブルでも良いのですが、確実にチップだと理解してもらいやすいのは枕だと思っています。
  • 食事の場合には出来るだけカードでの支払いに含めて行います。チップの欄が無い場合には手書きでも良いらしいですが、面倒なので現金を机の上に控えめにおいてお店を去ります。これは現金しか利用できないお店も同じです。
  • タクシーなどの場合にはお釣りを含めてそのまま渡します。足りない場合には少し紙幣を足します。

注意する点

チップは「場合による」事が多いので、私が経験した例を以下に記載します。他の場合にもあればコメントいただければ追加して行きます。

  • ホテルではポリシーとして個別では受け取らない場合があります。このような場合にはチェックインの時に言われる事が殆どです。注意が必要なのは最後に纏めて支払う事を忘れないようにしましょう。例:オベロイ アマールヴィラス(インド) / トルティリス キャンプ(ケニヤ)
  • 日本のスタッフだと場合によって受け取らない場合があります。このような場合には無理に渡す必要はありません。
  • ホテルのスタッフで現場のマネージャー位まではチップを支払いますが、更に上の人(経営者に近い人)とあった場合にはチップは支払わないようにしています。昔、知らずに渡して断られた事があります。
  • 事前に調べておけばいいですが支払う金額が分からない時は周囲を見渡して考えます。それでも分からない時はまずはその国の缶のコーラ2本分位の費用(空港で見れますよね)を支払います。後は相手の表情で判断します。
  • 常にチップは切れないように注意します。しかし、無い時もあります。無理なお願いをしている場合には高額紙幣を渡して両替と言う事もあるのですが、普通の感謝の場合には申し訳ないのですが支払わない時もあります。ここは単純に自分の中で対応を決めておくと、つまらない事で頭を悩ませないようにできるので、私が勝手に決めたポリシーです。
  • コンシュルジュの担当者は悩ましいですが、私は無理なお願いが多いので基本は渡します。断られたらそれで良しとします。そのホテルの歴史を理解できるわけではないので・・

意外な・・

単純に感謝ではなく、他の使い方や、意外な方法もありますので参考に記載します。

  • チップは感謝を示すものですが、逆に不快を示す時にも使います。意味も無いのにチップを不必要に要求してきた場合には、一番小額のコインを渡したり、責任者の前まで移動して文句を言いながら渡したりする事もあります。不快だったら「渡さなければ良いと」とも思いますが・・たまにはね・・私も人の子です。怒りたくなる事もあります。暴力は絶対に駄目ですがこの程度はね・・
  • アフリカでまったく外貨が無く、両替も出来ない時は日本円で渡してもOKでした。普通は良くありませんが先方は快く受け付けてくれる場合もあります。
  • 良くないとされていますが、コインを日本に持ち帰りたくないので、最後のホテルで現地のコインを総て置いてくる場合もあります。マナー違反とまではならないと勝手に判断していますが実際はどうなんでしょうかね?
  • コインで支払う場合には事前に先方に確認すれば「お互いにスッキリ」ですね!(Yassyさんから)
  • レストランのトイレでタオルを渡してくれるトイレマンは無理です・・支払えません。トイレマンが居るのか居ないかなんて分かりませんからね(笑)。逆に支払っている人は慣れている人だと尊敬します。
  • 場所によっても違うと思うのですが、あるホテルではチップはスタッフが個別に貰っても、一度全部を合計してから更にスタッフに分配しているようなシステムもあるそうです。色々な考えがあるのですね!
By | 2017-03-21T01:02:25+00:00 2011/02/10|Categories: Life, travel-Hack|11 Comments

11 Comments

  1. Yassy 2011/02/11 at 10:20

    おはようございます。

    チップのお話興味深く読ませて頂きました。

    帰国前日はたまった小銭をチップで渡すことが多いです。ただちゃんと説明してから渡すことにしています。「明日日本に戻るんだけど、日本ではコインは両替できないんだよね。だから失礼かもしれないけど持っている小銭を全てチップとして渡してもいい?」てな感じです。笑って受け取ってもらえますよ。

    では。

  2. Bきゅう 2011/02/11 at 12:00

    Yassyさんのおっしゃるように、説明すれば、たいてい何でも喜んで受け取ってもらえるものですよね。わしは、外貨しかないときは、『お礼をしたいけど、米ドルでもよいか』と訪ねます。たいてい、『何でもよい』という返事がかえってきます。

    ところで、最近は日本のレストランでも、客席のところでの会計というのが増えているのでしょうか。先日、日本へ行ったときに、2、3カ所、客席でお勘定できました。正直なところ、席で支払いができて、チップを考えなくてよいといのは、なんとなく得した気分でした(じつは、ちゃんとサービス料は請求書に入ってましたが)。

  3. yamanaka 2011/02/11 at 12:23

    Yassyさん

    おはようございます。コメントありがとうございます。

    ポイントは相手の方とコミュニケーション出来ている事ですね。これなら相手も納得、感謝は示して円滑に物事が進みますね。参考になりました。記事に追記させて頂きます。

    では!

  4. yamanaka 2011/02/11 at 12:34

    Bきゅうさん

    こんにちは。やはりちゃんと伝えれば相手は喜んでもらえるのですね。

    また日本のレストランもかなりの確率で座席で勘定ができるようになりました。替わりにサービスチャージが既に加算されていますね。チップで悩ま無いのは良いのですが、座席で支払えるかどうかは感覚で判断していました。ここは次回の記事に書いてみます。

    以上です

  5. shackinbaby 2011/02/12 at 23:32

    ブログの方にコメントいただいていたのに、ちょっと外に出ていまして、お返事が遅れました。
    パスポートの方にレスしようかと思ったのですが、僕がちょうどアジアなのに何かにつけてチップが必要な国にいるので、こちらにしました。
    良くまとめられていますね、そうそうと頷くことしきりです。
    これだけまとめられるのにお時間がかかりますでしょう。
    もう尊敬の一言です。
    チップを渡す場合の基準(たぶん金額も・・・)ですが、僕の場合はもう少し厳しいです。
    要はケチなんだと思います(笑)。
    渡し方は僕もポケットに常備タイプ。
    右と左に違う金額の紙幣を何枚か入れておいて、状況により使い分けています。
    今回は僕の分に合わないホテルのおよそ似つかわしくない大きな部屋に泊まっていたので、付いたバトラーも全部肩書きの付いたバトラーたちで、本当に老練の一言でした。
    そうなるとチップの額もそれなりに、彼らの受け取り方も本当に自然で、毎日頼んでもいないものがどんどん届くサービスぶりでした。
    夕暮れの景色の美しいレストランもスパもとりえあず満席・満室で予約不可というのに、直前の気まぐれ予約でも結局は最高の席をゲット出来ちゃうコンシェルジェからの優遇もあって、最高のステイにはなりましたが、僕には「過ぎた」贅沢だったようです。
    僕にはもっとリーズナブルなホテルのほうが合っているかもです。
    詳しくは帰りましたら・・・。
    いつも有難うございます。
                      BA/QFファーストラウンジ@某空港

  6. yamanaka 2011/02/13 at 22:34

    shackinbabyさん

    こんばんは。コメントありがとうございます。

    アジアでチップが必要な国と言われるとかなり絞られそうですね。海外からもブログの更新速度には頭が下がります。

    なかなかチップは難しい事を承知で一度纏めてみました。上手くまとまっていないところもありますが悩んでいても仕方が無いのでリリースしてみました。諸先輩の意見を頂けて感謝しています。
    素晴らしいホテルは依頼しなくても色々なサービスを先読みしてくれる事があり私も嬉しくなります。そうなるとこちらもチップがどんどん出ていきますが、嫌ではありません。これがチップの良い場合のスパイラルだと思います。

    伺った内容を伺うとシンガポールのラッフルズと香港のペニンシュラを思い出しました。暫く行っていないので私も行きたくなってきました!

    またブログの記事を楽しみにしています。

    ではまた

  7. shackinbaby 2011/02/13 at 22:59

    早朝に帰ってきて、そのまま今日は仕事に忙殺されていました。
    泊まったホテルは現地風に発音すれば「オーリエンテン」です。
    「オーサーズ・ラウンジ」の階段を上がってゆく部屋で、あそこのバトラーは異常なほど「バトラー」していました。
    あれをバトラーというのなら、日本のホテルにいるバトラーたちはバトラーと名乗る資格はありませんね。

  8. yamanaka 2011/02/14 at 00:24

    shackinbabyさん

    こんばんは!海外での滞在、大変にお疲れさまでした。アジアとは言えど海外への移動は知らぬ間に体に疲れを貯めてしまうと思います。特に日本は今寒いのでお体は御自愛ください。

    もしかして今回はアジア最高と言われるBKKのMOですか?(また早とちりかもしれませんが・・)私は一泊しかしていないのですが確かにあのレベルのバトラーサービスは日本では提供されませんね。私も2月下旬から中国→サウジアラビア→アラブ首長国連邦→タイと予定されており、タイでは初めてのシャングリラ+ソネバ キリを楽しむ予定です。

    スペインの記事も含めて今後の記事を更に楽しみにしております。

    以上です

  9. Q太 2016/08/03 at 12:50

    はじめまして。こちらがとても参考になりました。
    いろいろブログをたどっていてこちらの記事を拝見させていただきました。
    チップについての質問をさせていただきたいのですが、

    1、海外のホテルの朝食でもチップは払われています?
    例えば、朝食込のレートであっても払われますか?
    私は今まで朝食にチップを支払ったことが一度もなく、何の不都合もなかったのですが、本来チップは必要だったのかもしれないと不安になりました。
    また、支払いされていた場合ですが、ビュッフェの朝食でも支払いされてましたか?

    2、サービスチャージが含まれている場合ですが、このような場合でのチップの支払いはどうされてますか?
    例えば、サービスチャージが10%だった場合、チップが義務のアメリカの場合は+10%のチップとし、合計20%程度にする?ようなことはしないですか?あくまで20%程度をサービスチャージのあるなしに関わらず支払いますか?
    アジアや欧州ではどうされてますか?

    3、ホテルでチェックインの場合、よくレセプショニストが部屋まで案内してくれる場合があると思いますが、このような時、レセプショニストに対してチップは払われてますか?私は今まで支払ってませんでした。(バトラーに対しては最初に支払ってます。)

    お忙しいところ質問ばかりで失礼しました。
    お暇な時で結構ですので、お教えいただけましたら助かります。
    よろしくお願いします。
    また、
    コインでのチップについて最後のホテルで・・・とありますが、私はコインも使います。
    特に欧州(ユーロ・ポンド)で紙幣~はキツイです(笑)

  10. yamanaka 2016/08/04 at 07:22

    Q太さん

    コメントありがとうございます。チップはなかなか慣れない日本人には悩ましいものですね・・以下に私の普段の対応をお答えします。

    1.海外のホテルの朝食

    私も通常の朝食では特にチップは現金では支払いません。清算時にサービス料が含まれている事が多いのと、朝食にはそもそも財布を持って行かない事が理由です。もしも特別な食事や場所のリクエストをしている場合には、事前に現金を準備してチップに備えます。

    2.サービスチャージ

    サービスチャージが請求にある場合には基本的にチップは私は払う必要は無いと思います。単純に食べるだけであればシンプルです。ただし良いレストランでは色々な対応をお願いする事が多く、このような場合にはお支払します。内容によって支払う金額は変わります。

    支払う金額もあまり10%とか20%とか考えておりません。軽い内容なら一番小さな紙幣・内容によってあげていきます。

    アジアや欧州では私は変わりはありません。変わるのは日本ぐらいです(笑)受け取らない人もいるので、その時は普通に引き下げるだけです。中にはチップの増額を要求するような人も居ますが、まともなバトラーやスタッフであれば何故その金額が理解できていると思います。もしも自分が先方のサービスを理解できていなかった場合には増やす事もあり得ますが(笑)

    3.ホテルでのチェックイン

    レセプションの人が案内してくれた場合にもベルが荷物を運んできてくれても基本は支払います。相手のためと言うよりは自分のために・・私はホテルのスタッフには我儘を何時もお願いするので最初で関係を作っておいた方が、先方も安心してサービスを提供してくれる傾向が強いと思います。

    日本人の方はお金の支払いで動きを変えるのは良くないと考える方も多くお見えですが、あくまでもビジネスですから良いサービスにはそれなりの支払いが必要なのは当然だと思います。露骨に態度を変える人を見てもなるほどと思います。そうなると・・・事前に、この人はサービスに対して適切な支払いをしてくれると思って頂くことが自分(お客)にとっても間違いなく有利だと思います。

    チップの支払い状況は不思議なぐらいホテルのスタッフには伝わっていると感じます。

    結論としてチップは自分(客)のために有効なビジネスツールなので上手く支払って良いサービスを受けるのが私は良いと思います。

    参考になれば!

  11. Q太 2016/08/04 at 13:22

    yamanaka様

    早速的確なご回答をくださりありがとうございました!
    同じような感覚で安心いたしました。
    これからもよろしくお願いします。

    Q太

Comments are closed.