ようやく念願のダイビングのライセンスとしてPADIのOpen Water Diverを取得する事ができました。場所はプーケットでの取得ですが、どのようなトレーニングだったのでしょうか?

padi-owd-017

結果

ラグジュアリーな雰囲気の中で受講しましたが、勉強は思っていたよりも大変で真面目に教えて頂きました。友人達も同時に取得し今後は更に色々な楽しみ方ができると期待しています。

手配

今回もAMEXに手配をお願いします。もう無茶ぶりとしか言えませんが旅の合間で何とか捻出した時間で取得したいためホテルのコンシェルジュ経由で聞きまわって頂きます。またプライベートのレッスンで特定の日程を完全に予約でき、更に3日かかるところを何とか2.5日で取得してほしいとの難題付です。どうしてもプーケットまでの移動が飛行機であるため4日開けた中で取得するために仕方ありません。

結果としてはアナンタラ  ラヤン プーケット リゾートが良いダイブショップと連携して希望の内容を手配して頂きました。アナンタラはプーケットに二カ所あるのですが此方の方が良いのでは無いかと思います。

先方からはPADI open water course と Discover Scuba diving のどちらにするかだけ決めてくれれば後は日程内で何とか取得を目指して全力を尽くすとの心強いお言葉です。もちろん今回はオープン ウオータのために時間を取ったのでそちらを選択します。実はその他色々とリスクも言われていましたが最後は現地調整で乗り切ると決めて当日を迎えます。

ちなみにPADIのライセンスは非常に理解しにくいのですが先ずはオープン・ウオータ・ダイバーを取得する事が先決のようです。

初日

午前のフライトでプーケットに入りリゾートに入ってから少しやるべきことを行います。チェックインのタイミングで一番にダイビングの予定について確認すると、インストラクターには要望は伝えてあるので詳細は本人と会って確認してほしいとの事でした。

時間になってアナンタラのプールに移動すると、白人の男性が待ってくれています。話を聞くとドイツ人で家族とプーケットに住んでいるとの事です。諸所の内容について確認しますが、問題なければ超スピードで2.5日以下でライセンスを取らせるから頑張って付いて来いとの事です。最初は気軽にOKしましたが意外に辛かった・・・

padi-owd-021

友人達はダイビングの経験も少なかったので先ずはプールで簡単に装備やダイビングのイロハを教えて頂きます。最終的にはウエットスーツを着て装備を付けて水深1M程度の箇所で色々なマニューバを楽しみながら実施します。私自身はライセンスは有りませんが既に50回程度潜っているので軽くこなします。インストラクターも私の最初の動きを見て殆ど放置する事と決めたようです・・・・良くも悪くも・・・・

しかし2時間程度でしたが終わってみるとかなり体力が奪われていました。明日はホテルのレセプションで待ち合わせて彼のショップH2O SPORTZで座学とアマンプリの前の海でボートダイブとなりました。

二日目

朝ロビーに行くと既にインストラクターは待ってくれています。そのまま車で30分程度移動するとショップに付きます。最初は座学を舐めていましたがイヤイヤ・・・・かなり難解です。しかもドイツ人の授業を英語で聞きながら英語の教本で勉強して日本語交じりの試験を受けるので大混乱です。しかもドイツ人の気質なので日本並みにキッチリ・カッチリ教えてくれます。あーなるほどね・・・これはハードルは高いのですがライセンスを取る意味がでますね!

padi-owd-003 padi-owd-004

休み時間にショップの中を色々と拝見していると・・・なんとデカプリオの写真が誇らしげに飾ってあります。話を聞くと映画ザ・ビーチの撮影時にアマンプリに数カ月滞在した時にライセンスを取得したそうです。彼のインストラクションのもとで・・・なるほどね・・・

padi-owd-022 padi-owd-005

昼食を軽く食べて海に移動します。今回はアマンプリのシップ・ドッグから船を出してアマンプリの前の海まで移動します。多少の波はありましたが気持ちよく海の上を移動します。

padi-owd-006 padi-owd-007 padi-owd-008 padi-owd-009

到着すると全員がいきなりバックロールエントリーで海に入る事になります。まあ全員それなりの運動はこなせるので問題はありません・・・と思っていましたが友人の一人が浮いたり沈んだりをして遊んでいます。まあふざけているのかと思っていたら・・実はBCDの接続が甘く空気が入らない状態になっていました。本人は至って冷静なので10分程度は気が付かないという落ちに・・・二度目のダイブで肝が据わっています・・

padi-owd-010 padi-owd-011

そんなこんなで1時間程度のダイブを楽しみ実際のマニューバも練習を終わらせて納得の内容です。しかしかなり疲れてしまいグッタリです。こんな時には準備してくれているパイナップルやバナナ等のフルーツでエネルギー回復です!

padi-owd-012

三日目

今回はダイビングを先に行い、後から座学の流れになりました。また朝の9時にリゾートのレセプションでピックアップして頂き近くの海岸に移動します。今日の目的地はヘブンズ アイランドです!

padi-owd-013

インストラクターも昨晩はかなり楽しんだようで踊りながら準備を進めていました。真っ白なビーチからボートに乗り込み早速移動します。30分程度で島に到着しますが、透明度はこちらが昨日よりいい状態で、パンを海に投げ入れると魚があっという間に集まり、直ぐにパンが消えてしまうのが良く見えました。これは期待できます。

padi-owd-014 padi-owd-015

しかし1時間潜っていたので船に上がった時にはかなりフラフラになり気持ちも悪くなってしまいました・・・

padi-owd-016

それでも30分ほど船で休憩して次のダイブです。今度はナビゲーションの勉強をしながら波の間を泳ぐのですが・・・99%吐く手前に・・・海の中に入ってしまえば揺れないので気分も安定しましたが、一人でここで吐いたら魚が寄ってくるだろうな・・・なんて考えてしまいました。

padi-owd-018 padi-owd-019 padi-owd-020

ダイブが終わった後はまたまた座学です。昨日と同じように本気で授業です。しかし眠い、お腹いっぱい、英語の授業と眠くなる要素満載でした。

終了

何とか総て終わらせて頂き、実際には二日で総ての予定を終了です。後は写真と住所などをメールでインストラクターに送付すると1週間程度でライセンスカードが届きます。届いたカードは50周年記念のゴールド仕様でした。またIPHONEにPADIのソフトウェアをインストールするとライセンスも表示されるようになっているので此れも便利です。

padi-owd-050 padi-owd-002

さあ次はアドバンスを狙いたいですね!

地図