成田空港 最速 手続き

成田空港は多くの場合羽田より遠くて面倒だと言われています。しかし方法によっては羽田と同等の時間で飛行機に搭乗する事も可能である事が判明しました。

narita-traial-002

結果

交通機関を降りてから、飛行機の搭乗口までの最速時間に挑戦しました。結果は11分でした。キーワードは以下の内容になります。もう少し以下に記載した部分の効率化を図れば10分を切ることは難しくなさそうです。

チェックイン

事前にすべての手配をInternetもしくは旅行代理店にてお願いしておくことが重要です。座席指定や荷物の取りまとめは家でしておきましょう。今回のトライアルではこの部分で若干の時間のロスが発生しました。隣の座席を使用しないようにブロックをお願いしたのですが、電話で他のコントローラと調整して頂いたために1分ほどのロスが発生です。しかしこの作業は非常に重要で、す。空いている機材なのに何故か隣に人がアサインされる事も多々あるので毎回処理して頂きます。本来なら画面上で処理すれば良いのですが、飛行機の重量配分等のために人的に電話でコントローラと相談しているそうです。もちろんブロックについてはコミットされません。

セキュリティチェック

普通のセキュリティチェックでは10分程度かかってしまいますのでANAのプラチナの出番です。人が居ないプライオリティセキュリティーレーン(詳細は⇒こちら)を使用します。もちろん事前に荷物・ポケットの中が整理されているので、20秒程度で済みます。この時間の多くはPCの取り出しに使用されます。PCが無ければ5秒で終わるでしょう。

出国

普通に出国審査を通過すると空いていても10分程度はかかります。ここでは自動化ゲートウェイ(詳細は⇒こちら)の出番です。これを使用すると30秒で出国手続きが完了いたします。この自動化ゲートは今後増える予定のようです(産経ニュース抜粋)

narita-traial-003

後は搭乗口までトコトコ歩いて行けば完了です!

都内から空港まで

私の自宅から羽田空港までは地下鉄で約1時間です。普通に電車で成田まで行くと2時間かかってしまいます。身軽にするために荷物を先に送るなどするとピックアップの時間が10分程度かかるのでタイムトライアル的には良くありません。そこで!AMEX送迎サービスの出番です(詳細は⇒こちら)。朝7時に家を出ると成田空港には8時に到着します。今まで朝の出発で交通渋滞に巻き込まれた事はありません。運転手様の努力があっての事だとは思います。

総合

朝7時に家を出て、8時11分には搭乗口の前に到着する事ができました。(1時間11分の所要時間です)

narita-traial-001

By | 2017-03-06T08:35:14+00:00 2008/07/21|Categories: Life, travel-Hack|Tags: |Comments Off on 成田空港 最速 手続き