フランク ミュラー 365 ポート オブ ヴァンガード 羽田空港のラウンジ

フランクミュラーは私の好きな時計メーカーの一つです。そんな時計メーカが何故か2017年4月19日に1年限定で羽田空港国内線の第二旅客ターミナルの出発フロアーにカフェを開業しました。さてどのようなサービスなんでしょうか?

結果

行く前はカフェだと思っていましたが、実際には上質な空港のラウンジでした。のんびりと流れる時間は如何にも時計メーカーらしい心遣いです。準備されている食べ物は全般的に濃厚で美味しいです!

情報

4月に羽田空港国内線でのオープンのタイミングをWEBで知って国内線に乗るタイミングで訪問する気持ちを温めておきます。しかし私にとって国内線は搭乗タイミング非常に少ないのでチャンスが来ません。またオープン時間も朝の8時から20時までと広いのですが、私の多くの国内線への登場は朝一番のフライトであり、制限区域前のエリアで楽しむ時間を取ることは難しく延び延びになってしまいました。

そこで逆の発想です!羽田空港に帰ってきたときに寄ることにします。送迎の時間少し後ろに移動すれば、同じANAの到着口からフロアを上がればすぐの場所なので楽しめます。自分でなるほどと思います(笑)

外観

コンラッド大阪での滞在を楽しんだ後に待っていたタイミングが来ました。帰りの便ではちゃんと場所を確認して直ぐに楽しめるようにしておきます。飛行機は定刻に伊丹から羽田空港に到着します。座席は1Kだったのでそのまま先頭で飛行機を降りてダッシュで向かいます。荷物もコンラッド大阪から輸送して頂いたのでピックアップする必要はありません。

セキュリティを出て直ぐに左に曲がりエスカレータを上がると到着です!いや・・・こんなに焦る必要は全くなかったのですが久しぶりにワクワクしてしまいました。

お店の佇まいは流石にフランクミュラーです。上品に仕上がって私にはストライクです。しかし・・フランクミュラーを知らない人が見たら何のお店か分からないでしょうね・・外に出ている茶具でカフェである事は分かるでしょうが・・

ブランドへの拘り

総てがフランクミュラーで揃えられています。机の上にも刻印され、グラスも、壁も奥の座席も総てです。フォークやスプーンそして・・コーヒーのフレッシュ入れまでFMのマークが入っています。

そして部屋の奥にはやはり時計も展示されていました。販売はしていないとの事ですがやはりこれがないと始まらないでしょう。

そんな中で私はオーデマ ピゲの時計を着けていましたが・・

カフェ

中に入ると誰もお客がいません。最初はスタッフもおらず不味い状態かと思いました。ブランド店が良くわからずに店を出して運営が失敗しているのかとまで一瞬思いました。しかし、5秒ほどで中から老練なスタッフが登場します。雰囲気満点のスタッフですね!

彼の案内で店舗の中に案内されます。出されたメニューからモカのコーヒとケーキをお願いします。15分ほどで美味しそうな香りと共に提供されます。しかしチョコケーキが相当に濃厚です。このためにフライト中には何も食べていませんでしたがカロリーが恐ろしい事になりそうです。またアイスも濃厚で美味しいのです・・モカと合わせて頂くと絶品です。もう意を決して総て食べてしまいました・・・ごちそうさまです!

最後のレシートも365と場所が書いてあります。書き方がピア等と最後までイメージを崩さないのは流石です。更にお土産としてフランクミュラーのペットボトルのお水を頂いて記録に着きます。時間に余裕があるタイミングで今度は奥の席に座りたいですね・・

店頭販売

持ち帰りのケーキも多数ありましたが、ちょっと濃厚すぎて持って帰る気にはなりませんでした。家に帰ってまでは無理です・・・

販売されている品々もユニークです。特に「けん玉」は見たことがありません。思わず買おうかと思いましたがゴールドだと20万円と凄い値段です・・流石に踏み切れませんでした(爆)

  • フランクミュラー の日本酒
  • フランクミュラー のグラス
  • フランクミュラー の電話ケース
  • フランクミュラー のブランケット
  • フランクミュラー のけん玉(ブラック・シルバー・ゴールド)
  • フランクミュラー の食器類

地図

 

By | 2017-06-11T17:36:00+00:00 2017/06/11|Categories: Life, watch|Tags: |Comments Off on フランク ミュラー 365 ポート オブ ヴァンガード 羽田空港のラウンジ