ウォルドルフ アストリア 上海 オン ザ バンド 滞在記 ウォルドルフ スイート

上海での重要な会議にはウォルドルフ アストリア 上海 オン ザ バンドを選択です。前回の滞在からそのスタッフのレベルの高さを知り今回は選択しました。部屋は以前から泊まりたかった中国の遺産登録されている建物にある ウォルドルフ スイートです。さてスタッフのレベルは変わらず素晴らしかったのでしょうか?

結果

今回はコンシェルジュの動きが冴えわたります。逆にレストラン側のスタッフはレベルが下がっていた気がします。部屋は年季の入った素晴らしい滞在でしたが、やはりリバービューでないと閉塞感が強いですね。次回こそはWALDORF DELUXE RIVER SUITESを・・・

予約

上海への滞在はかなり前から予定されており色々な選択肢を考えていました。最初はパーク・ハイアットがグランド・ハイアットと思っていましたが、ANAのダイヤモンドから頂いたヒルトン・ダイヤモンドの資格と、素晴らしい過去の滞在の記憶から中国人のお客様であっても安心して任せられると判断してWA上海に決定しました。

予約はAMEXでは無く直接WAのスマートフォンのアプリケーションから予約しておきます。ヒルトンのスタッフからは直接の予約が最もアップグレードや特典を出しやすいので・・との事だったので試してみました。しかし細かい依頼はAMEXに比べるとやはり通りにくいです。今回はダイヤモンドだったので良かったのですが普通の会員資格ならAMEXのFHRを利用して依頼をしたほうが楽でサービスも良いでしょう。またチェックインもダイヤモンドでも15時になってしまいます。FHRは12時チェックインなのでやはりFHRを併用したほうが良いですね。

ウォルドルフ アストリア上海には大きく分けて二つのカテゴリ/建物があります。今回はウォルドルフ アストリア クラブのヘリテージの滞在を狙いウォルドルフ スイートで予約を入れておきます。

  • 左)ウォルドルフ アストリア タワー 新しくできた高層階の建物
  • 右)ウォルドルフ アストリア クラブ 100年以上前の建物

チェックイン

上海に入って他のホテルでの滞在を経由してからタクシーで移動してチェックインします。例によって分かりにくい場所にあるのですが今回のタクシードライバーは一発で到着します。素晴らしい!

車寄せに着くと直ぐにドアマンが荷物をタクシーから引き揚げてチェックインに向かいます。レセプションでパスポートを出すと後ろにある予約の束からゴソゴソと私の予約を出して挨拶を頂きました。ベネフィットの説明を受けますが、今回は部屋のアップグレードは無理だったとの事を伝えられます。実はリバービューへのアップグレードをかなり期待していたのですが、やはり普通は出ませんね・・・借金君の「くう・ねる・あそぶ」の滞在はかなり特別な例ですね!

チェックインが終わるとバトラーに代わり部屋に案内して頂きます。部屋に入ると色々とお願いすることがあったのでお願いしますが、途中でバトラーが居なくなり戻ってこなくなります・・代わりにコンシェルジュから電話が来ます。そういえば今回のバトラーは部屋の説明もなく色々とNGでしたね。

コンシェルジュ

バトラーはダメでしたが、代わりにコンシェルジュが抜群の動きをします。合流する方のフライトが4時間遅れてキャンセル・便の変更をフォローして虹橋空港までのベンツをアレンジいただきます。私も空港でお出迎えする事としました。それ以外もお客様の要望も全部簡単に聞き入れてくれて、全てにフルアテンドです。これにはお客様も感服されていました。

必要な物品突然の追加・予約していた食事を急遽切り替えたりと・・時間がない中で総て対応して頂き本当に感謝してもしきれないぐらいでした。中国のホテルのスタッフのレベルが上がってきているのは分かりますが、このレベルは簡単に到達できるレベルではありません。本当に素晴らしい!

部屋

今回の部屋は3階の302号室です。玄関、リビング、ベッドルーム兼書斎、バスルームそしてウオークインクローゼットのスイート構成です。バスルームの広さはリビングと同等でシャワーとお風呂はのんびりとできました。ただし景色は何もありません・・・

玄関

重厚な扉を開けると玄関のエリアになります。左に向かうとリビング、右手には来客用のお手洗いがあります。右手の奥にはウオークインクローゼットがありぐるりと部屋を一周できるように作られています。ディフューザーと中国らしい絵が整って置かれています。

ココにはお客様用のお手洗いも完備されています。シンクもある本格仕様です。

リビング

入ると意外と狭く感じます。理由は大きなソファーと机が部屋を大きく占めているからです。このソファーの造りはなかなか痺れます。今は使われていませんが部屋の角には暖炉と思われる位置が囲まれています。

 

シャンデリアと言い全体的に手間がかかっています。部屋に入ると左手には何か紐があります。しかしこれは一体何なのか・・最後まで分かりませんでした。

テーブルの上にはしばらくするとWelcome系の品々が届きます。フルーツ、ケーキ、マカロン、チョコ、キャンディ、ターンダウン後にはハムまで届いていました。机の上が一杯で最後はテレビ台の上にまで置くことになりました。実はこれほど届くのを予定しておらず昼食代わりに下のSALON DE VILLEでアフタヌーンティを頂き、残ったプレートを届けて頂いたので部屋の中は食べ物で溢れかえってしまいました。しかもほとんど食べずに・・勿体なかったですが、お客様に渡すわけにもいかず諦めました・・

ソファーの前面にはテレビがあります。音響設備もバッチリ入っているので楽しみたかったのですが時間はありません。テレビの下には冷蔵庫があります。冷蔵庫の中は少なめですが外してはいません。お酒やグラスそしてスナック類もかなり備えられています。しかし食べることは今回はありませんでした。部屋に食べ物が溢れかえっているので・・・

リビングとベッドルームの境目にコーヒーメーカやカップそしてケルト類が準備されています。この造りはもう痺れるとしか言いようがありません。

ちなみにこの家具と壁の間にリビングのエアコンのコントローラがあります。しかし隙間が狭すぎて私は気が付かず・・・集中コントロールされていると思い込んでACの効きが悪いとエンジニアを呼んで対応して頂いたら、ここのコントローラの温度が低いと言われました。「これは気が付きませんよ」と言ったら「バトラーが説明しているはず」との事でした。いや・・肝心のバトラーは部屋から直ぐに私の部屋から退散したのですが(笑)

ベッドルーム

憧れのベッドはコレです!天盤付です。私にとって、あると何か良い事がある訳ではないのですが滅多にできない経験なので有りです。ベッドの位置はかなり高く、少し飛び上がるような感じで上に乗る事になります。しかしこのマットレスは絶品です!硬すぎず柔らかすぎずでも深みのある寝心地で気持ちよく寝れました。そういえば、今回はリネンにWAのマークはありませんでした。真っ白なシーツがピッシーと見事に張られています。

ベッドの向かいにもテレビはありますが、基本はバタンキューだったので一切見ませんでした。

枕元には集中コントロール用のパッドがあります。しかしこれは寝室用のコントローラなので注意が必要です。言語も多言語に設定できて直感で触れるのは良いですね。

ベッドルームの離れ側が書斎になっています。此方には書斎机があり、PCを使ったりするには此方が良いですね。もちろんテレビも此方にあります。しかし窓からの隙間風が・・・かなりあります。100年以上前の窓を修復しながら使っているとの事なので仕方がないのですが12月は隙間風が体に厳しかったです。

またベランダに出れると思い込んでいましたが、外に出ることはできないようになっていました。どちらにしもて隣のビルしか見えないのが残念な部屋でした。やはり次回はリバービュー!

 

バスルーム

一番よかったのは床暖房がある事です。シャワーやバスタブから出て大理石のひんやりした冷たさよりはホンノリと暖かい床暖房は嬉しい心遣いです。

バスタブも猫足の使用です。男一人よりはカップルで来ると喜ばれるでしょうね!バスタオルなどのWAのマークは必ずこちらを向いて綺麗に並べられています。真っ白なイメージの大理石のバスルームに映えています。

シンクは勿論二つあります。水の出方も少しゆっくりと出るように工夫されている蛇口です。鏡にはテレビが埋め込まれているので湯船からテレビを見ようと思えば可能です。アメニティはフェラガモで統一されています。フェラガモは私は苦手なので自分の持ってきたシャンプーやコンディショナーを使います。

バスルームにはお手洗いも準備されています。この木でできた便座は冷たくないので私好みです。ただし手入れが大変だと思います。残念ながらウオッシュレットではありません。タワー側はウオッシュレットだったので少し残念ですね。

 

シャワーはレインシャワーとハンドシャワーの二つが当然あります。湯量は強いのですが、ハンドシャワーを使っているとレインシャワー側から冷たい水が落ちてくるので少し困りました。水量が強すぎるのでしょうか?

部屋の角には化粧台が準備されています。この3面鏡なら女性は大満足でしょう。

ウオークインクローゼット

バスルームと入り口をつなぐのがウオークスルーのクローゼットです。バスローブやセキュリティボックス、シューキーパーそして厚手のスリッパです。本当は持って帰りたかったぐらいです。

SALON DE VILLE

昼食を食べる時間が無かったので同じ建物の下にあるSALON DE VILLEでアフタヌーンティを頂きます。飛び込みで入ったので入り口の見晴らしも良くない位置でした。密かに同じクラブ側にあるので例の古いエレベータに乗りたかったのですが今回はNGとの事でした。場合によっては動いていると言われていましたが・・見たことがありません。

12月末の滞在ではまだクリスマスデコレーションでしたね!

地図

By | 2017-06-19T20:28:46+00:00 2017/01/02|Categories: Hilton, Hotel|Tags: |Comments Off on ウォルドルフ アストリア 上海 オン ザ バンド 滞在記 ウォルドルフ スイート