ザ・フレット ハウス 香港 リド スイート宿泊記

香港の老舗のホテルは殆ど宿泊したつもりですが重要なホテルを忘れていました。The Hulet Houseカオルーン側 にありInternationalCommerceCentreの麓にある穴場的なこのホテルはどのように楽しめたのでしょうか?

thh-lido-001

結果

再開発されている エリアの中にありながら新しさと古さが調和した素晴らしい宿泊でした。 部屋によって作りが違うので リピートしたいホテルでもあります。

予約

インターネットを見ながら何気なく参考にさせて頂いているページを見たていたら今まで目にとめた事のないホテルが出ています。しかもエリア的には新しくなっているカオルーンの真ん中なのにオールド 香港の雰囲気です。部屋の階数も5階しかないと書いてあります。

早速、インターネットで詳細を確認し泊まりたい部屋をLIDO スイートに決めてAMEXに電話です。もちろん出張に絡めての宿泊なので日程は多少後ろにずれました。(注:2017年10月現在ではハーバープラザ ブランドと統合されて部屋の名前も大きく変わっています。

到着

少し小雨が降る中での香港到着でした。空港のミートポイントでキャッチして頂くように頑張りましたが・・・どこにもドライバーがおりません。ホテルに電話しても居ると言われますが、ボードを何回見ても居ませんでした。出口が二つあるので両方を見ましたが居ません。諦めてホテルに電話してドライバーの番号を聞いて私から電話します。すると・・・お見えにはなりました・・しかしボードには普通の細いボールペンで私の名前が書いてあるようなのですが見えません。相手から見てどうなっているか全く考えないタイプの運転手でしたね・・

thh-lido-040 thh-lido-026

車に乗ってからも自分の事を話しており、正直疲れたドライブでした。そんなこんなで30分ほどでホテルに到着しますが最初は場所が分かりませんでした。この近辺は結構歩いているので知っているつもりでしたが・・しかし良く見ると壁に大きくHULET HOUSEと記載されています。なるほど、道に車を停めて狭い場所からホテルに入っていきます。普通には分からないですね!

チェックイン

建物の中に入りますが、とても古い建物を改築してできている事が直ぐに分かります。エレベータをのぼり少し歩いた場所にレセプションがあります。部屋は準備されていたので、チェックインの手続きを終えてすぐに案内して頂けました。

thh-lido-002 thh-lido-021

このレセプションもそうですが古く味のある建物です。こんな近未来の建物に囲まれているレトロなほぼ平屋建てのホテルという組み合わせが何とも言えない味をだしているのです。これが良い意味での時間が経った歴史ある建物ですね。実際に話を聞くと元々は香港の水上警察で建設は1881年と100年以上過ぎており、それをホテルとして2010年に改装したそうです。なるべく昔の素材を生かしながら気を付けて作ったそうです。

thh-lido-018 thh-lido-023

部屋に上がる前に軽くツアーをして頂きレストランなどの話も聞けたので、そのまま夜の食事を予約します。やはりここならオールド 中華を食べたくなりますね!

thh-lido-024

部屋

部屋はホテルの2Fにあります。といってもGrand / Mezzanin / Garden / Hotel 1F / Hotel 2Fの構成なのである意味最上階です。部屋の構成は部屋の名前がLIDO SUITEと言ってもリビング兼ベッドルームとバスルームのシンプル構成です。

リビング

入口を入ると玄関のエリアがしっかりと存在します。玄関にもシャンデリアがあり雰囲気を高めてくれます。

thh-lido-003 thh-lido-004

部屋に入ると左手の壁側に机があります。あまり長時間座って仕事をするには向かない感じでした。机の前には大きな書があります。実はこれを開けると中から液晶のテレビが出てきます。最初は気が付かずにオールド香港を楽しむ為のテレビの無いホテルだと思いました。後でスタッフに聞いたら扉を開けてと言うのでなるほどと思いました。

thh-lido-008 thh-lido-038

窓際には別の机といすがありWelcomeフルーツがシンプルにあります。HULET HOUSEらしい選択だと感じる内容です。窓は開けて外のテラスに出ることができます。出ると何時もの人混みの香港がそこに見えます。これが無ければ全く別の場所にいるとしか思えない作りです。香港に慣れてきて何時もと違う宿泊を楽しみたい人にはお勧めです。香港に来て初めての人だと逆に物足りないと感じると思います。

thh-lido-015 thh-lido-017

ベッドも大きくゆっくりと十分に寝ることができました。やはりベッドが良いところが私は好きです。枕元には時計と電灯のリモコンがあります。これは最近増えてきましたが寝る時にあると便利だと思います。

thh-lido-005 thh-lido-006 thh-lido-007

入って右側の壁がクローゼットになっています。壁前面が収納になっているので大きさも十分です。雨が降っていたので、こちらにある傘を借りて移動する事になりました。更にその隣がミニバーになっており通常のセットが揃えられています。

thh-lido-019 thh-lido-039

バスルーム

さてこの部屋一番の見どころはお風呂です!この金の床を見てしまうと感じるものがあります。普通だといやらしい感じの作りになるのですが、この暗く落ち着いたへやにある金のバスルームは意外にもマッチします。落ち着いて暗すぎるぐらいのリビングと光が下から反射するバスルーム良いです!

thh-lido-009

この部屋は角部屋になっているのでバスルームでも光が入ってきます。その気になれば窓を開けて外と繋げた感じでお風呂を楽しむこともできますが、今回は雨なので断念します。このバスタブもため息が出るほどです。そしてバスタオルの使い方や心遣いもビリビリくると思いませんか?

thh-lido-010 thh-lido-011

シャワールームも勿論ありますが、この床も金色です。むしろ部屋との境が明確でないのが特徴です。

thh-lido-013 thh-lido-014

シンクはシングルですが凝ったこの作りは悪くありません。アメニティはアロマセラピーで揃えられています。シンクにあるシャンプーやリンス等をシャワーに持ち込んで使います。

thh-lido-012

写真は撮り忘れましたがトイレも同じく金色と生える色合いとデザインでした。是非に直接見て下さい!

晩御飯

折角なのでホテルの中で中華料理を頂きました。その名もloong toh yuenです。もちろん中華でホテルお勧めのレストランです。量は食べたくなかったので質を重視したセレクションを頂きました。最初にまずはウーロン茶を頼みます。これは食事中は何回でもお湯を追加して頂けます。飲み方は中華式なのでお茶の葉をうまく避けながら飲んでください。

thh-lido-027 thh-lido-028

アワビから始まり海鮮のスープなど贅沢な一品ばかり頂きます。最後はツバメの巣のスープで締めて大満足の食事となりました。

thh-lido-029 thh-lido-031 thh-lido-032 thh-lido-033

私が食べている間にお客さんは日本人の親子が一組しかきていませんでした。殆ど貸切状態だったのでスタッフのサービスやタイミングは完璧です。

thh-lido-034 thh-lido-035 thh-lido-037

食事が終わるとちょうど夕暮れに香港が下りてきていたようです。

地図

By | 2017-10-15T10:17:50+00:00 2013/10/21|Categories: Grourmet, Hotel, Life|Tags: |Comments Off on ザ・フレット ハウス 香港 リド スイート宿泊記