京都 ザ・スクリーン 宿泊記

京都で雰囲気の違う宿泊を楽しむのであればザ・スクリーンは悪い選択ではありません。個性豊かな部屋はどのような宿泊だったのでしょうか?

the-screen-304-021

結果

選んだ部屋はSatoru Tanakaデザインの 304 号室です。 かなりエッジの効いた痺れる宿泊を京都で楽しめました。

予約

京都に行くことが決められてから少し経ってからホテルを予約したため少し後手になりましたが、今回もAMEXに手配を総てお任せしました。京都の見学のために車の手配や移動も込みで総てお任せの依頼となりました。今回は京都のTHE SCREENに・・・

チェックイン

京都に着いたのが夕方になりホテルへのチェックインは20時を過ぎていました。ホテルの前まで来たときには既に普通の京都のホテルとは違う事を認識できました。

the-screen-304-019 the-screen-304-018

チェックインしながら周りを見るとラウンジの燦々が気になります。この斬新なランプの遣い方は活けていると思います。

部屋

部屋に案内されて入ると覚悟はしていましたが・・・相当にエッジが効いています。天井から床まで真っ黒です。その中で一部の物体が緑だったり白だったりと・・痺れますね。動画で見ると酔いそうなぐらいです。

部屋の構成は一段上がったベッドルームとリビングのスイート構成です。扉を開けて入ると目の前に何故か白い椅子が目につきます。そして足元には黒い加湿器も完備されています。

the-screen-304-004 the-screen-304-002

リビングルーム

ソファーとその前にある大きなテーブルが目に入りますが、それ以上に総て黒・・・インパクトがありすぎます。またランプの光の使い方が凄いです。

the-screen-304-008 the-screen-304-003

ソファーの向かいにはテレビとセキュリティボックスそしてミニバーが準備されています。ミニバーの中身は悪くありません。コーヒーとお菓子も準備されていますので基本は外されていません。

the-screen-304-012 the-screen-304-011

the-screen-304-010 the-screen-304-009

一応書斎机もありますが、この雰囲気ですから落ち着いて仕事をする気には私はなれませんでした。

the-screen-304-012

ベッドルーム

ベッドルームはとても快適です。デザインも悪くありません。もちろん枕元に電話機や時計などの備品も完備されています。

the-screen-304-001

the-screen-304-016 the-screen-304-014

お風呂

かなり大きなジャグジー付の湯船とシャワーでのんびりと過ごす事ができます。この動線は非常に考えられています。シンクは一つですが十分な広さです。もちろんアメニティも充実です。

the-screen-304-017 the-screen-304-013

the-screen-304-007 the-screen-304-006 the-screen-304-005

朝ごはん

朝ごはんにはルームサービスで和食をお願いしましたが、素晴らしい出来栄えです。しかし部屋が総て黒なのでなんとなく落ち着かないのは私だけでしょうか?次回は和をベースとした他の部屋を試してみたいですね。

the-screen-304-020

 地図

By | 2017-01-13T23:36:21+00:00 2015/02/22|Categories: Hotel, LUXURY|Tags: |2 Comments

2 Comments

  1. Bon 2015/02/23 at 12:36

    全部黒とはエッジ効きまくりですね。
    私はこちらの103号室を2年ほど前に利用しました。
    明り取り以外の窓がなく引きこもって思案に耽るには良いかなと。。
    ジャグジーはお泊りのお部屋と同様大きくて快適でした。

    京都もこれから新規ホテルのオープンが目白押しですから楽しみですね!

  2. yamanaka 2015/02/24 at 00:29

    BONさん

    こんばんは!やはりエッジ効いてますか。102号室だと和の雰囲気でもう少しは明るいと思っていましたが思案に耽るには最適の部屋なのですね。次回はこちらかと思っておりましたので参考になりました。

    と言いつつ良いホテルが京都は更に色々とできそうなので暫くは再訪は無いと思います。

    今後も楽しいホテルライフをお過ごしください。

    ではまた!

Comments are closed.