ザ・レストラン by アマン

アマン東京の開業での楽しみは宿泊だけではありません。レストランの食事も楽しみの一つです。さてその内容はどうだったのでしょうか?

the-restrant-by-aman-017

結果

開業当時にオープンしているのはザ・レストランByアマンとザ・ラウンジbyアマンそしてバーになります。それぞれが非常にハイレベルな内容で且つアマンの志を確りと持ったスタッフに楽しませて頂きました。

予約

ホテルのチェックイン時に今回は予約をお願いしましたが、外部から電話にて予約する事も可能です。ただし暫くはソフトオープンなので予約を受ける数もかなり絞っての提供になると想定されます。

ザ・レストラン By アマン

メインのレストランがザ・レストラン by アマンになります。カテゴリーは非常に難しいのですが見た目は洋風ですが、和のテーストを練りこんだ食事になります。たとえば昆布の出汁が効いている料理の演出等は正にアマン東京を示した逸品になると思います。

the-restrant-by-aman-003 the-restrant-by-aman-004 the-restrant-by-aman-005

レストランはレセプションフロアにありますが、天井の高さは二階建て分があります。理由としてはプレイベートルームとワインセラーの半分が上層部に来ているからです。ワインセラーの中も案内して頂き色々な薀蓄についてお話しいただきました。

the-restrant-by-aman-008

今回、私が頂いたのはシンプルなサラダと肉になります。細かく書くと「鹿児島県産黒毛和牛フィレ肉のロッシーニ風フォワグラのポワレと大根のブレゼ」になります。何時もの事ですが私はメニューをあまり見ずにスタッフに食べたい物を相談します。コースは多すぎるのでNGとして・・・と言う具合です。しかも今回も私の好きな「ブラック&ブルー」で焼いて頂くことをお願いします。オーダーを取っているスタッフは知らなかったようですが、シェフはちゃんと解って頂けたので良かったです。

the-restrant-by-aman-009 the-restrant-by-aman-010 the-restrant-by-aman-011

さて肝心の料理ですが、先ずはパンからです。これはあまり食べないようにしているのですがオリーブオイル、無塩バーターそして塩の組み合わせにノックダウンです。いきなり行けているパンが出てきました。

the-restrant-by-aman-012

サラダに関してもあまり期待はしていませんでしたが、普通のサラダとは違い野菜の素の味を楽しみながら魚とアンチョビそして卵を味わう作りです。凄い作りで美味しくいただきました。単純なサラダだと思って食べると、違うと思うかもしれませんね・・

the-restrant-by-aman-013

さて肝心の肉ですが・・・これが凄い!ソースと絡んでいるので最初は想定通りに焼きあがっているのか分かりませんでしたが、一口食べてなるほどと思いました。このレベルで肉を焼けるシェフには本当は挨拶したいぐらいでした。相当の火力を上手く使わないとこのように行きません。先日のグランドハイアット香港のキッチンとは少し方向は違いますが大満足の逸品でした。もちろん周りのトリュフそして間に挟まれたフォワグラとの連携もまずまずの出来栄えでした。個人的には肉単体で十分な味でした。

バー

食事を頂いた後の楽しみはバーです。私はお酒は飲みませんが今回はシガーを楽しみます。このシガールームもしっかりと作られており並んでいる葉巻を見るだけで興奮します。

the-restrant-by-aman-014 the-restrant-by-aman-015 the-restrant-by-aman-016

私はまだまだ初心者なのでバーのシガー担当のスタッフと色々と相談したうえで決めました。今回はパンチで穴を開けてシダー片の香りと共に点火します。色々な葉巻について担当の方は教えて頂き頭と感覚の両方で一時間ほど楽しませて頂きました。合わせる飲み物もお任せでお願いしてソフトドリンクですが甘くスッキリそして和のテーストを取り入れた私専用のカクテルを作って頂きました。彼は今まではアマンで働いたことは無いと言われていましたが、アマンの気持ちは十分に持っており嬉しかったです!

the-restrant-by-aman-001 the-restrant-by-aman-002

地図

食べログ
ザ・レストラン by アマン洋食・欧風料理(その他) / 大手町駅東京駅二重橋前駅

夜総合点★★★★ 4.0

By | 2017-03-21T01:42:55+00:00 2014/12/25|Categories: AMAN, Grourmet, Hotel, Life|Tags: |7 Comments

7 Comments

  1. キテイジェット 2014/12/25 at 23:18

    うむ・・・yamanaka様がこれだけ賞賛されるとは・・・
    嬉しいような困ったような・・・私は、「アマンヴァージンは卒業しても、アマン・ジャンキーにだけはなるまい!」と思っているのですが・・・・
    yamanaka様のレポートや、アマン東京の料飲部門へ問合せをした時の、彼女等の“正直&誠実すぎる対応”に、「アマン東京って、良いホテルなんだろうなあ・・」と今から心配です、危ない危ない。
     客室料金も、レストランのお料理の値段設定も・・・むしろ良心的ですよね(私には高いですが)。
    (某六本木のRCホテルの開業時の料飲のフザケタ価格設定とは大違い!)

    アマンには泊まったことが無い私ですが・・、アマン東京の料飲のマネージャーさんが、以前、都内のホテルで私たち家族に良くして下さっていた方です(彼には悪いと思って、まだ、コンタクトは取ってませんが)。 彼の人柄と、(皆さんから聞く)アマンの奉仕精神は、一致するような気がします。“彼がマネージャーになるようなホテルなんだから・・そりゃ、良いホテルでしょ”と勝手に期待しています。

  2. yamanaka 2014/12/26 at 19:01

    キテイジェットさん

    既にアマンジャンキーの素質十分なので一度ファンになると抜けれなくなるかもしれませんね!

    また東京の料金設定は他のアマンから見ると御得な料金なので海外の友人が来た時にお勧めできるのがうれしいです。

    アマンの良さはスタッフが8割だと思いますので「良いホテルでしょ」となるのもうなずけます。唯一心配なのはこれから人を多く受け入れるテストを開始されると思うのですが、このコントロールが成功すればいいなと願うだけです。多くなると個の良さが出にくくなるのが・・・勝手な心配なのですが(笑)

    先ずは元旦の宿泊をお楽しみください!

    では

  3. キテイジェット 2015/01/04 at 21:13

    “このレベルで肉を焼けるシェフには本当は挨拶したいぐらいでした。相当の火力を上手く使わないとこのように行きません。”

     2日目の夜に、(前日のお節朝食、美味し過ぎるパンを食べすぎた夕食・・の影響で、全くお腹が空かず)「サッパリした物が食べたい」と思い、鮮魚のグリルを頂いた際に、「!」と思いました。
    勿論、前日の朝食以降、口にするもの全て(お部屋のカステラ、干し柿、チョコ、ポン菓子、あられ・・に至るまで)が美味しかったのです。
     しかし、2日目の夜の「鮮魚(鯛)のグリル」で、トドメを刺されました、yamanaka様の言われていた意味が、分りました。
    (あくまでも我家の意見ですが)お肉や赤身の魚以上に、白身の魚のグリルって、「美味い不味い」の差が顕著で、下手な焼き方だと、生臭かったり、パサパサで気持ちが悪くなる・・・のですが、ここのは「完璧」でした。
     適度な焦げ目そのものが、見事な味になっていたので、(トマトサルサ、レモン、ピンクソルトが別に添えられていましたが)何も付けずに、猫の如く魚にかぶりついてしまいました。

    元マンダリンオリエンタル東京の山本シェフが経営されているレストラン運営・コンサルテイング会社が、料飲全般のコンサルテイングをしている。また、アマン東京のコックさんもMO東京出身者が大半とのことでした。
    (すみません、yamanaka様には「釈迦に説法」なお話ばかりだったかと・・) 

  4. yamanaka 2015/01/08 at 01:32

    キテイジェットさん

    こんばんは!情報ありがとうございました。

    昨晩再訪してアフタヌーンティー、スパ、プール、食事、シガーと8時間程度友人達と過ごしました。食事はもちろん鮮魚も頂きました。同じく「鯛のグリル」を注文し私もトドメを指されました。

    ダイニング側のスタッフの事はあまり存じ上げませんでしたが、シガーを楽しんでいるときにシェフが挨拶に来ていただき、簡単にお話を伺いました。

    アマン東京はこれからが大変なところですが、このまま行ってほしいですね!

    ではまた

  5. キテイジェット 2015/01/08 at 08:22

    8時間のみでスパッとスパでリフレッシュ!?
    出来る男の過し方って感じですね。
    (ホテルステイが「日常の手段」じゃなくて「お祭」な我家とは大違い・・・)
    ん?それとも、「会員」になられたのかしら?

    料理人さんも“この人が、MRブラック&ブルーか・・”と興味深々だったのでは?

    では!(この投稿には、必要が無ければお返事は不要ですよ。いつもありがとうございます)

  6. キテイジェット 2015/01/08 at 09:32

    すみません・・先の投稿への追記です。
    “「会員」になられたのかしら”とは、「フィットネスクラブの・・・」と言う意味です。

  7. yamanaka 2015/01/08 at 22:56

    キテイジェットさん

    こんばんは!友人達と過ごした8時間はリフレッシュできました。また大手町とは思えない雰囲気の中で気持ちを切り替えれたというのもあると思います。

    フィットネスクラブの会員は私は殆ど運動しないので勿体なくて入れません。たしかⅩ00万円の入会金だと思います。これならアマン東京のアマンスイートに30回宿泊する方を選びますね(笑)

    料理長の方とは少しだけお話しさせて頂きましたが・・なかなか楽しいお話でした。

    ではまた

Comments are closed.