ザ・ペニンシュラ 北京 クラブ・グランド・デラックス 宿泊記

北京での宿泊でザ・ペニンシュラ ホテルを試さない理由がありません。まだ冬の寒い時期でしたが他と同じ暖かい宿泊を楽しみ事が出来たのでしょうか?

the-peninsula-beijing-cgd-028

結果

本当に最近の中国のホテルは良くなりました。 特にザ ペニンシュラ 北京 は素晴らしい部屋と御持て成しで十分楽しませて頂きました。

予約

今回の北京滞在の後はドバイへの移動です。 フライトも含めて毎度の事ながらAMEXにまとめてお願いします。今回は最初からペニンシュラ 北京に泊まることを決めていたので簡単です。 部屋タイプは何でも良かったのですが打ち合わせを実施するためクラブ フロアへのアクセスがあるクラブ・グランド・デラックスに宿泊する事としました。 話を聞いていると色々なエクスペリエンスもあるようですが、寒い時期であるのと、長い時間は取れないので今回は諦めました。 替わりにスパの時間だけ予約しておきました。

送迎

北京国際空港では何時ものVIPサービスで空港を直ぐに出るように手配を済ませておきます。これもAMEXからホテルを経由してお願いしておきます。スタッフの案内についていくと何時もの出口にPENの車が待ってくれています。 車はBMWの7シリーズでフル装備で懐かしい車載電話まで付いています。 後部座席もフルコントロールで約一時間のドライブものんびりとゆっくりと過ごしました。

the-peninsula-beijing-cgd-001 the-peninsula-beijing-cgd-002

到着

入り口からして既に雰囲気が違います。 私は個人的にはこの入り口は大好きです。 ホテル内に入ってもやはり色々と楽しめます。 香港でもおなじみの狛犬?のオブジェはこちらでも健在です。

the-peninsula-beijing-cgd-029

the-peninsula-beijing-cgd-026 the-peninsula-beijing-cgd-027

チェックインは部屋での手続きとなり全く待つことなく終了です。 おかげさまで直ぐにクラブラウンジに移動して会議に入ることが出来ました。

the-peninsula-beijing-cgd-023 the-peninsula-beijing-cgd-024 the-peninsula-beijing-cgd-025

クラブラウンジ

ラウンジでは他のメンバーが既に集まってアフタヌーンティーを楽しんでいたので私も合流して頼みます。 何故か話は「ハイティー」と「アフタヌーンティー」の違いになりました。 色々な説が出ましたが後からインターネットで調べると「アフタヌーンティー」は15時過ぎに頂く軽食+紅茶、「ハイティー」は更に遅い時間にほぼ食事となる内容だそうです。 歴史的な背景なども色々あるようですが大まかな違いは理解できました。私も今まで良くは理解せずに使用していたので反省です・・・

the-peninsula-beijing-cgd-067

the-peninsula-beijing-cgd-064 the-peninsula-beijing-cgd-065 the-peninsula-beijing-cgd-066

部屋

会議も終わり日が暮れてから漸く部屋に戻ることが出来ました。 部屋はリビングとバスルームのみと、かなり小いのですが機能的には総てを満たしているといっても過言ではありません。流石にザ・ペニンシュラです。

バスルーム

入り口から直ぐに左手がバスルームになります。バスルームを入ると先ずはシャワールームがありその先にバスタブがあります。この広さなのにちゃんと分離されているのです!バスタブも大理石で囲われており非常に良い雰囲気の中でお風呂を楽しめました。 湯量はもちろん言う事無の素晴らしいレベルです。

the-peninsula-beijing-cgd-012

お風呂の湯船の隣には電話が入った場合の取り次ぎと、TVまたはラジオの音を流すためのコントローラーが入ります。本当に気が利いていますね!

the-peninsula-beijing-cgd-009 the-peninsula-beijing-cgd-020 the-peninsula-beijing-cgd-007

振り向いた位置にシンクがあります。 アメニティもペニンシュラの何時ものシリーズで統一されております。シンクの奥がトイレになっています。 流石にウオッシュレットではありませんが、やはり大理石の使い方が上手いと思わせる作りです。

the-peninsula-beijing-cgd-011 the-peninsula-beijing-cgd-010 the-peninsula-beijing-cgd-008

リビング

入り口の通路にはスーツケースを置く場所が機能的に配置されています。 同じくクローゼットも埋め込まれていますが、これも完璧な構成です。 よくこの広さの中に総てをストレス無く詰め込んだと感心します。 クローゼットの中にはセキュリティボックスが準備されていますがこれもかなり大型の物が準備されています。

the-peninsula-beijing-cgd-003 the-peninsula-beijing-cgd-022 the-peninsula-beijing-cgd-021

中に入ると右手に薄型のテレビとチェストがあります。 チェストの上には私の大好きなフルーツが並んでいるので少し後で頂きました。 チェストの中にはDVDプレイヤーやCD等が右側に入っています。 最初は気が付かなかったのですが、この段の一番上にスナックが収容されていました。

the-peninsula-beijing-cgd-015 the-peninsula-beijing-cgd-014 the-peninsula-beijing-cgd-035

the-peninsula-beijing-cgd-034 the-peninsula-beijing-cgd-016

窓の傍には書斎机があります。電源のコンセントもユニバーサルのタイプを使っているので日本から持ってきたアダプターがそのまま使用できます。ただし200Vなので注意してください。

the-peninsula-beijing-cgd-018

引き出しを開けると中には文具が入っています。更に下がファクシミリです。これは私個人に番号が割り振られて使用する事ができる良いアイデアです。ただし今時にFAXの利用と言われてもピンとは来ませんでした。

the-peninsula-beijing-cgd-031 the-peninsula-beijing-cgd-030 the-peninsula-beijing-cgd-032

ベッドも素晴らしくゆっくりと寝ることができました。枕元のセットも素晴らしいと思います。 オーディオ、エアコン、時計などのコントロールが完璧に行えます。

the-peninsula-beijing-cgd-013 the-peninsula-beijing-cgd-017

そういえば壁に付いているスイッチでは外の温度を見ることができます。これは上海と同じですね!

the-peninsula-beijing-cgd-006 the-peninsula-beijing-cgd-005 the-peninsula-beijing-cgd-019

窓を開けるとホテルの入り口が見えます。しかしやはり窓ガラスは汚いですね・・・仕方ないのですが・・・

ルームサービス

夜をすっかり食べ損ね、深夜にお腹が減ったので少しだけルームサービスで頂きました。日本で食べるのとほぼ同じレベルのイタリアンを頂けましたので大満足の食事でした。内容はオレンジジュース、シーザサラダ、ホットアンドサワースープそしてカルボナーラでした!

the-peninsula-beijing-cgd-033

朝食

朝食はホテルの中にあるJINGで頂きます。 何時ものオムレツ等も頂きますが、今回はワンタン麺を美味しく頂きました。

the-peninsula-beijing-cgd-062 the-peninsula-beijing-cgd-063 the-peninsula-beijing-cgd-061

地図

By | 2017-03-21T01:55:05+00:00 2014/08/24|Categories: Hotel, The Peninsula|Tags: |5 Comments

5 Comments

  1. 龍心 2014/08/27 at 10:18

    王府の記事、うれしく拝見しました。一昨日のお昼まで滞在していました。クラブフロアのスタッフとは20年来の付き合いです。いつも13階の一番南側の部屋が好きなので、そこに住まわせていただいております。王府の空港ピックアップは、機内からブリッジを出たところで即時送迎が始まるといううれしいサービスなんですよ!王府のエントランスではスタッフがそろって挨拶に並び、その後はルームチェックイン、また簡単な食事もすぐに運ばれてきます。yamanakaさんはすでにご存知かもしれませんが来年1月から一年にわたって、クラブフロアは全面改装に入ります。現行のアコモデーションもすきなのですが、まあ、その間は、一般フロアでお願いしますね、とクラブマネージャーはおっしゃっておりました。北京で王府といえば、タクシー運転手も即時直行してくれます。スイートの水回り、特にお風呂は本当に好きな空間です。テレビを見ながらゆっくりすると、いつも時間多くお風呂に入ってしまいます。今は、香港君悦、グランドハイアットに滞在しております。新装開店したクラブレベルのスイートはびっくりするくらいすばらしい空間に生まれ変わりました。バスタブが大きくなって、部屋からもビクトリア湾が堪能できます。クラブフロアスタッフもすれ違うたびに名前でよんでいただけるので(yamanakaさんには及びませんが)気持ちの上で安心感が違いますよね。

  2. yamanaka 2014/08/28 at 23:26

    龍心様

    こんばんは!何時も素晴らしい経験の情報をありがとうございます。

    来年一月からのクラブフロアの全面改装のお話は時期までは知りませんでした。また新しくなるクラブフロアが楽しみですね!

    また香港のグランドハイアットは改装後はまだお伺いしていなかったので、今回の情報でかなり楽しみになりました。次回の香港はグランドハイアットですね(#^.^#) きっと素晴らしい滞在が待っていそうです。

    ちなみに本日から北京に私は入りパークハイアット北京に宿泊しております。こちらのスイートも痺れる良い部屋です。ただしタクシーの運転手は殆ど知らないので毎回揉めています(笑)

    引き続きの移動 大変だとは思いますが楽しまれてください。

    以上です

  3. 龍心 2014/08/29 at 10:05

    yamanaka様

    貴重なコメント、洵にありがとうございます。北京でも柏悦に滞在されているようですね。それも「また楽しからずや」、だと思います。

    さて、湾仔の君悦も今日で一区切り、午後には上海の柏悦へと移動します。香港君悦では、ご存知のとおり、クラブフロアでは下二桁が「**10」がスイートとしてはよい眺めのところです。さらに上のカテゴリーのスイートは未見です。

    今度の新装開店のスイートはお風呂が京都のハイアット並みの大きさになり、風呂好き日本人としてはありがたいアコモ改造となりました。

    平日は11Fのプールもゲストが少ないので思いっきり楽しめます。アイスクリームがGRILLから持ってきてくれるので、遜色ないおいしさです。

    スタッフの声かけには、本当に頭の下がる思いです。

    話題は大連のことになりますが、香格里拉では、日本人スタッフがさらに充実しました。食べ物のアイテムも納豆はいうに及ばず、刺身などもさらにおいしくなりました。港の見えるスイートもまたよし、です。

    北京は処暑を過ぎますと朝晩はだいぶ涼しくなりますね。ただし、北京の交通政策は改善が望まれます。空港高速は昼間でもあの状態、また東城区、西城区の移動もどいしたものかという渋滞ぶりです。

    おっしゃるとおり、タクシーは運転手によってかなりの質の差異があります。地元の北京語でやりとりしてもそうですから、外国語でとなるとむむむ….ですね。

    概して若い人のほうがいろいろ知っています。

    また、上海の柏悦のことも報告いたします。よろしくお願いいたします。

  4. 龍心 2014/09/01 at 09:36

    上海柏悦に滞在しました。大陸ではこのコメント欄が開かなかったので、今は台北におりますが、街頭記事に書き込みさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

  5. yamanaka 2014/09/02 at 23:16

    龍心様

    こんばんは。上海柏悦は十分に楽しまれたのでしょうか?記事への書き込み楽しみにしております!

    では

Comments are closed.