セントレジス 北京 宿泊記 セントレジス・スイート

北京には色々なホテルがあり楽しみたいのですが・・環境の問題から多く訪問する事はありません。そんな中での訪問のチャンスにセントレジス北京を選択しました。さて宿泊は楽しめたのでしょうか?

結果

少し古い作りですがポイントは外してはいません。北京は素晴らしいホテルが多くあるのですが、セントレジス北京もありですね!

予約

日本からの訪問者はホテルニューオータニ長富宮に滞在するとの事だったので、近いけれど道を挟んだ絶妙なホテルであるセントレジスを最初から狙ってAMEXから予約します。ホテルを分けたことで、変に日本の方に変に振り回される可能性が減りつつも、近いので私の介在が必要な問題が発生した場合には直ぐに駆けつける事ができます。

部屋も何かある事を想定してスイート構成で準備して頂いておきます。24時間のサポートと併せてトラブル対策は十分な準備が重要ですからね!それにしても・・なぜ日本人は日本のオペレーションしているホテルに滞在したがるのでしょうか?皆さん英語は問題ないはずなのですが・・

チェックイン

今回は日本の方と同行していたためホテルの送迎を使わずに別の手段でホテルに到着します。そうです夜の10時に歩いてチェックインします。小さいながらもスーツケースを持ってホテルに入ると遅い時間でもスタッフが駆け寄り荷物を受け取って頂きました。

中に入ると花が綺麗に飾ってあるレセプションになります。普通にチェックインを行い部屋に案内して頂きます。

部屋

部屋の造りはホワイエからのリビングとベッドルームそしてバスルームです。コーナールームなので機能的でかつ、良い景色を楽しめました。

入り口

今回は1716号室がアサインされました。扉を開けて中に入り、マスタースイッチを入れるとリビングが見えます。

 

また来客用のお手洗いも入って直ぐ右にあります。このお手洗いも大理石で囲まれておりシンクもしっかり作られている素晴らしい内容です。残念ながらこちらはウオッシュレットではありませんが・・

リビング

リビングに入ると横に長い作りです。二つの部屋を一つにしている感じです。先ずは4人が座れるソファーがあり、ソファーの前にはテレビです。テレビ台の下にはDVDやテレビとのコネクションポイントがあります。こちらには冷蔵庫も入っており中々の品ぞろえです。

 

奥に進むと4人が座れるダイニングテーブルです。机の上にはフルーツにスイートが並んでいます。夜遅かったのですが有り難くいただきました。

 

部屋の角には書斎机です。私はやはりここで時間を過ごす事が多かったです。引き出しにはそれなりの文具がありました。レターケース等も十分です。机の上には電源のアウトレットがあります。此処に埋め込まれているのは悪くありません。その隣にSRのロゴが入ったトレーなど少し普通では見ない作りです。

書斎机の左側にはプリンターも準備されています。ビジネスセンターに行かずに印刷できるのは良いですね!

 

ディレクトリにはバトラーサービスについても書いてあります。これは部屋代に含まれているそうです。悪くないサービスですが、今回は殆ど使うことができませんでした・・残念ですね・・・

  • 到着時に5着までのプレッシング
  • パッキングとアンパッキング。(これは私が食わず嫌いなサービスです)
  • モーニングコーヒ又は紅茶を毎日
  • 滞在時には何時でもバトラーが部屋でコーヒと紅茶を提供
  • ミネラルウオータは好きなだけ
  • 靴のポリッシュ(どのようなポリッシュか分からないので怖くて預けれませんが・・)
  • 枕のチョイス
  • ラウンジアクセス
  • ターンダウンサービス
  • 毎日のフルーツとアメニティの追加

ベッドルーム

広さが上手く使われています。変に間延びする手前で設計されているのは流石だと思います。しかしターンダウンされているとは言えシーツの折り目が少し汚いですね・・

ベッドの左右にはBOSEのサウンドシステム・水そしてスイーツがターンダウン用として準備されているようです。このお菓子の入れ方はセンス有りますね!マスターのスイッチも枕もとにあるので楽に使えます。

ベッドの向かいにはリビングと同じテレビが有ります。そしてスーツケースもベッドサイドに置かれます。クローゼットもあるのですが此方に置いていただきました。

ベッドルームに隣接する形でクローゼットがありますがかなり広いですね。アイロンやセキュリティボックス等の必要な機能が総て含まれています。

バスルーム

この部屋の見どころはバスルームだと思います。入ると真っ白な大理石に囲まれてのんびりと過ごせます。バスタブは広くて深さも十分です。湯量はそれなりですが、深夜にもかかわらずバスタブにお湯を溜めてリラックスします。もちろんバスソルトを沢山入れて・・・しかし・・バスタオルのたたみ方がいまいちです。折り目がしっかりついてないのです。他が良い分、細かい点が気になります。

 

シャワールームも真っ白です。ハンドシャワーとレインシャワーの両方とも強くマッサージ代わりに楽しみました。バスアメニティもREMEDEが使われています。私はあまり使ったことがありませんがシャンプーもしっとりして私の好きなタイプですね。

シンクはシングルですが左右に広いスペースがあるのでとても使いやすいです。このぐらいの広さがあると良いですね。鏡の中にはTVも埋め込まれておりお風呂に入りながら見ていました。部屋のテレビよりココが重要かも(笑)髭剃りや歯ブラシもオリジナルブランドで綺麗に揃えられています。滞在に問題はありませんね。

 

一番奥にトイレがありますが此方はウオッシュレットがあります。北京での滞在はこれが目当てでも良いですね。

地図

By | 2017-04-21T18:08:51+00:00 2017/04/21|Categories: Hotel, starwood|Tags: |Comments Off on セントレジス 北京 宿泊記 セントレジス・スイート