シャングリラ ホテル 北京 SPA CHI「氣」

北京オリンピック前にシャングリラホテル北京に宿泊しSPA CHIを楽しみましたが、今回は更に色々とSPA「氣」を楽しむ事ができました。シャングリラ北京は日進月歩でサービスレベルが向上します!

shangrila-beijin-chi-005

結果

前回の宿泊時には安心できる宿泊を日本人スタッフの力により得ましたが、今回はすべて中国人のスタッフ対応にも関わらずスタッフ、設備、雰囲気、施術レベル供に最高レベルであったと言えます。

予約

私はチェックイン時に予約してから来ているので問題なかったのですが、予約なく来ていた人は数時間後に来るようにと言われていました。昔はシャングリラ北京のSPAに来る人など殆どいなかったのですが、サービスレベルが向上した結果なのかと一人で喜んでいました。

雰囲気

エレベータを降りSPAのフロアに入ると、暗めのダウンライトを使用し天井が高く取ってあるため、荘厳な雰囲気を感じる事ができます。

shangrila-beijin-chi-001 shangrila-beijin-chi-002

スタッフに迎え入れられて約30分ほど施術内容について相談をします。今回のポイントはお風呂です!スタッフお勧めリラックスコースはお風呂に30分ほど入ってから2時間のトリートメントを受けることでしたので、お勧め通りにしました。

shangrila-beijin-chi-003 shangrila-beijin-chi-004

移動

SPAの内容が決まったら早速部屋に移動です。部屋の中に入って先ずは椅子に座りお茶を楽しみます。お茶を飲みながら軽くフットマッサージを受けます。このフットマッサージが絶妙です!マッサージと触れている間の絶妙な力加減で足裏のつぼを刺激ます。この感覚は初めてでした!

shangrila-beijin-chi-007 shangrila-beijin-chi-008

お風呂

フットマッサージが終わるとシャワーを浴びてバスローブに着替えます。そして待望のお風呂です。お風呂に入る時にスタッフ(女性)はそのままエステの準備をしていますので、恥ずかしかったのですが裸になってお風呂に飛び込みました。

shangrila-beijin-chi-009

お風呂がまた特殊な構造になっており、2重構造になっています。内側のバスタブからこぼれたお湯外のバスタブに入り、ジャグジーの機能を使ってまた内側のバスタブに入ってきました。結果的に内側のバスタブは湯船が常にバスタブギリギリまであり、お湯が減る心配は一切ありません。これがヒマラヤンバスですね!

30分程度、少しぬるめのお湯に入ると体も心も解れてきました。

エステ

お風呂の次が待望のエステです!先ほどのフットマッサージから相当な期待を持って受けましたが。恒例の鐘の音を聞いて、心を落ち着けると、始まって直ぐにあまりの気持ち良さに熟睡です。。。。。。残念ながら気持ち良いのは覚えているのですが、夢心地でした。

shangrila-beijin-chi-010 shangrila-beijin-chi-013

お土産

終了後に時間があったため、色々な話をエステシャンの方としました。その中で始まりと終わりに使用する鐘とシンバルのような音について質問したらSPAで販売しているとの事で購入しました。使い方も教わりましたが、最初の鐘は体の氣を広げエステの効果を最大にする効果があるそうです。終了時の鐘は体の氣の流れを静めて閉じるものだそうです。つまりエステの効果が外に漏れなくする意味になるそうです。

shangrila-beijin-chi-011 shangrila-beijin-chi-012

礼儀作法も決まっており、叩いて音を鳴らした後に、鐘の周囲を撥で擦る事により共振させます。この音が慣れると気持ちが非常に良いです。また終了時のシンバルは鳴らした後に心臓の前で3回転させて使うそうです。そもそも鐘とシンバルはチベット仏教で使用されているものらしく、本物をお寺で参った物になります。私はさっそくお土産として購入しました!

その他のマッサージ

足裏等のマッサージはWING VALLYではなく本館側の6階にあります。本館側のマッサージは部屋に来る事も可能です。しかしCHIのスタッフが部屋で施術する事は不可能です

場所

By | 2017-11-16T00:29:45+00:00 2008/11/15|Categories: Hotel, Life, Shangrila, SPA|Tags: |4 Comments

4 Comments

  1. […] Shangrila Hotel Dalianのプールやジムは悪くはありません。ただし「氣」が入っていないので全体的に古い感じは否めません。そして何故か納豆ですが・・・・ […]

  2. […] 氣の部屋は少し残念な結果になりました。北京、上海、オマーンなどの氣から考えると非常に非常に狭いです。私が今回使用した部屋が「PADMA」という一番小さな部屋である事も原因で […]

  3. […] 非常に良い!私の中で最高の「氣」は北京シャングリラでしたが、上海も同じ内容と同じレベルでした。是非に試してみてください。 […]

  4. […] 。一番好きなのはお湯があふれても常に湯船に一杯お湯がたまる2重構造のシャングリラホテルのヒマラヤンバスです。しかし今回のお風呂も負けてはいません。花時雨ですよこれは!男 […]

Comments are closed.