アナンタラ・カスール・アル・サラブ・デザート・リゾート 宿泊記

砂漠のリゾートと言えば多少経験してきましたが、今回はスケールが違うデザートリゾートに挑戦です。アラブ首長国連邦とサウジアラビアの国境にほど近いカッスル アル サラーブです。さて今までのリゾートとは何が違ったのでしょうか?

結果

凄い!の一言です。今までアルマハ リゾートバンヤンツリー バーレーンが最高だと思っていましたが、スケールが違います。本当に砂漠の真ん中です。砂丘ではありません、山です・・・本当に砂漠を知りたい人はこちらに行ってみてください。しかしここの滞在時間が15時間程度と勿体なかったです・・・

予約

勿論初めての場所はAMEXでお願いします。今回も色々とオプションを付けて提案して頂きました。一番のお勧めはヘリでの送迎でしたが、今回は車で行きたかったのでお断りです。一応確認すると、一機で2人まで、スーツケースも2個までと制限がありました。ヘリで移動する人には注意が必要です。出発する場所は、私の好きな場所で良いそうです!例えばブルジュ・アル・アラブとか・・いけるのかな?

良く見るとコチラのホテルはオペレーションがAnantaraホテルなんですね。前回は泊りませんでしたが、タイで宿泊するかどうか悩んだ場所です。

行く前にコチラのBLOGでの情報を勝手ながら参考にさせて頂きました。

チェックイン

色々とありましたが無事にホテルに到着する事ができました。既にスタッフは車が到着した時点で私が誰か判別しているので話が早いです。車が着くと荷物をトランクから出して私が外に出ると、中の荷物も取り出して、車は勝手に何処かに持って行かれます。手慣れたバレーキングですね。

 

チェックインも色々と気を使いながらの対応で大変に有難かったですね。建物も完全に砂漠を意識していますが、中も手が込んでいます。レセプションで温かいお茶を頂きながら周りを見渡すと良く感じ取る事が出来ます。

移動

さっそく部屋への移動ですが、ビラはメインの建物から見ると西に位置します。電動カートが外に既に待っており、私の移動を待ちうけています。私のビラ番号は21ですが、そこに辿り着くまでも素晴らしい設備が目に入ります。

  

ビラの構成

ビラ=一軒家そんなイメージですが、今回は間違っていません。ビラの構成は入口の小部屋、キッチン、リビングルーム、ベッドルーム、バスルームそして外のプールとなります。もちろんポイントは外のプールとその景色です!

入口

外から入ってくると右側に4人程度の丸い小部屋があります。この部屋の真ん中にはトレジャーボックスに入った果物が並びます。確かにこの砂漠の真ん中でフルーツは宝物ですね!

 

左側にはキッチンがあります。食事の時にはバトラーが利用していました。またコーヒーメーカやミニバーももちろんセットアップされています。

リビング

部屋に到着した時には既に日が落ちていたのですが、シャンデリアの影と壁の置物が相まって「うわー」と声が出そうな位の部屋です。更にカーテンを開けるとホテルの建物越しに雄大な砂漠が一望できます。

部屋の真ん中には大型のソファーが陣取ります。なんでこんなに大きいのかと思えるぐらいの大きさです。ソファーとベッドが同じかもしれません。もちろん真正面には液晶テレビが並びます。折角なのでアラビアンミュージックを探すと・・これです。男性が100人位で歌っている歌番組です。みなさん楽しそうにしていますね!こちらの机の上にもお菓子がありますが・・例によって激甘仕様です!

 

部屋の明かりのコントロールは壁際でもできますが、テレビからも出来る仕様になっています。ただし非常に面倒なので、私は壁でコントロールしていました。複数の方法でコントロールできるようになっているのは良い事ですね。

   

部屋の隅には小さい机があり電話等ができるようになっています。

ベッドルーム

私の好きな大型のふっかふかのキングサイズベッドが準備されています。ベッドサイドには水、時計、電話機などもちゃんと設定されています。というか・・私が着いた時は既にターンダウンされていましたね。

窓側には書斎も準備されており、仕事も含めて十分な作業ができました。椅子は木の椅子なので長時間座るとお尻が痛くなりました。クローゼットも壁一面に設定されており、容量に不満はありません。これなら数人で来ても大丈夫ですね!セキュリティボックスも一般的な物が設置されていますので安心です。

   

バスルーム

バスルームは入ると左右に洗面用のシンクが分かれて二つあります。そしてシャワールーム、トイレ、一番つきあたりにお風呂があります。トイレは私の好きな木の便座です。これは冷たくなくほんのりと温かくて好きなんです。日本のヒーター入りよりもほんのり感が良いですね。

   

お風呂の広さは半端ではありません。部屋の中に設置してあるバスタブとしては今までで最大の大きさです。ただし湯量は普通なので、水を貯めるのに30分程度かかりました。ただし夜の灯が非常に暗いのでご注意を!

 

準備されているアメニティはElemiseです。嫌いではありませんがロクシタン好きの私には少し残念です。

外のプール

到着した時は既に暗かったのですが、プールの照明とホテルの光、そして奥の砂漠が相まって痺れます。このホテルは単品も良いのですが、相乗効果が非常に表れやすいよに出来ています。

  

設備としてはシャワー、サンラウンジャー等もありますが、私は朝食をこちらで頂きました。良いでしょこの景色!私は大ファンです。

地図

P.S.

流れ木様如何だったでしょうか?まだスパと設備が記事としてありますが楽しんで頂ければと思います。

By | 2017-06-19T20:26:07+00:00 2010/11/23|Categories: Anantara, Hotel|Tags: |7 Comments

7 Comments

  1. ma_yamanaka 2010/11/22 at 15:05

    真の砂漠を楽しむ Qasr Al Sarab ビラ 宿泊記 http://is.gd/hAJc1

  2. ma_yamanaka 2010/11/22 at 15:13

    真の砂漠を楽しむ Qasr Al Sarab ビラ 宿泊記 http://ccdm.jp/?p=15370

  3. lin 2010/11/23 at 05:09

    こんばんわ
    やはり行かれましたか、羨ましい限りです
    ちょうどローカル女性がバンヤンツリー(RAK)へ行ったばかりで写真を見せてもらいました
    そんなに素晴らしいんですか、うなります
    良い旅をお続けくださいませ

  4. 流れ木 2010/11/23 at 13:34

    はぁ~、素晴らしい。
    プールのお写真に見惚れました、よだれが垂れそう(笑)。

    あそこに15時間、そりゃもったいない!
    お籠もりにぴったりの場所じゃないですか。

    yamanakaさま、ご紹介を有り難うございます。
    UAEにいつか又、行くことができれば、絶対Qasr Al Sarabのヴィラ
    と心に決めました。

  5. ma-yamanaka 2010/11/23 at 23:55

    linさん

    こんばんは!

    はい、やはり行ってきました(笑)私は結構うなりましたね・・凄いと。バンヤンツリーも素晴らしかったのですがこちらは別格だと思いました。

    ではまた

  6. ma-yamanaka 2010/11/23 at 23:58

    流れ木さん

    こんばんは

    プール素晴らしいですよね。少し言い訳すると、カメラをIXY50Sに換えた直後で夜の写真が上手く取れていませんのです(泣)本当はもっともっと素晴らしい光景だったのですがお伝えできなくて残念です。U.A.Eに行かれたら是非試してみてください。

    滞在時間も短くて勿体ないですよね・・のんびり過ごす事ができる時であれば3日ぐらいは何もせずに砂漠を眺めて時間を彷徨いたいですね・・

    ではまた

  7. […] カッサス・アル・サラーブの宿泊は大変に素晴らしいのは勿論ですが、更に素晴らしいのは外の風です。本当の砂漠を感じるため、のんびりとした時間を何処で何時どのように楽しむ事 […]

Comments are closed.