深爪対策 ペディ:マニ:キュア スタジオ ザ・ペニンシュラ東京 上陸

ようやくです!深爪で泣くほど痛くてお困りの方に・・病院で麻酔をした状態での爪カットでは無く、根本治療に向かう対策がようやく日本でも開始です。しかも場所はザ・ペニンシュラ東京のSPAの中です。さて期待に応えてくれる内容だったのでしょうか?

pen-tok-pedi-mani-cure-002

結果

私は毎月通う事になりそうです。その位の効果が期待できる施術内容です。まだオープンしたてで設備やメニューは部分的な対応ですが、私の中での興奮度は最大です。しかも場所がザ・ペニンシュラ東京です。行かない理由がありません。

PEDI:MANI:CURE STUDIO 予約

日本人にはまだ馴染みがないのですが、私はPEDI:MANI:CURE STUDIOマンダリンオリエンタル バンコクに入った時から始まっていました。バンコクまで来れば対策ができると喜んでいたのですが・・・さらに東京にも設立されると・・・噂では効いていましたがスタッフから聞けばもう間違いありません。場所もスタッフから何回か連絡を取って確認すると・・なんとザ・ペニンシュラ 東京です。これは行かねば・・・と思って数週間経ちました。

良いのか悪いのか分かりませんが・・・このタイミングで深爪が足の親指の皮膚を切って神経に刺さった状態で歩けなくなりました。なんとか自分で切開して最低限歩けるようにしましたが空港でも怪しいぐらいの足の引きずり具合です。普段だと自分で何回か切開して治せるのですが、今回のは酷く病院で爪を半分取ってもらう覚悟をしました。(もちろん麻酔ありですが)

しかし今回は思い出します!ペディ・マニ・キュア・スタジオ・バイ・バスチャン・ゴンザレスが日本に来ていることを・・・直ぐにザ・ペニンシュラ東京に電話して予約します。当日は流石に無理でしたが次の土曜日の朝一番でなんとか予約完了です。一点だけポイントとして言われたのは英語のみでの対応がOKかです。もちろん爪が治るなら英語でもフランス語でも何でもOKです!

pen-tok-pedi-mani-cure-099

ちなみに女性向けのペディキュアで深爪対策があるのは知っていましたが・・・私が定期的に行くのはかなり苦しいイメージです。手の指の爪はダンヒル・ザ・バーバーでOKなんですが足の爪は探し続けてようやく解決の方向が見えました。

訪問

ザ・ペニンシュラのスパの一部として提供されるので施術の一時間前から訪問してサウナ等の設備を使うことも可能です。しかし今回は歩くのさえ困難な状態になっているので他の設備を楽しむ余裕などありません。

pen-tok-pedi-mani-cure-001 pen-tok-pedi-mani-cure-018

予約時間の20分ほど前に6階のスパの受付に向かいます。名前を告げると近くの座席で待つことになります。出てきた受付フォームには私のフルネームが書かれています・・電話口では名前は明確に伝えていなかったのですが・・聞いたところ電話番号から私の履歴を追いかけてどのような施術を受けているか確認してくれていたようです。良いですね・・このような私を認識しているスパはお伺いしやすくなります。

pen-tok-pedi-mani-cure-003 pen-tok-pedi-mani-cure-004

頂いたお茶を飲みながらコンサルティングフォームにも状況を書き込みますが、期待すべきポイントは足の爪の状態と明確なのでそこを重点的に答えます。ついでに終了後のランチを下のロビーで食べれるようにスパ側からお願いします。

着替え

記入が終わると男性スタッフに案内されて着替えを行います。ロッカーの鍵のシステムが簡単な内容に切り替わっていました。そういえば久しぶりですねココのスパは!

pen-tok-pedi-mani-cure-005 pen-tok-pedi-mani-cure-006

本当であればサーマールスパやサウナを楽しみたいのですが・・・今回は水に足先を濡らせない状態だったので、そのままリラクゼーションルームで横たわっていました。ここで水を飲みながら10分ほどするとPEDI:MANI:CUREのスタッフが迎えに来てくれました。名前からするとフランスから来れれているようでした。

pen-tok-pedi-mani-cure-008 pen-tok-pedi-mani-cure-009 pen-tok-pedi-mani-cure-010 pen-tok-pedi-mani-cure-011

施術

部屋に移動しながら足の状態やマンダリンオリエンタル・バンコクの話をして私の状態を伝えると彼は概ね状況を理解してくれたようです。また直ぐに私の手の指先に気が付いて、何をしているのか聞かれました。毎月 ダンヒル・ザ・バーバーで磨いていると伝えると納得した様子です。彼曰く「磨きだけでこの指の爪の状態は素晴らしい」とお墨付きを頂きました。

部屋に入りましたが、こちらはまだ唯のスパルームです。まだオープンしたてなのでPEDI:MANI:CURE STUDIOの専用座席などが無いようです。しかし使用している道具は何時ものセットなので安心します。

pen-tok-pedi-mani-cure-012

さて彼に足の指先を見て頂きましたが、先ずは・・・「Oh.. No..」でした。本当に言われるとは思いませんでしたが(爆)彼曰く、かなりひどい状態だとの事です。横はどこまで爪が刺さっているのか分からない位ですが真っ青に既になっているのは見ただけで分かって頂けました。

先ずは爪の周りの皮膚をオイルで柔らかくして少し伸ばします。更にリューターで爪を軽く削って整えます。甘皮をニッパーで整えてそろそろ本陣です。親指の爪のサイドをメスで確認して爪が皮膚の中で完全に刺さっている事を確認して頂きます。この時点で悶絶する位痛いのですが我慢我慢・・・私に本当に取って良いのか確認したうえでメスで爪のサイドを整えてくれます。本当は悲鳴を上げたいぐらい痛いのですがグッと我慢です・・・5分ほどで爪の破片が取れます。見せて頂きますが本当に小さな破片です。これだけで動けなくなるほど痛いのですよね・・・最後に爪と皮膚の間に消毒した脱脂綿を入れて完了です。彼曰く私は「痛みに強い人」だそうですが・・・ただの痩せ我慢です。

最後はリラックスのためのマッサージですが、彼と色々と方針について話しました。一番楽になるのは爪が生えてくる部分のマトリクスを除去して巻づめにならないようにすることが根本治療になるそうです。しかし日本ではそのようなお医者様があまり居ないと・・・一番この部分が進んでいるのはアメリカの病院なので必要に応じて彼が紹介してくれるそうです。しかし暫くは此方のお世話になるでしょうね・・・

また数日たっても痛みが引かない場合にはもう一度来てほしいとの事でした。もちろん無償で・・・私の感覚からすると刺さっていた爪は間違いなく取れているので問題は無いと思いましたが彼の申し出には感謝です。

終了

彼と色々な話をしながら送って頂き服を着替えて完了です。靴はレセプションで受け取りますが、切った部分が痛くて靴を履くことができません。スタッフからスパのスリッパを頂き、履いてきた靴を入れるバックを貰って何とか移動します。爪の皮を柔らかくするクリームも此方で頂きます。

pen-tok-pedi-mani-cure-013 pen-tok-pedi-mani-cure-014

このタイミングで次回の予約を入れてスパのマネジャーの方と少し話をさせて頂きました。またメニューもこのタイミングで見せて頂きましたがまだまだ一部の基本的なメニューのみの提供のようです。しかし断言して良いと思います、これから間違いなく伸びると・・・

食事

さて・・・痛みで疲れてお腹が減っている私だったので先に予約したロビーで軽く食事を頂いてから帰る事にしました。あーお疲れ様でした。

pen-tok-pedi-mani-cure-015 pen-tok-pedi-mani-cure-016

地図

By | 2017-01-10T20:22:40+00:00 2016/07/04|Categories: Hotel, Life, SPA, The Peninsula|Tags: |3 Comments

3 Comments

  1. RYOKO.W 2016/10/11 at 00:05

    はじめまして。いつも旅行記を楽しく拝見させていただいてます。
    ホテルの基準の参考にさせていただき、グレードアップはなかなかできないですが、私たちにも応用できる情報がないかと楽しく拝見させていただいてます。
    爪の件ですが、海外でのスパトリートメントがここまですすんでることに驚いている、私は整形外科医です。
    地方のクリニックの開業医なのですが、VHOという爪にワイヤーをかける講習を得てから興味を持ち実診療に活用しております。
    都内では形成外科を中心にVHOなどワイヤーをかける治療を行っている施設もありますから、綺麗に爪が伸びるまで活用してみてもよろしいのではないかとコメントさせていただきました。
    ケアは重要なので、こちらの面では医療では負担できない部分が多く心苦しいです。(スパのトリートメントの域には及ばないことが悔しい限りです…) ケアやワイヤーなどを併用していただけるとお忙しく靴をいつも素敵に履かなくてはいけないシーンでも快適に過ごされることができるのではと思っての思わずのコメントです、お耳ざわりの部分は
    お許し下さい。

  2. yamanaka 2016/10/11 at 05:31

    RYOKO.Wさん

    おはようございます。いつも見て頂きありがとうございます。

    またプロの知見からのコメントありがとうございます。今回ご紹介頂きましたVHOも施術の検討の中には入れておりますが、ステップbyステップで進めております。病院としては下北沢病院のお世話になりながら進めております。

    同時に ペディ:マニ:キュア スタジオ のペリエさんとの意見も聞きながら二つの面で進めています。やはり色々な方の意見を聞きながら自分で治療方針を決めていかないと難しいと感じました。このために話がきちんとできる医師やトリートメントのプロに出会えたのは幸いです。

    方針としては以下のように進めています。

    ——–

    前提:私の痛みの原因は深爪であり、爪が伸びれば改善する事が明確に判明しました。この判断も一人ではできませんでした。つまり対策は爪を伸ばす事です。

    巻爪で痛い方は爪を伸ばしても意味が無いので、いきなりSTEP3になると思います。VHOを行っても外すと多くのケースで元に戻ってくるので一生つけることになる人が多いと聞いています。

    ——–

    STEP1(爪を伸ばす)
    深爪・巻爪なので伸びてくると肉に刺さり、血が噴き出します。ここで以下の手法を取っています。

    STEP1-1(爪を丸くする)
    爪に角があると肉に刺さるので、 ペディ:マニ:キュア スタジオ に毎月お伺いしペリエさんに爪を丸くして頂いています。しかし・・・これが悲鳴が出るほど痛いのです・・・我慢我慢・・

    STEP1-2(爪が肉に刺さらないように歩き方を変更する)
    下北沢病院で毎月爪の状態を見ていただきながら歩き方を改善しています。靴のインソールを作って頂き、歩く姿勢・バランスを変えています。30年ほど深爪・巻爪なので変にかばった歩き方をしているのですが、その歩き方が更に爪を肉に刺さっていく悪循環でした。

    現在はここまでで、左足の親指は爪を伸ばすことができて、心配はなくなりました。しかし右足はまだ伸ばすことに成功していません。もう一カ月ほど様子をみながら過ごしますが、改善が見込めないなら次のステップに移行します。

    ——

    STEP-2(爪が刺さらないように外科的な対応)
    先ほど紹介いただいたVHOまたは指先の肉の一部を外科的な処理により除去して一時的に爪が伸ばせる状態とする。私の場合には問題点は巻爪というよりは深爪なので伸ばすことができれば問題が解決する事が判明しました。私が教えて頂いた範囲ではVHOは一時的(例えば一年)に爪をまっすぐにすることは出来ますが、外すと結果的にまた、まき始める事が多いそうです。

    ——

    STEP-3(爪が伸びないようにする)
    爪が伸びても痛い場合には爪の端の部分だけ伸びないようにします。爪の端を切り落とし、爪を作っているマトリクスを除去してしまいます。コレを行うと論理的に爪が小さくなるので間違いない方法です。しかしマトリクスの除去は人によって爪がグニャグニャになったり不格好になる可能性もあると聞いています。実は ペディ:マニ:キュア スタジオ のペリエさんは最初にこの方法をフランスで受けるように薦めて頂きました。

    フランスやアメリカで実施しようかと考えていたところで、下北沢病院の医師と話をして痛みがきつくないのであればステップ毎で進めることとしました。下北沢病院でも爪のマトリクスの除去は可能なので最後まで面倒を見ていただけそうです。

    ——–

    結論

    総てのケースに上記が使えるとは思えませんが、爪のプロの方を周りに配置して自分で判断できる環境にしたので近日中には解決できそうです。

    ではまた!

  3. RYOKO W 2016/10/13 at 14:16

    お忙しい中丁寧なご回答をありがとうございます。
    しっかり治療のプログラムができておられるんですね。
    爪が綺麗に伸びることをブログを楽しく拝見させて頂きつつお祈りしております‼︎

Comments are closed.