松田屋ホテル 新館特別室 宿泊記

前回の松田屋ホテルでの素晴らしい滞在に惚れてしまい今回は新館特別室で滞在を楽しみました。前回とはどのような違いがあったのでしょうか?

matsudaya-hotel-ns-034

結果

前回は歴史とリニューアルが融合した滞在を楽しみましたが、今回はそれ以上に新しくなった部屋が素晴らしい滞在になりました。山口市の湯田温泉に泊まるならこの部屋はお勧めです。残りは本館の特別室ですね!

予約

前回の宿泊時に既にコンタクトは持っているので直接ホテルにお願いします。今回は宿泊だけでは無く懐かしい友人達との食事も含めてお願いいたしました。歴史あふれる滞在と最高の御持て成しで心ゆくまでのんびりとさせて頂きました。ただし睡眠時間は2時間も取れませんでしたが・・・

チェックイン

今回は翌日のフライトが早朝過ぎてレンタカーを手配できませんでした。そのまま山口の宇部空港からタクシーで松田屋ホテルまで直接移動します。少し早く着いたのでラウンジで待ちながら仕事をして待とうと思っていたら30分ほどで部屋を準備して頂き案内して頂きました。そもそも今回は到着時間も明確でなかったのですが、その中での対応なので感謝しています。

matsudaya-hotel-ns-001

女将に荷物を持って頂き部屋まで案内して頂きます。「新館」特別室とあるので新館=3階以上(最上階)と思っていたら意外にエレベータは2階で止まりました。2階までは本館のハズ・・と思っていましたが、実は車庫の上総てが新館特別室になっていました。なるほど・・・

部屋に入ると抹茶を頂き少しのんびりします。色々な方から挨拶の申し出を受けますが、諸所の事情から辞退させて頂きました。それ以上に夜の友人達との食事や山口での会議の準備に時間を充てて過ごします。

部屋

一番に感じたのは匂いです。前回の宿泊時には嫌では無いのですが、古い建物の匂いがあったのですが流石にこの部屋はありません。そもそも建物が2013年8月にオープンした別棟と全く新しく作られているので当然なのですが・・しかしこれは良いです。歴史とモダンの融合は此れがベストです。話を聞くと昔は二部屋を使っていたスペースを纏めて一部屋と提供しているそうです。なるほど・・・

部屋の作りは大きなリビング兼ベッドルームですが中身としては和室+リビング+湯上りリビングとなっています。後はバスルームです。しかし広さが半端ありません。かなりノンビリと過ごせました。

入口

エレベータを降りて少し廊下を歩くと部屋の入り口です。部屋番号は205号室の西京です。

matsudaya-hotel-ns-004 matsudaya-hotel-ns-033

部屋にはいると少し踊り場があり、左側にはお手洗いがあります。お手洗いも抜けなく最新式で快適に過ごせるように出来ています。古い宿ですがこの新しさに何時も驚かされます。

matsudaya-hotel-ns-026 matsudaya-hotel-ns-027

和室

踊り場の襖を開けると広々とした部屋が見えます。この新しく清潔な部屋は私の好みにピッタリです。手入れも相当に入れられているようです。先ずは手前の和室には真ん中に丸机がドンと構えています。上には何も置いてありませんが広々と使えます。コンセントは近くに無いので少し離れたコンセントから引っ張る必要がありますが、大丈夫です。電源の延長コードも準備されています。

matsudaya-hotel-ns-002 matsudaya-hotel-ns-003

丸机の前には大型のテレビが壁に掛けられています。しかも音響システム等も綺麗に収納されています。リモコンでの操作が大変ですがテレビを見るぐらいなら簡単に操作できました。リモコンの近くには時計や湿度計そして電話機があります。時計はベッドの近くでも良いのではとも思いましたが・・・

matsudaya-hotel-ns-006 matsudaya-hotel-ns-007 matsudaya-hotel-ns-030 matsudaya-hotel-ns-031

リビング

窓側に近づくと一段降りてリビングになります。ここの窓を開けると宿の入り口が目の前に見えました。ソファーも座り心地の良いものが準備されています。しかし何故か一番右にだけヘッドレストが付いています。他のは無いのに不思議ですね・・・

matsudaya-hotel-ns-005 matsudaya-hotel-ns-009

左側の壁には狭いながら書斎になっています。小さな椅子とコンセントそしてホテル案内があります。

matsudaya-hotel-ns-029

この位置にさりげなく花が飾ってあるのですがこれがまた良い感じです。部屋からの眺望はありませんが、花を眺めてのんびりと過ごすのも良いですね。

matsudaya-hotel-ns-008 matsudaya-hotel-ns-010 matsudaya-hotel-ns-014 matsudaya-hotel-ns-013

リビングの右側にはミニバーがあります。下の冷蔵庫の中身は可もなく不可もなくありきたりな内容です。その隣のセキュリティボックスは古めのデザインですが機能としては十分です。棚の上には急須やケルトなどが十分なほどに並んでいます。

matsudaya-hotel-ns-011 matsudaya-hotel-ns-012

湯上りリビング

こちらがツインタイプのベッドになります。私は基本はキングサイズのベッドが好きですが今回はツインです。

matsudaya-hotel-ns-028

寝心地もデザインも悪くありません。このベッドは和室側からも薄っすらと見えるようにデザインされていますね。この造りだと部屋を広く見せる効果があり壁でドンと作るよりはいいですね。

matsudaya-hotel-ns-015 matsudaya-hotel-ns-016

部屋の隅には空気清浄機がセットされています。そして何よりもガラス越しにジャグジーのお風呂が見えるのがポイントではないでしょうか?

matsudaya-hotel-ns-017

部屋の一番奥にはクローゼットがあります。浴衣等もこちらに準備されています。私は前回の宿泊で浴衣だけでなくパジャマがあることを知っていたので、ほぼ手ぶらで泊まりに来ましたがこれで正解です。

matsudaya-hotel-ns-018 matsudaya-hotel-ns-019

お風呂

お風呂への扉を開けるとまずは洗面所です。新しいダブルのシンクが目に留まります。アメニティが左右においてありますので使います。かなり上質なものが設定されているので安心です。

matsudaya-hotel-ns-020 matsudaya-hotel-ns-021

一つ先に進むとシャワールームです。ここでも新しくてきれいなシャワーを楽しむことができます。勿論水の強さや量も悪くありません。アメニティはロクシタンです。私の大好きなメーカなのでまったく問題ありません。

matsudaya-hotel-ns-022 matsudaya-hotel-ns-023

更に外に出ると半露天風呂のジャグジー風呂です。これは良いですね!広さも十分、温泉でノンビリと何回か楽しませて頂きます。なんだかんだで体が固まっていたので良いですよ温泉は!

matsudaya-hotel-ns-024 matsudaya-hotel-ns-025

食事

今回は友人たちとの食事を旅館内で楽しませて頂きました。まったけずくしのコースを前回と同じく気が利くスタッフのサービスで頂けたので全員大満足でした。途中でいきなり一名増えた場合にも通常は受けれて頂けないのですが何とか対応して頂き感謝しています。

朝食は・・・朝6時に出発する私には提供いただけませんでした。ここの朝食がとても美味しい事は知っていたので残念です・・・

地図

By | 2017-01-10T19:50:26+00:00 2016/10/27|Categories: Hotel, LUXURY|Tags: |Comments Off on 松田屋ホテル 新館特別室 宿泊記