ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港 ランドマークスイート 宿泊記

私の大好きなマンダリン オリエンタルの香港での滞在にザ・ランドマーク側を選択します。理由はマカオでのMO宿泊から私のミスで急な振替をお願いして対応して頂いたからなのです。さてL900ランドマークスイート前回のL600に比べて素晴らしい滞在だったのでしょうか?

結果

実は憧れだったランドマークスイートL900に意図せず泊れた事は嬉しかったです。お迎えから部屋の設備・対応もう完璧としか言いようがありません。これを一人で過ごすのは贅沢です。欲を言えばこれで景色さえ良ければ・・と思うのは私だけでしょうかね?

送迎

移動に予定していたヘリコプターが天候の関係ターボジェットのフェリーに変更されましたが大した揺れも無く予定通りに香港のフェリーターミナルに到着です。しかしターボジェットのフェリーに乗る前にマンダリンオリエンタルのマカオ側(香港側の番号が分からなかったので・・)のコンシュルジュに電話して到着時間変更を伝えます。

上記の時間変更は香港側のランドマークMOのスタッフにも上手く伝わっていたので、フェリー乗り場を出てくると無事にピックアップして頂きました。香港側への入国はABTCが非常に効率的に使用できるので100人位を抜いて数秒で入国できます。良いですねABTC!

  

彼らにピックアップして貰った場所からは荷物を持つ必要はないので楽ちんです。下の車付けまで移動すると何時ものベンツでホテルまで移動です。と言っても直ぐ隣なんですが・・

チェックイン

直ぐにホテルに到着ですがチェックインは勿論部屋で行って頂けます。部屋番号は1314でした。実はL900は憧れの宿泊でもあったので内心はかなり嬉しかったです。なぜ憧れていたかと言うと・・・これです!入って直ぐの場所にお風呂があるんですね。こちらは尊敬するジェロニもさんの記事から何時かは・・と思っていた部屋なんですね!

 

部屋ではパスポートとクレジットカードを渡して暫く待ちます。その間もスタッフが色々と話しかけて私を楽しませてくれました。

この時点で翌日の出発についても確認しましたが直ぐにカードを作ってくれたので態々メモを取らなくても良いので便利です。このような細かい点がMOです!

部屋

入口から違います。二つの扉が観音開きになっています。中に入ると踊り場になっており右側がお客さん用のトイレになります。真正面には例のお風呂があります。そうです扉では区切られていますが、部屋に入って一番最初に見えるのがお風呂なんです!

入口の右に入るとリビングルーム、入口の左にはいるとベッドルームになっています。ベッドルームにはクローゼットも付帯しています。

バスルーム

先ずはこの部屋について書かないといけないですね。入口からドーンと見えていましたが実際に入る時はベッドルームかリビングを経由して回り込む必要があります。この部屋には丸型のバスタブ、シャワールーム、トイレ、ダブルシンクの洗面台です。

この丸型のお風呂のサイズは凄いです。たぶん4人ぐらいでも入れそうです。何故か日本の温泉の素が準備されていました。そこまで日本人臭い要求はしていないのですがね(笑)私はバスソルトをたっぷりと入れて楽しませて頂きました。

 

シャワーはシンプルながらツボを押さえた作りです。トイレは普通ですね・・

  

洗面台は慣れた作りなので安心です。歯ブラシなどのアメニティも充実しております。お風呂に入りながら使おうとしたら中の白い石を落してしまい掃除が大変でした。細かくはホテルにお願いしますが、移動のための片付けだけでも・・何故こうなっているのかは不思議ですね・・

リビングルーム

先ずは大きなテーブルが目に入ります。私は書斎として使用しますがダイニングキッチンとしても使用できるそうです。どうりでピカピカなんですね。机の横には電源やLANの接続口が準備されており大型のテーブルを存分に利用させて頂きました。電話機もかなり充実しています。昔は使いにくいかなと思っていましたが旅を重ねて慣れたようです(笑)

  

壁側にはミニバーが揃っています。好きなコーヒメーカや品揃えの充実具合は流石です。良く見てください、噂のV8ドリンクが入っていますよ(笑)

  

奥には大型のソファーに机です。ソファーはシンプルですが机で込み入った仕事をした後にこちらのソファーでリラックスすると良い組み合わせになりました。前には薄型のテレビがあり私は季節の音楽を聞いてのんびりです。ランプもちょっと技が効いています。この部屋は仕事とリラックスのメリハリが利かせれるのでかなり仕事もはかどり、ゆっくりもできました。

 

窓際にはiPhoneとドッキング可能なアンプがありました。これはセンスも良く私も欲しくなるほどでした。窓からの景色はまあ・・こんなもんですよね・・窓のカーテンはもちろん電動で上げ下げ可能なので楽ちんです。

  

ベッドルーム

部屋の真ん中にキングサイズのベットが準備されており、寝心地は抜群です。この広さの取り方は良いですね。ベッドの正面にはリビングと同じく薄型のテレビが準備されています。またPCも接続されているのでWEBを楽しむ事も可能です。私は自分のPCがあるので使いませんが・・電灯のコントロールを最初は探しましたが、ベッドの隣のサイドディスクの中に埋め込まれていました。

  

ベッドルームの奥にはクローゼットがありますが真ん中にスーツケースを置いて左右で服を収納できるようになっています。完全に2人仕様ですね。そしてセキュリティボックスもありますがお洒落な設置方法です。

Welcome スナック

机の上にはWelcomeのマカロンがあります。上品なマカロンでつまんで頂きました。セットでグリーンティがありました。こちらも上品な味でゆっくりと頂きます。これは日本人だから出された組み合わせなのかは不明です。本当はAMEXから予約すればFHR特典でもう少し充実した内容だったのでしょうか・・今回は仕方ありません。

 

ルームサービス

朝食を今回は時間の関係からルームサービスで頂きます。前日の夜に朝6時で中華式朝食をお願いします。このような部分まで日本語化されているので凄いのか・・面倒なのか良く分からなくなってきます。メニューだけ見ると大した量ではなさそうですが、実際に来たら大容量です!美味しくおかゆと天心を頂いて7時前には出発です。

  

場所

By | 2017-05-28T21:10:58+00:00 2011/01/16|Categories: Hotel, MANDARIN-ORIENTAL|Tags: |3 Comments

3 Comments

  1. ma_yamanaka 2011/01/17 at 03:18

    ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港 ランドマークスイート 宿泊記 http://ccdm.jp/?p=16141

  2. ザ・ランドマーク MO 香港 AMBERで食事をザ・ランドマーク MO 香港 AMBERで食事を2011/02/22 00:05yamanakaGrourmet, Hotel, Life, MANDARIN-ORIENTALno comments 香港でも好きなホテルは多くありますが、ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルはかなり上位に位置します。その中にはミシュラン 二つ星のAMBERが堂々と準備されています。そのアンバーで食事を頂いてきましたが、その味はどうだったのでしょうか?結果雰囲気は最高レベルです。そして味も悪くありません。こんなレストランに一人で何気なく食べに行くのは贅沢な時間かもしれません。ホテルのスタッフのアテンドのおかげで何の敷居もなく入っていける事も良い事ですね。予約突然の宿泊変更だったので何も考えずにL900に宿泊しました。時間も遅かったのでホテルのスタッフに食事をお願いするとAMBERの予約を取ってくれました。前回の宿泊時には朝食を頂いた場所であった事を思い出しました。雰囲気やはりここは良いです。前回は重厚な雰囲気に少し疲れましたが、今回は麻のシャツと綿のパンツながらアルマーニのセンスで周りの雰囲気を崩さない程度に楽な空気で頂きました。

  3. […] 一番の見せ場はバスルームです。 ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルも驚きましたが、こちらは無理に言葉を付けるなら […]

Comments are closed.