ホテル JAL タワー ドバイ レストラン 弁慶

宿泊を楽しむためには食事は外せません。日本のホテルオペレーションとなるともちろん日本食に期待するのは当たり前です。まだオープン間もないため総てのお店がオープンしてはいませんでしたが、その食事の内容を楽しめたのでしょうか?

結果

流石に日本食(お寿司)のレベルは悪くありません。今までグランドハイアットのSUSHIが最高と思っていましたが、個室を使用した色々な要望を聞いて頂ける日本式の接待も可能なこのお店は外せなくなりました。またお店の雰囲気もドバイを楽しみながら頂けます。ドバイで疲れた胃袋を日本食で癒してみましょう。

Benkay Restaurant

こちらのレストランは49階、50階、51階にまたがっています。階によって鉄板焼き、懐石、お寿司と分離されていました。移動は高層階用のエレベータで49階まで移動した後に、別のエレベータで49~51階は移動します。一部のフロアはまだ完成していませんが一番上の階で私は寿司を板前さんに握って頂きながら食事にしました。下のフロアでは10人が楽しめる座敷もありました。

スタイル

51階はエレベーターを降りるとラウンジになっています。あいさつは「いらっさいませー」と日本語です。このバーを抜けると10席程度のカウンターでお寿司を頂けます。バーは喫煙可能で、お寿司のカウンターは禁煙になっていますので使い分けする事もできます。

 

外国人の板前さんが付いて食事を頂きますが、板長は日本人の方だそうです。最初のオーダーはフロアスタッフが対応してくれますが、今回は日本人の女性が対応してくれました。

オーダー

日本人のフロアスタッフと話をしながら食事を決めましたが本日のお勧めは「アンコウの汁」でした。日本でも飲みませんがここは頂きます。あとはお寿司を日本人が好きそうな内容で握って頂く事にしました。

途中でホテルを案内してくれた日本人スタッフの方が態々来て頂いて色々と話をさせて頂きました。同時に有難い申し出として下のフロアの鉄板焼きから肉を焼いてここまで持って来ていただけました。特別な対応かと思いましたが、事前に依頼があればある程度は対応可能なのでスタッフに聞いてくださいとの事です。さすがに日本オペレーションと思いました。

お寿司

いきなり大トロ、ウニ、イクラ、ボタン海老、あぶりサーモンと頂きました。味は美味しい!の一言です。一部は日本から輸入し、一部はヨーロッパから仕入れているそうです。握り手もキッチリと仕上げてくれました。これなら接待にも使えます。そう言えばお茶は無料でした。日本では当たり前ですが、海外では多くの場合にお茶は有料ですから有難い内容です。特にお酒を飲まない私には・!

  

肝心の「アンコウの汁」はお話に夢中になってしまい残念ながら冷めてしまいました。次回行った時もあればまた楽しみます。

ヒレステーキ

暫くするとヒレのステーキも頂きました。肉は日本では無くオーストラリア産のようでしたが美味しい赤みを頂けました。この内容なら悪くはありません。

場所

By | 2017-05-28T21:06:05+00:00 2011/01/30|Categories: Grourmet, Hotel, JAL-HOTEL, Life|Tags: |3 Comments

3 Comments

  1. ma_yamanaka 2011/01/29 at 15:26

    ホテル JAL タワー ドバイ レストラン 弁慶 http://ccdm.jp/?p=16422

  2. ホテル JAL タワー ドバイ レストラン 弁慶 | TravelSquare 2011/01/30 at 07:58

    […] ホテル JAL タワー ドバイ レストラン 弁慶 […]

  3. […] // var searchbox = MGJS.$("searchbox"); var searchtxt = MGJS.getElementsByClassName("textfield", "input", searchbox)[0]; var searchbtn = MGJS.getElementsByClassName("button", "input", searchbox)[0]; var tiptext = "Type text to search here…"; if(searchtxt.value == "" || searchtxt.value == tiptext) { searchtxt.className += " searchtip"; searchtxt.value = tiptext; } searchtxt.onfocus = function(e) { if(searchtxt.value == tiptext) { searchtxt.value = ""; searchtxt.className = searchtxt.className.replace(" searchtip", ""); } } searchtxt.onblur = function(e) { if(searchtxt.value == "") { searchtxt.className += " searchtip"; searchtxt.value = tiptext; } } searchbtn.onclick = function(e) { if(searchtxt.value == "" || searchtxt.value == tiptext) { return false; } } // Home > Hotel, JAL-HOTEL, Life, SPA > ホテルJALタワードバイ スパとクラブフロアホテルJALタワードバイ スパとクラブフロア February 1st, 2011 yamanaka Leave a comment Go to commentsHOTEL JAL TOWER DUBAIの食事と宿泊は楽しませて頂きましたが他の設備は楽しめるのでしょうか?特にスパとクラブフロアを楽しみにしていた私は十分に楽しめたのでしょうか?結果クラブフロアは流石と言える内容です。日本から来てドバイといえばこの景色です。スパはまだまだ検討すべきところはありますが施術者のレベルはまずまずです。そしてThe pool barからの眺めも楽しめました。こちらはmust to seeです!クラブフロアチェックインもこちらで楽しませて頂きましたが、かなり大きなスペースが取ってあります。今回は私だけでしたが近い将来には、このクラブフロアも多くの人が語り合っているのは間違いないと思います。ただしエレベータにクラブフロアの階数がまだ明示されていないので何回かフロアを間違えてしまいました。そしてやはり窓から見える景色です。シェイク ザイード ロードの景色は殆どの日本人がドバイに対して頂くイメージそのものだと思います。  準備されている食事も大変に素敵に並べられています。ただし味は私にはあまり合いませんでした・・何と言うかビミョーな感じです。The Pool Bar昼はプールなんですが夜になるとプールになります。こちらのプールは視線を考えられており、そのまま水が外に落ちていくような錯覚があります。これはパンコール ラウなどのリゾートでは使われていますが街中でも効くのですね!また隣のジムではジャグジーも楽しめるのでセットで行けると最も良いかもしれません。SPAスパの名前は「然」です。今回の予約は態々部屋にスパの責任者が来て頂いてメニューの説明を受けました。実は私が伺った時にはまだメニューが完成していなかったそうです(笑)今回お願いしたのは一時間の全身をオイルでお願いします。  受け付けでは特にコンサルとは無くいきなり施術室に向かいます。今回は有無を言わさずに男性のセラピストになりました。部屋は緑色で統一されていますが他のスパとはちょっと雰囲気が違います。今回は部屋の中に着替えをする場所があるので楽々です。  施術のレベルはかなり良い感じです。すっかりと楽しませて頂きました。ただ施術台の顔の部分の下が開いていないので息が苦しかったのは気になりました。今後は改善される事は間違いないと思います。地図  . 近隣エリア情報バージ アル アラブ 宿泊記 4 プライベートビーチ (3)Raffles Dubai ラッフルズ サロン (3)スキードバイ (4)カタール航空 ファーストクラス カタール→ドバイ 搭乗記 (16)グランド ハイアット ドバイで日本食 (5)エミレーツ航空 ファーストクラス マスカット→ドバイ 搭乗記 (5)パーク ハイアット ドバイ 宿泊記1 (8)ジュメイラ エミレーツ タワーズ ホテル クラブラウンジ (2)バージ アル アラブ 宿泊記 2 ロイヤルスイート (7)アトランティス ザ パーム ドバイ プールサイド (1)シャングリ・ラ ホテル ドバイ (6)エミレーツ航空 ファーストクラス ドバイ→ニューデリー (8)エミレーツ航空 ファーストクラス BAH→DXB EK840搭乗記 (7)エミレーツ航空 エコノミークラス DXB→BAH EK837搭乗記 (5)アルマーニ・ホテル ドバイ SPA (11)英国航空 ビジネスクラス ドバイ→ヒースロー BA104便 搭乗記 (7)ザ・リッツ・カールトン ドバイ クラブラウンジ (2)インターコンチネンタル ドバイ フェスティバル シティ クラブラウンジ (2)世界一高いビル ブルジュ・カリファ 展望台を貸し切り (13)ザ・リッツ・カールトン ドバイ 宿泊記 (2) Categories: Hotel, JAL-HOTEL, Life, SPA Tags: アラブ首長国連邦-ドバイ Trackback URL […]

Comments are closed.