インターコンチネンタル 大阪 宿泊記 1ベッド デラックス レジデンス

大阪の滞在には色々なホテルの選択肢が増えて嬉しく感じます。今回はその中でも大阪駅から近いインターコンチネンタル大阪での宿泊を楽しみます。さて開業以来の宿泊ですが、どのような滞在になったのでしょうか?

intercontinental-osaka-1bed-res-048

結果

更に良くなりました。今回の部屋は長期滞在に向いており便利に使えそうです。インターコンチネンタルとしては正しい方向に良くなっています。今後は更に素晴らしい滞在を提供してくれると期待します。

予約

今回の予約はエクスペディアから行います。簡単な予約はWEB一発でできるのでエクスペディアが楽で良いですね。ただしホテル側としてはアップグレードの提供や情報の取得の観点から直接予約したほうが色々とサービスを提供しやすいでしょうね。予約の仕方一つで色々と対応が変わるのは宿泊者としてはノウハウが必要で面倒でもあるのですが楽しくもあります。AMEXを使えば今のところは間違いないのですが・・・

しかし・・・インターコンチネンタルはWEBが見にくいです・・・IHG側のサイトは情報がほとんどありません。またインターコンチネンタル大阪専用サイトにはそれなりに情報がありますが、IHG側と整合が取れていません。

チェックイン

通常のチェックイン開始時間は15時だったのですが、今回到着した時には既に夕日になりそうな雰囲気です。タクシーを降りて久しぶりのインターコンチネンタルの雰囲気を楽しみます。ベルのスタッフに直ぐに案内して頂き20階のレセプションに移動です。

intercontinental-osaka-1bed-res-040 intercontinental-osaka-1bed-res-041

レセプションに入ると例の七福神様がお見えになります。此方の神様を見るとこのホテルに来たと強く感じます。レセプションで色々と話を聞いてチェックインです。部屋タイプについてもエクスペディアで言っていた部屋タイプと実際の部屋タイプには相違があるようです。

intercontinental-osaka-1bed-res-038 intercontinental-osaka-1bed-res-039

チェックインのタイミングでIHGのリワーズ番号を伝えておきます。あまり重要ではありませんが記録のためには忘れてはいけません。何かのキャンペーンで突然ランクアップする事もあるので・・

intercontinental-osaka-1bed-res-036 intercontinental-osaka-1bed-res-037

手続きを終えて部屋に向かいます。チェックイン時のスタッフにアテンドして頂きながら諸所の話を聞きながら移動します。今回の部屋は3104号室です。通路の途中でも良い香りがしているので相当に気が遣われているのが分かります。

intercontinental-osaka-1bed-res-001 intercontinental-osaka-1bed-res-002

部屋

部屋の名前はレジデンスと言われていますが構成は一般的なスイートです。リビング兼キッチンにベッドルームそしてバスルームです。お手洗いは一つですが、リビング側とバスルームからのアクセスの両方ができるようになっているので意味合いとしては十分です。洗濯機やキッチンがあり長期滞在も可能にしてあるのがポイントのようでした。

リビング

シンプルな扉を開けると右手に靴の収納です。かなりの靴を入れることができますが、今回は一泊だけだったのでボッテガの鞄一つ出来ている私には使い道がありませんでした。DNDや部屋の清掃依頼はボタン一つでお願いする事ができます。このスイッチの作りはシンプルですがスマートだと私は感じます。

intercontinental-osaka-1bed-res-003 intercontinental-osaka-1bed-res-004

左手にはお手洗いへの扉があります。このお手洗いはバスルームと兼用されているので上手く部屋が作られています。

部屋の中で私は基本は裸足になるのですが、入り口のフローリングの部分が柔らかくなっていることに気が付きます。防音のためなのか事故防止化は分かりませんが最近のマンションには増えたタイプですね。

部屋の中を見ると広々とした部屋の中に大阪の街が見えます。太陽の光を一杯に受けて気持ちの良い景色をたのしめました。夜になると今度は素晴らしい夜景が広がりました。下の広場は駅と花の公園が作られるそうです。色々とスタッフの人に話を聞きましたがなるほどです。個人的には新しいホテルができると嬉しいのですが・・・(笑)

intercontinental-osaka-1bed-res-045

部屋の手前部分にはオープンキッチンが準備されています。ミニバーでは無くキッチンと呼んで問題ありません。これがレジデンスとこの部屋を銘打っている理由なのではないかと思います。キッチンなので食器、電子レンジ、洗濯機、食器洗浄、ケルトにトースターまで準備されています。今回は使いませんでしたが子供を連れて長期滞在するには良いでしょうね。

intercontinental-osaka-1bed-res-007 intercontinental-osaka-1bed-res-008 intercontinental-osaka-1bed-res-009 intercontinental-osaka-1bed-res-010

同じエリアには勿論冷蔵庫やミニバーがあり必要な飲み物などは直ぐに手に入ります。何時も通り炭酸水は私の必須な飲み物なので有難く頂きます。そして打合せ前にはチョコレートが欲しくなったのでスニッカーズを頂き頭に糖分を送っておきます。エスプレッソマシーンも当然完備されており飲み物には一切困る事はありませんでした。

intercontinental-osaka-1bed-res-011 intercontinental-osaka-1bed-res-012 intercontinental-osaka-1bed-res-013 intercontinental-osaka-1bed-res-014

フローリング部分が終わるとカーペットになります。フワフワで手入れの行き届いたカーペットの上で時間を過ごすのは気持ちが良い物です。部屋の中には丸机に椅子が4つとソファーが準備されています。基本は広い丸机の上にPCを置いて時間を過ごしていました。電源も壁側にアウトレットがあるので問題なくPCを使うことができます。

intercontinental-osaka-1bed-res-005 intercontinental-osaka-1bed-res-006

ソファーの向かいにはテレビが設置されています。隣には電話機やマガジンラックが準備されています。本の選択も気が利いていました。

intercontinental-osaka-1bed-res-015 intercontinental-osaka-1bed-res-017

ベッドルーム

部屋の真ん中には大きなベッドが準備されています。寝心地も悪くはありません。ただし・・エアコンが何だか変な風に効いており中々寝付けません。最後は少し寒かったのですが総てOFFにして寝たのですが未だ何か風が部屋の中を流れます。

intercontinental-osaka-1bed-res-018

夜部屋に帰るとちゃんとターンダウンされていました。これは良いですね。

intercontinental-osaka-1bed-res-042 intercontinental-osaka-1bed-res-043

ベッドサイドのテーブルには電灯のマスタースイッチ、BOSEのスピーカ、時計そして電話機があります。電話機はベッドの向かいにあるテレビの近くにもワイヤレスがあるのですが何故か私はこの有線の電話機をハンズフリーで使うことが多いです。

intercontinental-osaka-1bed-res-020 intercontinental-osaka-1bed-res-032

電話を利用して夜の友人との食事の手配や翌日の朝ごはんの手配をチェックイン後に直ぐに行います。どのレストランで食べるのからは電話でコンシェルジェの方と話をしながら決めました。夜にブッフェスタイルは避けたいのですが美味しそうなグリルを持つノカ ロースト & グリルに決定しました。そのままバーの話もある程度確認しておきます。

ベッドルームには小さいながら書斎机も窓側にあります。広くないので私は今回使用しませんでしたが、ホテルインフォメーションなどはこちらにセットされていました。

intercontinental-osaka-1bed-res-019 intercontinental-osaka-1bed-res-021

ベッドルームの中にはクローゼットがあります。ウオークインほどの広さはありませんが一人分なら問題ないでしょう。中にはセキュリティボックス、傘や浴衣などが準備されています。私は浴衣で寝るのが苦手なので、コンシェルジェの方にお願いしてパジャマを持って来て頂きました。ただしボタンの口が非常に狭くボタンを通すのに10分ぐらい苦戦していました。借りている物なので文句を言う場所では無いのでしょうが・・・

intercontinental-osaka-1bed-res-022 intercontinental-osaka-1bed-res-023

バスルーム

ダブルのシンクの洗面がダウンライトの中で良い雰囲気です。洗面台にたまった水を抜くときに蛇口の後ろにあるバーで行いますが此れは何時も分かりにくいと思います。

intercontinental-osaka-1bed-res-024 intercontinental-osaka-1bed-res-031

お風呂はシャワーと混在ですが全然悪くありません。むしろ過ごしやすく作られています。もちろん湯量も最適で気持ちよく楽しめました。

intercontinental-osaka-1bed-res-027

シャワーもハンドシャワーとレインシャワーだけでなく横からもジェット式で出てくるのでマッサージ代わりに使えます。

intercontinental-osaka-1bed-res-028 intercontinental-osaka-1bed-res-029

バスアメニティは木の板に乗せられているので和をイメージさせてくれました。AGRARIAのシャンプーは私に強く感じられるのですが、今回は何も持って来て居ないので遠慮なく使わせて頂きました。

intercontinental-osaka-1bed-res-044 intercontinental-osaka-1bed-res-031

打合せの後で体が硬くなっていたのはお風呂にバスソルトを入れて30分ぐらい浸かる事で解消しました。

トイレの部分で入り口とつながっており共同で使えます。このトイレの中にも手洗い場を作るなど良いですね。もちろんウオッシュレットなのは言うまでもありません。

intercontinental-osaka-1bed-res-025 intercontinental-osaka-1bed-res-026

朝食

NOKAでの食事も考えましたが、来る飛行機の中で和食をイメージしていたのでルームサービスでお願いしました。

intercontinental-osaka-1bed-res-034

7時にお願いしてほぼジャストに届けて頂きました。内容も良く大阪の景色と共に和食を十分に頂き大阪での会議に挑む事ができました。やっぱり日本のホテルも良いですね!

intercontinental-osaka-1bed-res-046 intercontinental-osaka-1bed-res-047

地図

By | 2017-03-21T01:40:25+00:00 2016/12/05|Categories: Hotel, Intercontinental|Tags: |Comments Off on インターコンチネンタル 大阪 宿泊記 1ベッド デラックス レジデンス