グランド・ハイアット 香港 ステーキハウス 至極のグリルを頂く!

香港で美味しいグリルがあると誘われて友人と二人で行くことになりました。場所は宿泊しているのと同じグランド ハイアット 香港の1階にありました。さて実力のほどは?

GH-HKG-STEAK-009

結果

久しぶりに痺れるぐらい美味しいステーキとシーフードを頂きました。私が友人に勧める香港のMust To Go に入ります。

予約

友人の予約で座席とレストランをお任せします。ちゃんと私の好みを知っているのでカウンターで色々と見てスタッフと気軽に話せる場所を予約して頂いていました。

レストラン

このレストランは部屋から直接エレベータで行くことも可能ですが、やはり雰囲気を楽しむ為に外側から回り込みます。一度ロビーの外に出ると報道陣が山のように構えています。香港で有名な芸能人が来るらしいですが私には全然わかりません。

GH-HKG-STEAK-001 GH-HKG-STEAK-014 GH-HKG-STEAK-002 GH-HKG-STEAK-003

30歩程度でレストランのエントランスになり少し階段を上がると、光を落とした感じの良い入口が見えます。スタッフに名前を伝えると、そのままエレベーターで上の階に案内して頂きます。この動線も流石です!

中に入ると更に良い雰囲気になります。私好みの作りです。食事も期待できそうな空気です。重厚な作りのお店だと味も期待してしまいます。

GH-HKG-STEAK-005

少し奥に進んだ場所にシーフードが並ん台を囲んでカウンター席がありました。今回はテーブル席では無くこちらで頂く事になりました。テーブルも良いのですが、今回はエンターティメント的な要素を重視して友人には席を配置して頂きました。

オーダー

香港人の女性が友人のような感じで色々と話をされますが、先ずはWAGYU フィレ 6oz だけをBlack and Blueでオーダします。スタッフは勿論知っていましたが、念のために周囲は完全に焼き上げて、中身は生の焼き方で良いか確認してくれます。それでOKと言うと「本当に肉が好きなんですね!ソースは塩、サイドも何も無し、肉だけを最初から食べて、しかも滅多に頼まれない焼き方なのでシェフに伝えます」と・・お世辞もしくは変人の扱いかも知れませんが肉好きとしては嬉しいです。

GH-HKG-STEAK-006 GH-HKG-STEAK-004

フィレ

オーダーから10分もしないのに直ぐに肉が運ばれてきました。期待値通りの焼き方でありますが、少し表面の焦がし方が違います。お皿には全く肉汁がこぼれていません。凄い!当にブラックが出来ています。さらにマスタードを6種類推奨されたのでシンプルでエグミの無い二種類をお願いしました。

GH-HKG-STEAK-007 GH-HKG-STEAK-008

「肉は出された状態で上下を変えずに左から切る」と肉の師匠から教えて頂いているので、教えの通りスッと切ります。すると中身はレアで完璧な仕上がりです。「これは凄い!」と友人と感激して食べると・・・味も別次元です。久しぶりに美味しいお店を新たに発見しました。

そのまま1分程度で一気に全部食べてしまい、スタッフも驚くばかりです。少し一息ついているとシェフが私に挨拶に来て頂きました。見ると相当に若い西洋人のシェフでした。そして「こんな食べ方をする人は珍しい、本当に肉が好きなんですね!できれば他のグリルも試してください。私が焼き上げます」と言われました。

ロブスター

ここまで気が合うシェフは珍しいので、今度はシーフードを頼むことにしました。スタッフに聞くとオイスターかレッドロブスターがお勧めとの事です。しかし調理がグリルでは無いので意味が無いのではと聞くと、ボイルの意味が今回は違います。ロブスターのボイルを試してください。シェフも実はこれを勧めたいのですと・・ここまで言われたら頼むしかありません。見ると大きすぎるかと思いましたが実際に食べる部分は少ないので総てを忘れてコチラをオーダーです。

GH-HKG-STEAK-010

今度は20分ほどして大きな鍋が到着します。鍋だと煮込まれていてグリルとは違うのか・・残念と思いましたがスタッフはニヤリです。蓋を開けるとオリーブオイルとガーリックでグリルされたロブスターが見え、同時に良い香りが立ち上ります。またまた凄い料理が出てきました。

GH-HKG-STEAK-011 GH-HKG-STEAK-012

中のレモンを少しだけ絞り尻尾の部分を頂きます。これまた絶品です!グリルで肉とシーフードの両方がこれほど高いレベルで食べれるとは・・・こんなお店は初めてです。シェフに脱帽です。

尻尾を食べ終わると、一度下げて頂き、中身をシェフが取出して更に加熱した状態で頂きます。何もかもが完璧で幸せな食事となりました。教えてくれ、更に御馳走してくれた友人に感謝します!

サラダ

何故か最後に少しサラダを頂きます。別に油濃いわけではないのですが・・・ここまで順番が逆です。もともとは肉だけを食べるつもりだったのですが、すっかり嵌りました!

GH-HKG-STEAK-013

地図

By | 2017-02-26T20:13:50+00:00 2014/12/17|Categories: Grourmet, HYATT, Life|Tags: |2 Comments

2 Comments

  1. キテイジェット 2014/12/23 at 19:09

    今晩は。借金君様のところからやって参りました。
    行く機会は出来なさそうなのですが、今回のレポートを拝見して、「ああ・・」と涎が止まりません。
    GH香港には行ったことすらないのですが・・・
    GH東京の開業時の総料理長さん(そして、彼は、東京赴任の前はGH香港の総料理長でした)と、我家は仲良くさせて頂いていたので、なんとなくGH香港にも思い入れ“だけ”はありました。
    「GH香港は、かつてほどは美食ホテルとしての地位が無い・・」との声も聞いたこともありましたが、今回のレポートを見て 「いや、いつか食べに行きたい!」と夢見ております。

  2. yamanaka 2014/12/24 at 09:13

    キテイジェットさん

    おはようございます。コメントありがとうございます。借金君の「くう・ねる・あそぶ」は私も何時も参考にさせて頂いています。かなりマニアな議論が多いので楽しいですね。

    グランドハイアット香港の今回の料理はお勧めです。久しぶりに感動しました。私自身もしばらくはグランドハイアット香港はあまり興味が無かったのですが、相当にリニューアルされたとフェイスブックで教えて頂いたので試しに行ってきました。そして今回の料理にぶつかりました。いやー旅って面白いですね!

    香港は良いホテルが多いのですが、こちらもお試しください。ちなみに香港の私の一押しは香港リッツカールトンです。日本人GROのサポートが素晴らしいです。

    逆にグランドハイアット東京には宿泊したことがありませんが、何時かは・・・と思います。

    ではまた!

Comments are closed.