モルディブ 最高のリゾート フヴァフェンフシ 宿泊記 オーシャンバンガロー

久しぶりのモルディブへの旅に行く場所を色々と検討しました。勿論私のWISH LISTのトップに乗っている HuvafenFushi (フバフェン フシ)を選択します。さて憧れていたリゾートでの滞在はどのような内容だったのでしょうか?

huvafen-fushi-ob-001

結果

素晴らしいとしか言いようがありません・・・完璧な立地、完璧なファシリティ、完璧なアクティビティそして何より素晴らしいバトラーが私の宿泊を120%サポートしてくれました。私のHotel Rankingでも1位です。モルディブに行くなら絶対の自信と共にお勧めします。

予約

予約は他の会議との調整があり、ある程度自分で組んでから何時ものようにAMEXにお願いします。今回は来る前の準備が忙しすぎてほとんど担当の方と話ができない状態でした。しかし何時も通りの送迎、スパ、アクティビティそして部屋を提案して頂き私はOKと言うだけです。この部分を普通に頼むだけで大変なのですが流石としか言いようがありません。

huvafen-fushi-ob-037

またホテルへの予約確認がとても大変です。カード情報、カードのコピー、認証フォームの記入、パスポートのコピー等が必要になります。この部分もAMEXが間に入って対応して頂けるので私はただサインして返送するだけで手続き完了です。もし自分で手配する事になったら宿泊には間に合わずにタイムアウトで滞在できなかったでしょうね・・・

WEBサイトを良く見ると私の好きなドバイのデザート・パームと同じ系列でした。なるほど、なるほど・・・・(追記 2017/4にマイナーグループを離脱されたようです)

到着

エミレーツでマレの空港に到着して外に出るとスタッフが待っていてくれます。モルディブは日本人の場合にはビザが30日以内だと不要なので簡単に入れます。

huvafen-fushi-ob-054

荷物はスタッフに任せて私は移動します。船は専用船を手配頂いたので混載されずに到着できるのが良いです。3名のクルーがキッチリと周りを固めてくれます。船に乗り込むと飲み物としてココナッツジュースを頂きます。あまり得意ではないのですが、今回のは苦味が無くすっきりと頂きます。少し海が荒れているようで、かなりバンピーな船旅になりました。話を聞くと今まで少し天気が荒れていたようです。

huvafen-fushi-ob-002 huvafen-fushi-ob-003

ホテルはリゾートタイムを使用しているのでマレの標準時間より1時間早いので日本との時差が3時間と減ります。面倒なのはiPhoneなどの携帯電話はマレ時間を示すので頭の中で考えるのが混乱してきます。特に帰りの飛行機の時間が分かりにくいです。飛行機はマレ時間、リゾートは更に一時間先に・・・つまり出発は・・・何時なのか??なんて具合です。

huvafen-fushi-ob-004 huvafen-fushi-ob-005

船の時間は約40分程度でリゾートに到着です。着くとスタッフが3名でお出迎えです。アジアな人がいると思ったら日本の方で今回の私のバトラーです。名前はMAMIさんです。今回の宿泊は彼女のおかげで凄い事になりました・・・全ての質問に答えてくれるのでバンバン質問します。少し歩くとウエルカムドリンクを頂きます。これも提供の仕方が行けています!

huvafen-fushi-ob-038 huvafen-fushi-ob-039

チェックインルームチェックインになりました。と言うより・・・チェックインカウンターがこのリゾートにはありません。部屋でチェックインです。これしかできません。唯一レセプションに近いのがライブラリにひっそりと併設されている支払い用の場所です。数畳しかないのですが・・

huvafen-fushi-ob-045

部屋の構成

リゾートの船着場から電動カートで5分ぐらいで部屋に到着です。部屋はオーシャンバンガローの43号室です。この部屋はラグーンの上にあり海側も人が通過しない場所になります。構成はリビングとベッドルームとバスルームそしてプールとデッキです。これだけ広いと多くの場合には居る場所が無い感じですが、今回の宿泊はまったくそのような感じはありませんでした。

その他、部屋には多くの種類がありますが以下のように違います。次回はオーシャンパビリオンに宿泊したいですね。

  • ビーチ バンガロー 砂浜に面した部屋になります。
  • ラグーン バンガロー 海の上にある部屋になります。
  • デラックス ビーチ バンガロー 砂浜に面したビーチ バンガローを豪華にした部屋になります。
  • オーシャンバンガロー 海の上にある部屋ラグーンバンガローを豪華にして湾に面していない(静)部屋になります。
  • オーシャンパビリオン 海の上にあり最上級の部屋です。ここからベッドルームが二つになります。
  • ビーチ パビリオン 陸にある二階建ての部屋になります。
  • CUBE 海に面した広さ最大の部屋ですが詳細は分かりません。マスターベッドルームに更に二つのベッドルームがあるようです。

リビング

桟橋の上から入口を入るとリビングに入ります。入口には部屋に入って良いかNGかを示す表示もあります。部屋に入ると先ず目に入るのはリビングの床にあるガラスです。こちらからは下の海が見えるようになっています。

huvafen-fushi-ob-006 huvafen-fushi-ob-007

夜は光を付けると魚たちが寄ってきます。でもジーと見ていると普通に船酔いするから注意が必要です(笑)部屋にはかなり深いソファーが準備されています。座るというよりは上に乗るための物ですね。

huvafen-fushi-ob-008

テレビもBOSEで設定されて良い音がなると思います。実際は滞在中に音楽は殆ど聞かずにいたので実力は分かりません。テレビ番組も一切見なかったので番組選定も良くわかりません。それだけリゾートとしてテレビを見る必要がない状態になっています。カーテンは総てリモコンになっており窓の上にある受光器に向けて操作すれば簡単にアップ・ダウンが可能です。

huvafen-fushi-ob-015 huvafen-fushi-ob-016

冷蔵庫の飲み物は何故かミルクだけコンプリメンタリで他の飲み物は別料金です。ライブラリでも何故かミルクが備え付けられているのです・・・うーん珍しい考え方です。セキュリティボックスは冷蔵庫の隣にあります。リゾートにいる間に現金はチップぐらいしか使わないので基本は重要な物はこちらに入れておきます。

huvafen-fushi-ob-013 huvafen-fushi-ob-014

部屋にはウエルカムドリンクとしてシャンパンを頂きましたが私がお酒は飲めないと言うと夜にはフレッシュジュースに変わっていました。凄い!その他にフルーツもセットされているので小腹がすいた時にはこちらから少し頂きます。ネスプレッソのコーヒーや紅茶もコンプリメンタリで提供されています。このミニバーの構成も変に豪勢ではなくリゾートと合致している雰囲気が良いですね!

huvafen-fushi-ob-009

電灯のコントロールもシンプルにはなっていますが、しかし部屋が多いので、どのスイッチかどの電源か分からなくなります。こんな時は総ての電灯をOFFにするスイッチでスッキリ操作で解決です。

ベッドルーム

部屋の広さもベッドも大きく広々としているのが私は大好きです。特に天井の部分の高さがあるので解放感が強いのが良いです。またファンを天井で回せるので空気を循環させることもできます。

huvafen-fushi-ob-011

私はモーターの音が気になったので天井のファンはオフにしておきました。エアコンは非常に強く利くので温度を高くするか湿度が低ければオフにして窓を開けるのも気持ち良かったです。

huvafen-fushi-ob-012 huvafen-fushi-ob-029

ベッドはキングサイズを超えており3人ぐらい寝れる広さです。少し柔らかめですが腰はしっかりしているのでダイビングで疲れた体をゆっくりと休める事ができました。ベッドの両脇には机とランプがあります。机の上には時計やリモコンがあり基本的に動く必要がありません。またベッドの上には日本語で書かれたホテル案内があります。内容も分かり易く、良い資料です!

huvafen-fushi-ob-034 huvafen-fushi-ob-036

部屋の両脇には机があり電源の関係もあり手前の机でPC等はこちらで作業していました。奥の机は鏡があるので化粧台になるのでは無いでしょうか?実質は部屋にいる間は殆どベッドルームで過ごしていました。不便だったのはゴミ箱がこの部屋に無い事です。リビング側から持ってくる必要があります。ちなみに毎回掃除をして頂くとゴミ箱の位置もリビングにキッチリと戻されるので毎回移動する必要があります。素晴らしい対応ですが面倒ですね(笑)

huvafen-fushi-ob-020 huvafen-fushi-ob-030

ベッドルームにもテレビと別のBOSEシステムが導入されています。標準でiPodが準備されていますがiPhoneは接続が無理な形状だと思ったらイヤホンピンから接続してほしいとの事でした。なるほどこれなら関係なく何でも接続できますね(笑)

huvafen-fushi-ob-035 huvafen-fushi-ob-044

クローゼット

ベッドルームとバスルームの間がクローゼットになっています。スーツケースもこちらに置かれますが下の台にはビーチセットが入っていたり、何故かコンセントの形状変更のアダプターがこちらに入っています。壁の部分が収納になっていますが、大きく二つに分離されています。この中にそれぞれの荷物を入れればスーツケース4つ分ぐらいの服が収納可能だと思います。

huvafen-fushi-ob-021 huvafen-fushi-ob-027

中にはビーチサンダルと部屋用のスリッパそしてガウンがかけられています。念のため虫よけスプレーも入っていました。ちなみに11月の滞在では蚊等の虫に今回は遭遇しませんでした。上にはライフジャケットも入っているので部屋からシュノーケルをする場合にはこちらを利用すれば安全です。

huvafen-fushi-ob-028 huvafen-fushi-ob-033

バスルーム

こちらも見どころの一つです。海に面している部分に大型のジャグジー風呂が設置されています。ここで海を眺め沈む夕日を見ながらアワアワにしたお風呂を楽しむのはまた別格でした。天気も到着した時だけ曇っていましたが、それ以降は常に晴天で最高の天気を過ごせました。前回は荒れた天気が多かったので今回はラッキーでした。というより今回の滞在は総てが幸運に恵まれました。

huvafen-fushi-ob-047

もちろんシャワーとトイレも別に完備されています。部屋外のデッキとダイレクトに繋がっているのでプールや海に入った後はそのままダイレクトにバスルームに戻りシャワーを浴びるれるのが楽でした。私は到着して直ぐに先ずは部屋から海に飛び込みました!

huvafen-fushi-ob-022 huvafen-fushi-ob-024

シンクは左右に二つあるので同時に使用しても問題ありません。アメニティキットはバスタブの前にあります。歯ブラシのセットも準備されているので安心ください。最近のホテルは標準では敢えて歯ブラシを備えていない場所もありますが今回は大丈夫でした。

huvafen-fushi-ob-025 huvafen-fushi-ob-026 huvafen-fushi-ob-046 huvafen-fushi-ob-023

デッキ

この部屋の見どころは間違いなくデッキにあるプールです。海と一体感のあるインフィニティプールがホテルのメインプールの売りでもありますが、部屋についているプールもある意味インフィニティプールです!

huvafen-fushi-ob-010

右側に降りているとサンラウンジャーが二セットあります。その先には海に降りるための階段が準備されています。これ系の階段には必ず蟹がいますが今回もちゃんと警備してくれているようです!部屋を出て少し沖まであるきますが珊瑚があるのでビーチサンダルを忘れないようにします。

huvafen-fushi-ob-018 huvafen-fushi-ob-043

左側に降りていくとラブチェア(少し恥ずかしい名前ですが・・)があります。昼間もバトラーにお願いすれば寝れるように準備して頂けますが私は夜にこちらで少し寝てスターベッドを楽しもうと思いお願いしました。

huvafen-fushi-ob-019 huvafen-fushi-ob-040 huvafen-fushi-ob-041 huvafen-fushi-ob-042

夜海を眺めていると何となく海がきらきらするのでとうとう老眼かと・・思っていたら例の夜光虫の話とリンクしました。そうです波打ち際で無くても少し光るのですね・・・二日目は夜に蝋燭を外で点灯して頂き幻想的な時間を過ごします。なにより星が・・・本当にすごい事に・・・天の川までスッキリと見えます。

huvafen-fushi-ob-053

バトラー

基本は全て彼女が対応してくれます。最初に到着して全ての日程を一時間程度かけて確認して予定を把握して頂きます。移動も総て彼女がクラブカーで案内してくれます。私が散歩していても見かけると直ぐに話しかけてくれて、本当に彼女がフルアテンドしてくれました。彼女とアメックスの担当の方のコンビネーションで私の滞在は完璧でした!

  • 到着した時に一時間程度時間をいただいてホテルでの過ごし方について確認しました。
  • 針が必要になったのでSAWINGキットを探しても見つからない時はお願いすると直ぐに持って来て頂けました。
  • 両替もバトラーが総て対応してくれます。ホテルの支払いはアメリカドルになります。チップも数ドル渡す形なので私には楽です。
  • アクティビティの予約・アテンド・調整も総てお願いしました。スキューバの話も色々と伺う事ができました。
  • ルームサービスのオーダーもバトラーにて対応して頂けました。何がお勧めなのか、どのような食事があるのか細かく教えて頂けました。
  • スパのセットアップも総てお願いできました。スパまでアテンドは勿論ですが施術の内容まで相談させて頂き我儘言い放題を受け取っていただけました。
  • 部屋のキャンドルサービスやセットアップも総てお任せです。
  • 島の見どころをドンドン教えて頂きました。おかげで「のんびりとした島」が「エキサイティングな島」になりました!
  • とにかく総て彼女任せな滞在でした・・・

ルームサービス

カルボナーラが激ウマです。こってりしておらずアッサリとして頂けました。私は気に入って二回も食べてしまいました。イスラム圏ですがリゾートではお酒も豚肉も大丈夫でした。他のレストランでも食べましたがこれは別記事にしたいと思います。

huvafen-fushi-ob-051

チェックアウト

チェックアウトも完全レイトチェックアウトが許可されて12時チェックアウトが21時チェックアウトとして頂けました。もちろん部屋の空き状況等によると思いますが可能な限りの対応が嬉しいです。帰りも総出で見送っていただけました。真っ暗の中をスピードボートで空港まで移動しますがココでも夜光虫の影響で水しぶきがキラキラと輝きます。星と相まって素晴らしい帰り道でした・・・

地図

By | 2017-07-23T10:37:28+00:00 2013/11/17|Categories: Hotel, Small-Luxury-Hotels|Tags: |6 Comments

6 Comments

  1. Yuzo 2014/01/20 at 00:52

    ma-yamanaka様.. ( ̄^ ̄)ゞ

     こんにちは、今年もはやいものでもう2日しかありませんね。
     クリスマスweekから年末にかけて香港から大陸に抜けたようですが相変わらずのご多忙さにいつも驚かされます。
     最近はFaceBookが主流になってしまったようで、ブログは少なくなってしまって残念に思っていましたが、サーバーも無事復旧.. 記事も随時更新ということで大変嬉しく感じています。

     以前、ご相談した件についても大変有難うございました。
     お忙しい中お手数をお掛けし申し訳ございませんでしたが、感謝の気持ちでイッパイです。
     今年も2日を残すのみとなってしまいましたが、来年もいろいろな情報を是非up下さい。このブログ、そしてFaceBookに掲載された情報は多くの旅行者に役立ち、もはや私も含めバイブル的存在に感じている人も多いかと思います。

     では、来年も宜しくお願いします。
     よいお年をお迎え下さい。
     d( ̄  ̄)ヨイオトシヲ..

  2. yamanaka 2014/01/20 at 00:54

    Yuzo様

    あけましておめでとうございます。

    返答が遅れて大変に失礼しました。本当はブログの記事を厚くして情報を整理したいのですが手軽なFBに最近は流れています。

    先月はドバイのアトモスフィアに行く前にはYuzo様の記事を参考にし、お伺いして無事に到着しました。流石に貸切ではありませんでしたが(笑)

    またリッツカールトン香港でも色々と気を使って頂きありがとうございます。GROの方からもくれぐれもよろしくお伝えくださいとの事でした。

    本年もよろしくお願い致します。

  3. 萌音 2014/03/01 at 07:31

    こんにちは。モルジブのブログを色々読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。

  4. yamanaka 2014/04/22 at 00:09

    萌音さん

    モルディブは私もまだまだ回数が少ないのですが、大好きなエリアになります。奇跡の場所だとも感じています。

    旅の楽しさを伝えれるように記事にして行きますのでお楽しみに!写真も頑張ります!

    では

  5. Mari 2014/11/21 at 12:26

    Huvafen Fushiにいる黒猫ちゃん、見かけましたか?

  6. yamanaka 2014/11/22 at 00:48

    MARIさん

    黒猫ちゃんは残念ながら見かけませんでした・・・もしかしたら人見知りな猫ちゃんだったかもしれませんね!

    次回はお会いしたいですね、黒猫ちゃんに・・・・

    では

Comments are closed.