ANA Intercontinental Tokyo 中華料理 花梨

ANA インターコンチネンタル東京にこもって書類を作成しましたがお腹は当然のように減ります。多くあるレストランの中から軽く食べれる香港飲茶を楽しめる花梨を選択です。さて今回の食事はどうだったのでしょうか?

結果

味は香港っぽい感じではありませんがまあまあ頂けました。しかし飲茶を一人で食べるのはさびしい結果になりました。次回は夜に複数人数で楽しみたいですね。

お店の雰囲気

中は香港・中華とは少しイメージが違います。どちらかと言うとモダンな感じです。お店に入るといきなりフカヒレがお出迎えです。かなり大きな物でしたね。

注文

お店での注文方法を確認すると欲しい飲茶をチェックシートにチェックする方法でした。また特定の分野では頼める数に制限がありますので注意が必要でした。今回、頼んだ数は11品目です。

  

食事

さて中のスタッフは昼一番の客と言う事もあり、全体的に動きが鈍い感じでした。たぶん私の食べる速度が速すぎたのかもしれませんね。ちなみに私は焼き肉を友人と食べると30分で焼いて完食する速度です(笑)

  

さて肝心の飲茶ですが、一人分だとさびしい感じで出てきます。香港での賑やかな場所で食べる飲茶を期待すると違いますね・・

 

でやはり楽しみはこちらです!そうですデザートです。一つ一つは小さいのですが数が多いので結局、お腹一杯頂いてしまいました。

場所

関連リンク

花梨 (中華料理 / 六本木一丁目、溜池山王、赤坂)
★★☆☆☆ 2.5

By | 2017-03-21T00:13:52+00:00 2010/05/03|Categories: ANA, Grourmet, Hotel, Intercontinental, Life|Tags: |Comments Off on ANA Intercontinental Tokyo 中華料理 花梨