キャセイパシフィック 羽田→香港 ビジネスクラス搭乗記 CX549

羽田が国際線化してから便利になったため使う機会が増えました。 今回はドバイに移動するために好きなエミレーツではなくCXを選択です。 その第一レグとして羽田→香港ですがどのようなフライトだったのでしょうか?

結果

想定していたよりも良い機材で何時ものCXの素晴らしいサービスを楽しめました。 香港に行くなら日本の航空会社よりCXが良いですね! 残念なのはファーストに乗れなかったことです・・・ 昔のつもりでビジネスしかないフライトと思い込んでいました。

予約

ドバイでの打ち合わせが決定して便を予約しますが何時もの通り直前です。帰りに香港での打ち合わせを入れたかったのと、羽田発の便で行きたかった事、そして何より久しぶりにキャセイパシフィックに乗りたかった事から今回のフライトを選択です。予約は勿論、AMEXへお願いします。何時もの担当者の方にお願いすれば他も含めるととても面倒な予約でも綺麗に完了です!流石です。

搭乗

羽田空港に到着して直ぐにチェックインします。こちらで羽田→香港と香港→ドバイまで纏めて発券して頂きます。この時に香港国際空港のラウンジインビテーションまで同時に発券頂きました。ここでもできるんですね!

 

暫くJALのサクララウンジでのんびりして早速搭乗です。私がツ常口に行くと既に多くの人が搭乗を待っていました。今回の機材はB777-300ERです。これは予定していた機材より良い物となっていました。期待して機内に入ります。

 

座席

機内に入ると何か良い香りがします。飛行機の中全体が少し甘い香りで包まれているというのが正しい言い方ですね。そして座席はこちらです!私の好きなタイプのビジネスクラスでフルフラットになります。体を前に出して眺めると皆さんがくつろいでいるのが分かります。今回はビジネスクラスでも一番後ろの座席27Aでしたので久しぶりに翼を見ながらのフライトです。

このシートは少し複雑なのですが色々と考えられており、友人などは面倒な座席だと言う人もいますが、私には便利です。まずはシートテレビが大型で確度を自由に変更できるのが楽です。こちらのシートテレビはエアーショーも新しくて私の好きなパターンです。もちろん好きな映画も見て時間を楽しみます。コントローラや電源などもその横に機能的に、しかも見やすく配置されています。座席のコントロールもここで出来るので便利です。地上にいるときからコントロールできるので飛行機の下の様子なども見えます。ヘッドフォンも既に座席の上に配置されており直ぐに使えます。

 

オットマンもちゃんと準備されておりこれが横になると上手く連結するので足も十分に延ばせます。日本の航空会社の香港便だとこのようには出来ないとおもいます。座席の脇もマガジン入れや小物入れなどが準備されており肘を置く場所も可動します。

ベッドにすると少し横幅は狭い(ファーストだと逆に広すぎるぐらい)のですが十分に休憩を取る事ができました。このままドバイに飛んでいく私には有り難いフライトですね。

乗り込むと先ずはWelcomeドリンクと大盛りのスナックを頂きます。こちらは小さいながらも便利な脇机の上において頂きます。出発までの間をのんびりと過ごしました。

食事

そして私の中でキャセイパシフィックと言えば食事、大盛り+最後までサービスと言えばキャセイと思うほどです。この航空会社に乗った以上はこれを楽しみます。が・・おかげで食べすぎです。この食事の量は何か特殊な感じを受けます。食事がサーブされる頃に外は夜に向かいます。

  

メニューだけを見ると一般的な内容なのですがこれで油断するととんでもない事に・・最初の一皿も美味しく頂きメインも頂き概ね満足です。味は飛行機の中では美味しい方ですね・・・

 

 

そしてここからがCXです。先ずはフルーツが出てきます。しかも欲しいだけサーブしてくれます。私はこのフルーツが大好きなのでかなり頂きます。フルーツが終わったころにハーゲンダッツのアイス(しかも大きい)が出ます。止めは香港Teaを頂くともう動く事もできません。後は寝て香港まで待ちます。

  

スタッフもニコニコでの対応で良いですね。CXのフライトは何時も楽しませて頂きます。

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 キャセイパシフィック航空
2 フライト CX549
3 機材 B777-300ER
4 クラス ビジネスクラス
5 出発空港 羽田 東京国際空港 HND
6 到着空港 香港国際空港 HKG
7 予定 出発時間 16:25 [JST]
8 予定 到着時間 20:40 [HKG]
9 予定 フライト時間 5:15
10 実 搭乗開始時間 16:00
11 実 ドアクローズ時間 16:20
12 実 離陸時間 16:25
13 実 着陸時間 20:40
14 実 降機時間 20:50
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 5:30

地図

By | 2017-03-28T23:21:04+00:00 2012/02/13|Categories: Air Line, AMEX, Card, cathay-pacific|Tags: , |2 Comments

2 Comments

  1. momo 2012/02/14 at 21:46

    yamanaka様

    日系の羽田発着便はもう少し充実させてもらいたいですね。
    成田よりも交通の便が良いせいかそれだけが売りになってサービス、機材がなおざりになっています。
    CX、SQのようにサービス、機材で勝負してもらいたいです。

  2. yamanaka 2013/04/21 at 19:10

    Momo様

    大変に遅くなり失礼しました。ご指摘されていたようにかなりの航空会社が羽田発着でしのぎを削っている状態だと思います。顧客としてはうれしい限りですがこれからも是非に競争を忘れないようにお願いしたいと思います。

    またエミレーツの羽田便もそろそろなので楽しみですね!

    ではまた

Comments are closed.