カタール航空 ファーストクラス搭乗記 成田→ドーハ QR803

今回はモルディブでの会合に出席するためにカタール航空を使用して成田から関西国際空港を経由して先ずはカタールのドーハに移動します。以前は頻繁に飛んでいたファーストクラスの設定のある機材が2010年9月の時点では週に一便しかありませんが、無事に移動できたのでしょうか?

結果

タイミングを無事に合わせて少し古めかしいファーストでのフライトでした。関西空港では想像以上に待たされましたが寝て過ごしていたのでドーハに着く頃にはスッキリとしていました。このままモルディブのマーレまで飛ぶ事を考えると良いフライトでした。

予約

今回は残回フライトした激安チケット(メルマガに記載します)の復路が残っていたので日程変更をするためにAMEX経由でお願いします。このチケットは関西国際空港からしか便が無い時に取ったので成田発ではありませんでしたが、AMEXに確認して頂いたところ、成田発に変更しても金額の変更が無いと言われました。

嬉しいなーと思って日程を確定しようとすると・・・お願いした日は座席が出てこないと言われます。正規激安チケットなので座席が無いのかと思い日程を少しずらして確認しますがありません・・・AMEXの担当も理由が明確でないのでカタール航空に状況を確認して翌日に折り返して貰う事にしました。

で驚いた事に!なんとファーストクラスの座席の設定があるフライトが週に一便のみとなったとの連絡を頂きました。たまたま前に一日ずらすだけで便を取れたので良かったのですが、もしビジネスになると数万円だけ返金される事になりますから・・・ちょっとさみしいですよね。細かい話を聞くと新しい機材は座席も良いのでビジネスのみの運航になっているそうです。逆に言うとファーストがある機材は古い機材なのかもしれません・・・・

チェックイン

成田空港に到着しカタール航空のカウンターに移動しますが18:20からオープンだったので10分ほどカウンターの周囲で待つ事にしました。ちょっと早過ぎでしたね・・・

時間になりスタッフが来たので早速チェックインです。話を聞くと同時には買っていませんでしたがモルディブのマーレまで購入した事を伝えると総て発券して頂けました。さらにプレミアムラウンジのインビテーションもこちらで頂けました。出せるんですね!

 

ラウンジ

今回のラウンジはターミナル4にあるANAのファーストラウンジになります。入口のスタッフから欲しい物を聞かれたのでお願いしたら総て持って来てくれました。凄く嬉しいのですが、これが標準サービスだったかな??

 

搭乗

時間になったのでゲートまで移動します。機材はA330でした。今回のフライトはもちろん国際線から出発します。なので想像ですが成田から関西国際空港だけの利用は出来ないと思います。

  

ゲートオープンで機内に移動します。座席は1Aがアサインされています。本当はギャレーの光が漏れてくるので後ろが良かったのですが・・変更するのを忘れていました。しかし良い事もあります。コックピットの扉が開けられているので中を覗く事も可能でした。

そして中東のキャリアだけあってアラビックコーヒも頂きました。

 

成田から関西国際空港へ

離陸すると地図上には関西国際空港までの経路が表示されます。1Aの特徴はモニターが二つある事です。贅沢なのか意味が無いのかは・・・この短距離のフライトの間にアメニティが配られます。今回はプラダがメインのアメニティです。

 

食事も丼が出てきます。これは・・・先ほどラウンジでも頂いたような気がしますが半分程度頂きます。味はボチボチですね(笑)

 

関西国際空港での待ち時間

関西国際空港に着陸しますが、外にはでません。そのまま大阪から人が乗り込んできます。この間、座席は倒せ、PC・携帯・電子機器も使用可能です。なので写真を撮ります(笑)結局ファーストクラスには誰も乗り込んでこなかったので、私一人の貸し切りになりました。

座席

縦幅は十分程の座席ですが、横幅が若干狭い作りになっています。アブレストが1-2-1なのでもっと大きく取れると思うのですが・・・

座席のコントロールは非常にシンプルです。倒す・・以上です。これでも完全に倒すとフルフラットになるので問題はありません。結局フライト中は殆ど寝ていました・・

 

コントローラーですがこれまた古く画面のガイドと使い方がずれています・・・機材全体が古いのですね。PC電源等も準備されているので仕事をバリバリと思いましたが、実際は寝てしまいました・・・

 

アミューズ

関西国際空港を出発すると本当の食事がまた始まります。先ずは水を頂きファーストクラスと言えばキャビアと言う事で頂きます。前回は気が付いていませんでしたが机の模様が素晴らしい構成です。

 

朝食

到着の2時間前に起こすようにCAさんにお願いしておきましたがピッタリに起こして頂きました。そのまま和食の朝食を頂きます。

 

味はやはり物足りませんが有難く頂きます。それ以上にフルーツが美味しかったですね。

到着

無事に到着しますが沖留です。ドーハの空港はまだ建設中で総て沖留でしたが今は良くなっています。

地図

By | 2017-07-04T19:18:17+00:00 2011/02/26|Categories: Air Line, QATAR-AIRWAYS|Tags: , |3 Comments

3 Comments

  1. ryo 2011/02/27 at 02:00

    明かりがロマンチックで私ゎこの雰囲気好きです★★
    日系の場合(乗ったことゎ一回だけですがww)明かりが蛍光灯で
    ロマンがありませんが、キャセイとかヴァージン(ここお薦めですよ。ビジネスクラスの料金でファーストクラス気分らしい。荷物の許容量が30キロだから価値ある旅行可能だと思います。私ゎこの路線に無縁ですが)ゎ明かりといい
    ラウンジといいセンスいいです。cabin loungeゎ夜景と設備だけじゃなく
    草食、ややおたく系男子の接客が素晴らしいですから、ドラゴンでも利用できるらしい一番のおきに入りです
     

  2. ryo 2011/02/27 at 02:01

    ★ビジネスクラスの紹介もお願いします★
    又バンコクエアーのビジネスクラスの投稿もお願いします

  3. yamanaka 2011/02/28 at 16:52

    ryoさん

    こんにちは!中東のキャリアは日本の航空会社とやはり感覚的に違いますよね。アラビアのロマンスとでもいうのでしょうかね(笑)

    バージンもまだ乗った事がありませんのでまた行く時には検討させて頂きます。私の場合、近中距離は日系、長距離は海外キャリアに私はなってきてしまいました。

    またCABINは私も一押しです!ビジネスクラスでもワンワールドの資格でなるべくここに入るようにしています。またCABINのリニューアルの話もあるので更に楽しみです。

    ビジネスクラスの情報も一部ありますのでお楽しみに!暫くはモルディブの話が続きますが、その後に考えています。もしくはRyoさんの依頼なので先行するかもしれません!

    バンコクエアーウェイズはまだ乗った事がありませんでした。来週もU.A.Eからバンコクに入るのですがバンコクのみとなってしまったので次回ですね。と言いつつ5月の連休に中東+アフリカそして帰りはタイとブルネイを考えていますので、タイミングを見計らって試してみます。

    色々と情報ありがとうございました!

Comments are closed.