北京首都国際空港 エミレーツ航空 ラウンジ

北京首都空港にはエミレーツが運用するエミレーツラウンジがあります。中国経由で中東に行くことが多くなった私はかなりの頻度で利用していますが、ここでも同じような素晴らしいサービスを提供してくれているのでしょうか?

結果

残念ながらドバイにあるようなラウンジサービスとは全く違います。サービス・スタッフ共に普通の中国式のラウンジです。広いと言えば広いのですが・・・まあそれだけです。北京首都国際空港はCAのラウンジが一番(ベストではありません)ですね。

入口

エミレーツの出発ゲートのすぐ隣の一つ下に存在します。ちゃんと案内もされておりエミレーツ航空のラウンジが大きく示されています。入口は一つでビジネスとファーストが混在しています。

 

入口の女性は如何にも中国の女性と言う感じで、頬杖を付きながら話をしています。接待業には向かない感じの人かもしれません。

ラウンジ

広さはかなりあり縦長のエリアです。難しかったのはダイニングの場所です。最初はミニバーのような物しか見当たりません。

 

しかし奥の方には食卓が並んでいます。色々と見渡しますがなにもありません。諦めて水を飲んでいると他の人が、軽い食事を持ってきました。何も書いてありませんが、確かに奥に入口があります。近づくと更に大きな部屋がありここがダイニングです。他の人もダイニングを探していたようですが、辿り着いている人はわずかでした。もう少し分かりやすくしておけばいいのに・・これではトイレに行った人しか分かりませんね。

 

インターネットは入口でパスワードを貰います。このパスワードは定期的に変更されています。しかしこのインターネットは殆ど使用できません。WEB位しか見えません。メールもセキュアなプロトコルを使っている私には見る事ができませんでした。何かと渋い作りです。奥にはビジネスセンターもありプリンターもあるのですが使い方が不明です・・・

 

シャワールームとトイレは同じ部屋にあります。入口には女性がいて何か中国語で話しかけますが意味が理解できませんでした。ラウンジの人を見ると中国の人は10%で残りが70%が西洋人、アフリカ系の人が10%で残りが別のアジアの人でした。ちなみに日本人は間違いなく私だけでした。まあ北京からドバイに飛ぶ日本人なんてそんなにいないのでしょう。

地図

By | 2017-04-16T22:25:20+00:00 2011/06/08|Categories: Air Line, Emirates|Tags: |3 Comments

3 Comments

  1. teppei101 2011/06/08 at 00:25

    こんばんは。

    yamanaka san、そろそろEKの東アジアネットワークを制覇しそうな勢いですね。この自社ラウンジは…という印象を受けます。

    最近では4月にデリーにも自社ラウンジができました。6時間おきに1日4便も飛んでますからね。デリーでは初の外資系自社ラウンジですが、これもまた…最新ラウンジなのにシャワーは既に使いたくないような状況ですし…食べ物もお腹壊しそうな見た目だし…

    香港とかバンコクはドバイには及ばないものの、悪くないです。

  2. yamanaka 2011/06/08 at 22:39

    teppei101さん

    こんばんは。

    teppei101さんほどではありませんが東アジアエリアはかなり制覇しましたね。エミレーツは好きな航空会社なので自然に増えました。おっしゃられるようにこのラウンジは自社でなくて良かったような・・しかし私が好きなCAラウンジは既にエティハドと提携しているので難しいのかな・・などと考えてしまいました(笑)

    デリーも相当の数のフライトがあるのは知っていましたが自社ラウンジがオープンしたんですね。これは興味があります。しかし個人的にインドが・・なので暫くは難しそうです・・

    また情報お待ちしています。

    ではまた!

Comments are closed.