エミレーツ航空 ファーストクラス ドバイ→チュニス 搭乗記

チュニスへのフライトは選択肢が少ないのですが私は勿論ドバイ経由のエミレーツ航空を選択します。6時間程度のエミレーツのファーストクラスはどのようなフライトを楽しませてくれたのでしょうか?

結果

スイートタイプでは無いフライトでしたがシンプルなファーストを十分に楽しませて頂きました。チュニスに行くにはエミレーツ航空がベストな選択です。

チェックイン

今回は香港からドバイにキャセイパシフィックで移動してきたのですドバイ国際空港でトランジットカウンターでチェックインします。ファーストのカウンターは別になっているのですが全体で8列あるカウンターにスタッフが一人です・・・悩んでいると後ろからスタッフが来たので確認すると、そのまま発券処理をして頂けました。乗継まであまり時間が無かったので大変に助かりました。

 

時間の関係で私のドバイ国際空港での楽しみであるマッサージを優先してエミレーツのファースト ラウンジを過ごします。食べ物は食べずに水だけのんでゲートに移動します。

搭乗

他の便と比べて全体的に搭乗する人の数も少なくファーストクラスの搭乗者は私だけでした。今回の機材はA330-200です。この機材だと残念ながらスイートタイプでは無いのが決定です。

  

搭乗するとCAさんがフルにアテンドしてくれます。座席まで案内すると同時に水を頂きました。暫くすると何時ものアラビックコーヒーとデーツのサービスです。エミレーツ航空のおかげで、すっかりデーツは私の好きな食べ物になりました。

座席

今回は一般的な座席タイプですが睡眠モードにするとそれなりに傾きます。またフットレストの出方はは独特なので最初は慣れませんね・・・

  

読書灯も金色なところがエミレーツらしいですね(笑)

  

ディスプレイも脇から引き出すタイプでそれなりのディスプレイのサイズです。スイートタイプとは違うため残念ながら離着陸時には見ることができません。しかしヘッドフォンについてはノイズキャンセラー付の素晴らしい物が準備されています。

  

靴下とアイマスクを頂けます。今回はあまり寝なかったので使いませんでした。

食事

今回はお腹が減っていたのでフルに食事を頂きました、スープ、サラダそしてメインのCHICKEN MACHBOUSをお願いします。オーダはもちろん離陸直後にお願いしておきます。

準備をして頂き机の上がダイニングに早変わりです。この準備も流石だと思います。最初の一品目は私の好きなスープです。これはCORN AND CAPSICUM COUPで一口で大ファンになりました。このスープは着陸前にももう一度頂きました。

  

サラダはシンプルなSEASONAL SALADAを頂きます。ドレッシングもバルコミサンでシンプルに楽しみます。メインはちょっと文字から想像していたものとは違いました。味はまあまあと言うと所ですね!

最後は紅茶を頂いて完全な食事の完了です。

入国

チュニジアへの短期間の入国は日本人の場合にはVISAは不要です。機内で頂いた書類を埋めれば問題なく入国できます。

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 エミレーツ航空
2 フライト EK747
3 機材 A330-200
4 クラス ファーストクラス
5 出発空港 ドバイ国際空港 DXB
6 到着空港 チュニジア・カルタゴ国際空港 TUN
7 予定 出発時間 09:35(UAE)
8 予定 到着時間 12:55(TUN)
9 予定 フライト時間 06:20
10 実 搭乗開始時間 08:25
11 実 ドアクローズ時間 09:10
12 実 離陸時間 09:20
13 実 着陸時間 12:30
14 実 降機時間 12:40
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 06:30

地図

By | 2017-07-18T15:22:27+00:00 2011/08/21|Categories: Air Line, Emirates|Tags: , |6 Comments

6 Comments

  1. momo 2011/08/21 at 16:35

    yamanaka様

    こんにちは。

    アラビックコーヒーとデーツを頂くとEKに戻ってきたなぁ~と感じてしまいます。
    それとFAのユニフォーム・・・(笑)。

  2. yamanaka 2011/08/22 at 02:45

    momo様

    こんばんは!

    そうなんですよねアラビックコーヒとデーツはエミレーツらしいですよね。これを頂くと気持ちはアラブの国々に向かいます。また初めてこれを食べたのも大阪からドバイへの便で不安と期待が入り混じった気持ちがあったことを良く覚えています。それが今ではかなり慣れました。

    世界を回ると色々な風景・匂い・香りがあり私の記録と一緒に埋め込まれていっているようです(笑)

    ではまた

  3. Toshi-TTA 2011/08/23 at 04:24

    Ramadan Kareem!

    アラビックコーヒーとデーツですか。

    アラビックコーヒーは中に調合する具材で味がかなり違ってきますね。人それぞれの好みもあるでしょうが、私は今のオフィスのお茶汲みじいさん(会社に女性は一人も居ないので)が淹れるアラビックコーヒーが一番好きです。EKのファーストは知りませんが、EK Cのアラビックよりも美味しいです。

    デーツは多分Bateelのデーツをお召し上がりだと思いますが、ノーブランドでもマディナ(マッカと並ぶサウジにあるイスラムの聖地)のデーツが美味しいです。日本のフルーツのように、産地によって味や値段が3倍以上違うのがデーツですね。またしっかり漬け込んだデーツ以外にも半生のデーツも甘柿のようで美味しいです。
    リヤドの近く(といっても車で3時間ですが)のQassimという地域はデーツの名産地です。次回リヤドに行かれる時はいろいろお試しになって下さい。

    今はラマダン中でオフィスではコーヒーもデーツも無しです。(さすがに水だけは飲ませてもらっていますが。)

  4. yamanaka 2011/08/23 at 11:07

    Toshi-TTAさん

    Ramadan Kareem! この言葉を見るとU.A.Eを思い出しますね。

    私もアラビックコーヒとデーツは大好きなのですがあまり種類を食べていません。デーツはまだ専門店が色々とあるので楽しんでいるのですが半生は見た事がありませんでした。次回行ったときには更にチェックしてきます。ちなみにデーツは私の日本人の友人へのお土産としては非常に不評です。やはり食べ方の問題かなと思っています。

    エミレーツ航空を除くとアラビックコーヒは友人の家や会社を訪問した時に頂く程度です。本当は自分でも作りたいのですが・・・まだ実行できていません。日本でもお店を探して頑張ります!

    ラマダンもう少しで終了だと思いますが楽しんでください。

    以上です

  5. Toshi-TTA 2011/08/24 at 03:28

    ご返事ありがとうございます。
    デーツは私の家族からも不評です。一度お土産で買ってきましたが、「次からはいらない」と言われてしまいました。(笑)
    やはりサウジはじめGCCでお茶請け的に食べると美味しいのですが、日本では今ひとつですね。

    今晩はオーナーさんの家のイフタール(ブレックファスト:断食明けの日没の食事)に行ってきました。昼食抜きなので、一口めの甘いデーツとアラビックコーヒーが美味しいです。多分、事務所のアラビックコーヒーはオーナーさんの家のものと同じはずなのですが、オーナーさんところは「上澄み」、事務所は粗挽きの粉も混じったコーヒーで、どうも私は粉混じりのコーヒーの方が漢方茶みたいで口に合うようです。
    日本でアラビックコーヒーは多分無いと思いますので、ご友人から分けてもらうのがベストだと思います。

  6. yamanaka 2011/08/24 at 03:56

    Toshi-TTAさん

    こんばんは。デーツの情報ありがとうございます。

    やはり日本人にとっては最初は馴染みが無いので美味しいとは感じにくいのですね。またイフタールの空腹に沁みるデーツは想像しただけでも口の中が溶けて行きそうです(笑)

    日本で手に入らないとするとやはり友人にお願いするのがベストですね。前回はガントーラを無理を言って譲って頂いたので、代わりに日本の浴衣をプレゼントして喜んでいました。今回は日本の友人の作家が作っている珍しい物を持っていく予定です。これの代わりがアラビックコーヒーと考えると一人でニヤニヤしてしまうほど飲みたいです。

    ではまた!

    P.S.その前に旅の旅程を確定しなければ・・今回はU.A.Eは数日だけになりそうです。

Comments are closed.