ANA ファーストクラス 成田→ミュンヘン NH207 搭乗記

最初はバルセロナ・イタリアとブカレストの予定でフライトを押さえたのですが、出発一週間前に アラブ 首長国連邦で会議に直接出席する事となるような旅の開始は先ずは成田からドイツです。 日本のファーストクラスのフライトをどのように楽しんだのでしょうか? ana-first-nrt2muc-001

結果

予約を私の問題で失敗しましたが、流石に日本の航空会社そのままと言った素晴らしいフライトでした。ドイツ フルーク ハーフェン ミュンヘン 空港までの12時間程度のフライトを快適に過ごせました。でも次こそは ルフトハンザ ですね!

予約

先ずはバルセロナに到着するために色々と経路を考えます。何時ものエミレーツもしくはルフトハンザも考えたのですが、余っているアップグレードポイントを使うために全日空を選択です。しかし結果的にはこれが裏目に出ます(笑) 全日空とした場合には最初の到着点としてヨーロッパの中から選ぶとするとロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘンになります。本当は機材の関係からフランクフルトが良いかと思いましたが、個人的に会いたい人がミュンヘンにお見えになったのでそちらを選択です。

アップグレードポイントを使っての予約はAMEX経由からだと難しいのでANA「ダイヤモンドサービス」デスクに直接電話して予約します。2月のタイミングでアップグレードポイント対象の座席の空き具合を聞いたところ、ダイヤモンドの資格だとまったく問題なく直ぐに取れるとの返事でした。予定の変更は無いと踏んでいたので往復ディスカウント ビジネスクラス(D)からアップグレードしました。 ここまで決めるのに3日程度かかったのですが・・・・出発直前にアラブ首長国連邦での打ち合わせが入ります・・しかもイタリアでの打ち合わせの二日後です・・・一度日本に戻り、エミレーツで更にドバイとも思いましたが飛行機好きな私でも倒れそうな旅程になりそうだったのであきらめました。ヨーロッパからの片道だけでも保持しようか、ベネチア→ドバイ→ミュンヘン→成田とも考えましたが次の日程が固められないので無茶な事に・・結果的に帰りのフライトを破棄(片道だけ買う方が既に高い状況)+アップグレード ポイントは返済されるが3月末に消滅という悲しい事になりました。

教訓としては出発後も日程変更できるチケットを押さえておくべきでした・・もしくは打ち合わせの可能性があるドバイ経由にしておくべきでした。ちなみに帰りはベネチアからドバイ経由で成田にエミレーツのファーストの片道を購入して日本のビジネスよりも安い料金でした。

チェックイン

成田には家へは一時期はヘリも利用したのですが、今は最も早く着くスカイライナーが毎回の選択になりました。チェックインは2011年からオープンしているターミナル1のANA SUITE CHECK-INになります。成田を使用する事は減りましたがここのチェックインは羽田よりも断然に良いですね。

ana-first-nrt2muc-002 ana-first-nrt2muc-003 ana-first-nrt2muc-005

このチェックインだと専用の手荷物検査場があるのでストレスなく移動できます。もちろん出国は自動化ゲートを使用するのでここも十秒程度で終わります。ちなみに古いタイプのパスポート(ICチップが入っていない)場合だと、最近の自動化ゲートでは認識に手間取ることが増えました。認識しない時はパスポートをしっかりと下に押さえ付け、更にゆっくりと数ミリ下に移動させると認識してくれるという小ワザがありますので参考に!

搭乗

搭乗まで少しだけANAスイートラウンジで時間を過ごしのんびりします。今回の搭乗ゲートは44番の第四サテライトに位置します。隣のゲートを見るとルフトハンザ運航のミュンヘン行でほぼ同じ時刻に出発する飛行機でした。 最近はダイヤの会員の方とファーストの搭乗者は更に区別されるようになったのでとても楽です。今までの区分だとエコノミーとそれ以上という雑多な区分だったので有資格者が多い区間だと数十人の方が並ぶので少し面倒でした。

ana-first-nrt2muc-007 ana-first-nrt2muc-013

今回の機材はB777-300ERの少し古い機材になります。本当はこれを避けてANA FIRST SQUAREにのるためにフランクフルトを選んでも良かったのですが・・・今回は利便性を選びました。

ana-first-nrt2muc-018

搭乗するとWelcomeドリンクがあります。このサービスは日本の航空会社で最近は無くなってきたので懐かしく感じます。海外航空会社では今でもあるのですが・・・またCAさんが色々と挨拶を頂きます。この挨拶も最近のANAは減った気がします。私はどちらでも良いのですが、あったらあったでなるほどと思います。この時点から前のテレビが起動するようになっている事に気が付きました。つまり地上に居る時からエンターティメントを楽しめるようになったのです。日本の航空会社も少しづつ変わりますね。

乗り込んで直ぐにパジャマに着替えさせて頂きます。長距離を飛ぶときはリラックスが一番なので離陸前からANAパジャマになってのんびりとします。と言っても移動時の私はとてもラフな格好でシャツ一枚にジーンズと言った格好です。パッと見ると変なお兄ちゃんに見えるかもしれませんね!また今回はこの格好が間違い+幸運の基となりました。

ana-first-nrt2muc-009

座席

今回のANA FIRSTは1-2-1のアブレストになっているのですがファーストは私を入れて二名のみ・・・私は2Aをアサインされましたが自由に座席を使わせて頂きました。結果として窓際の座席はベッド+通路側の座席を書斎+ダイニングとして使用させて頂きました。

座席は昔ながらのファーストタイプなのでプライバシーは無くオープンなスペースとなっています。座席はもちろんフルフラットとなるので寝るときには完璧な仕様です。足元にはオットマンがあり十分に足を延ばせます。CAさんにお願いすると座席を倒してオットマンと連結し、マットレスを入れてシーツを被せてサッとベッドに変更して頂けます。寝る時は収納袋にペットボトルの水を入れて完璧な準備を整えます。お陰様でミュンヘンについてそのままお世話になった方との食事があったのですが体調を崩すことなくお会いできました。

ana-first-nrt2muc-008 ana-first-nrt2muc-012 ana-first-nrt2muc-021

前のディスプレイはやはり昔のスタイルなのでワイド仕様では無くそれほど大型でもありません。と言いつつ懐かしい映画をついつい見てしまいました。ポリスアカデミーなんて下手をしたら30年以上前になるんですが・・・コントローラもシンプルで何も悩みません。ヘッドセットはSONYのノイズキャンセルのガッチリした物になっています。

ana-first-nrt2muc-010 ana-first-nrt2muc-011 ana-first-nrt2muc-015

カクテルテーブルに殆どの物を置いて通常は時間を過ごしますが、今となっては少し小さい感じですね。結局は窓と座席の間に多少は配置されることになります。カクテルテーブルの下に電源やLANが準備されています。LANは形だけなので実際には使用できないようです・・未だに・・・

ana-first-nrt2muc-014 ana-first-nrt2muc-016

アメニティ

今回はサムソナイトのポーチでした。このセンスは良いと思います。中身は色々とありますが私が使うのは歯ブラシと保湿用のクリームぐらいです。

ana-first-nrt2muc-029 ana-first-nrt2muc-030

食事

今回のフライトは細かく数回に分けて食事をお願いしました。ファーストの良いところは完璧に自分好みのタイミングで食事をとれる所です。ただし少し押し付けるような感じのサービスがあり日本式だなーとも感じます。良いとか悪いとかではなくて・・・

さて離陸後にまずはアミューズを頂きます。盛り付けのセンスは悪くないと思いますが味はマアマアです。正直に言うと機内食はよほどでないと美味しいとは言いにくいものです。むしろ今ANAが提供している一風堂のラーメン等の方がハッキリしているような気がします。ただしジュースは非常においしいと思いました。アップルジュースなのですが家にも取り寄せたいと思いました。

ana-first-nrt2muc-019 ana-first-nrt2muc-020

食事はアミューズの後に直ぐ今回は頂きました。もちろん最初はキャビアを頂きます。これは相変わらずの王道ですね!この後はサラダとお茶を頂きメインはカレーです。そして最後にフルーツプレートを頂いて終了です。この位の組み合わせが実は私はベストだと思います。味も明確で、何より私好みの作りです!

ana-first-nrt2muc-022 ana-first-nrt2muc-023 ana-first-nrt2muc-024

ミュンヘン到着前は最後の日本の味としてラーメンを頂きます。しっかりとした味が私は好きです。折角のファーストなので食事も楽しむべきかもしれませんが、色々食べて結果がカレーとラーメンになっている私はやっぱり日本人ですね!

ana-first-nrt2muc-025 ana-first-nrt2muc-028

降機

飛行機がミュンヘンに降りて外を見ると私は大失敗に気が付きました。そとがマイナス5℃・・日本も冬だったのですが私はたままた暖かい日にでたので先に書いたようにシャツ一枚にジーンズと言う格好でした。機内のパジャマは持って帰っても問題は無いのですが、聞いたらさすがにカーディガンは通常は頂けないとの事でしたので少し寒くても我慢して車まで行けば良いかと思いました。

ana-first-nrt2muc-032

しかしチーフパーサーさんが後から来られて今回は特別に頂けることになりました。狙ってはいなかったのですが素直に嬉しかったです。ちなみにANAパジャマは非常に強くできているので私は今でも家で利用させて頂いています。エミレーツ航空のパジャマよりデザインも含めて良いと思います!

フライト情報

Rec 項目 内容
1 航空会社 全日本空輸
2 フライト NH206
3 機材 B777-300ER
4 クラス ファーストクラス
5 出発空港 成田国際空港 NRT
6 到着空港 ミュンヘン空港 MUC
7 予定 出発時間 12:50 (日本)
8 予定 到着時間 17:05 (ドイツ)
9 予定 フライト時間 12:15
10 実 搭乗開始時間 12:20 (日本)
11 実 ドアクローズ時間 12:40 (日本)
12 実 離陸時間 12:50
13 実 着陸時間 16:40
14 実 降機時間 16:50(00:50JST)
15 実 フライト時間(ドアクローズから降機まで) 12:10

地図

By | 2017-03-21T01:19:06+00:00 2013/07/14|Categories: Air Line, ANA|Tags: , |4 Comments

4 Comments

  1. saratoga 2013/07/28 at 19:15

    いつも楽しみに見てます!
    私はファーストクラスに乗れる財力がないので…。
    と、そんなところは置いといて数ヶ月前このブログ落ちてましたよね?
    何回か日を置いてアクセスしても落ちてたので再開を見つけた時は嬉しかったです。
    これからも楽しみにしてますねー。

  2. yamanaka 2013/07/28 at 23:49

    saratogaさん

    こんばんは。見ていただき有難うございます。

    ブログ自体は1年程度止まっていました。諸所の事情??と技術的な問題があったので回復させるのが遅れました。

    ゆっくりですが変な問題が起きなければブログは継続したいと思っております。

    以上です

  3. […] ANA ファーストクラス 成田→ミュンヘン NH207 搭乗記 (Jul 14th,2013)★★★ […]

  4. […] ANA ファーストクラス 成田→ミュンヘン NH207 搭乗記 (Jul 14th,2013)★★★ […]

Comments are closed.