ANA ビジネスクラス 羽田→香港 搭乗記

香港への移動において、初めて羽田発のフライトを使用しました!昼間の時間が使えるのは忙しい時には非常にありがたい事ですが、そのサービス内容も気になりますね。

ana-hnd-hkg-bus-018

結果

昼間の時間を有効に使える事以外の観点で見ると、座席が・・フルフラットにならない、羽田空港の国際線用のラウンジはショボイ・・・と未だお勧めできません。ただし!中距離ですが夜間のフライトであるため目を見張るような景色を堪能できる事も事実です!私の結論は忙しい時は羽田発!時間があれば成田発!です。

羽田空港の国際線ターミナル

国内線のターミナルを総て通過して、初めての国際線ターミナルに到着です。航空会社のマークを見ると日本の航空会社は勿論ですが、その他 アジア系の航空会社4つが入っていました。

ana-hnd-hkg-bus-002 ana-hnd-hkg-bus-003

入口の雰囲気を見て一時しのぎな建物だなーと思って見ていたら、新しい国際線ターミナルをちゃんと作っているようです。色々と社会的な問題はあるとしても羽田も国際線が増えそうだと感じました。

ana-hnd-hkg-bus-006

チェックイン

ここではスーツケースのセキュリティチェックを自分でしなければなりません。中国等の古い空港を感じさせます。多くの機能がエコノミーの人と混じっているため、ANAのスタッフがビジネスの人が来るとエコノミーの人を無理やり止めて優先処理してくれますが、ちょっと強引すぎですね。相手の人が嫌にならなければ良いのですが・・と心配してしまうほど露骨です。

ana-hnd-hkg-bus-004 ana-hnd-hkg-bus-005

チェックインカウンターも一時的な作りです。で、、やはりエコノミーの人と微妙に混在して押しのける形となってしまいました。そうです、かなりの乗客数がおりました。大韓航空の韓国へのフライトやJALの香港便と時間がかぶっているようです。

チェックイン終了後に出国手続きですが、何のプライオリティも無く普通に並んで終わりました。流石に羽田の現在のターミナルでは何もできないようです。もちろん自動化ゲートもありません。久しぶりのスタンプでの出国ですがちゃんとHANEDAと書いてあります。当たり前ですが新鮮でした。

ana-hnd-hkg-bus-007 ana-hnd-hkg-bus-013

一応、DUTY FREEのお店はありますが数は全然多くありません。それでも多くの人が買い物を楽しんでいるようでした。

ラウンジ

さて肝心のラウンジですが、流石にJALとANA含めてすべて共通のラウンジでした。そのため、この時間はフライトが集中しているようで満席に近い状態となっていました。

ana-hnd-hkg-bus-009 ana-hnd-hkg-bus-010

食事や飲み物も・・・まあまあ・・というか国内線と同じ内容でした。ハッキリ言うと物足りません!次回の新国際線ターミナルができるのを楽しみにしてます!

ana-hnd-hkg-bus-012 ana-hnd-hkg-bus-011

搭乗

搭乗ゲートはビジネスとエコノミーをちゃんと分離してあり人を掻き分けての登場では無いので安心です。(他の国内線は未だに・・・・ですね)ただし優先搭乗してもANAの機体はバスで移動するので時間はかかります。

ana-hnd-hkg-bus-008 ana-hnd-hkg-bus-016

バスに関しては優先搭乗を受けた人と他の人は分離してくれていましたので、バスが一杯になると言う事はありませんでした。搭乗時には満月が翼の所に見えており普段とは違う搭乗に少し嬉しくなりました。

ana-hnd-hkg-bus-017

バスから降りてタラップを上って機内に入ります。が・・・入った瞬間にショックを受けます・・・

ana-hnd-hkg-bus-020

機材

機材はB767-300なのですが、座席がフルフラットにならない・・・いやーーー前日はAM0400まで起きていたので、香港まで寝るつもりだったのですが少し当てが外れました。単純に言えば大連へのフライトと同じ機材ですね。

ana-hnd-hkg-bus-019 ana-hnd-hkg-bus-021

座席がフルフラットにならないのは期待し過ぎていた自分のミスですが、その他の部分は問題ありません。机を数センチ上げるなど細かい点では良い機材だと思います。

ana-hnd-hkg-bus-031

食事

さてさて10分ほど出発が遅れましたが成田のように1時間も遅れる事はありません。飛行機が飛び立つと少ししてお楽しみの食事です。

ana-hnd-hkg-bus-001 ana-hnd-hkg-bus-022

久しぶりのANAのフライトでしたが、栗原さんが監修した食事は良くなっていました。昔ながらのビーフ or チキンでは無くハンバーグとカジキマグロからの選択です。私はハンバーグを頂きました。

ana-hnd-hkg-bus-023 ana-hnd-hkg-bus-024 ana-hnd-hkg-bus-025 ana-hnd-hkg-bus-026

食事の内容だけでなく器や雰囲気も整えてきました。最初のスナック部分でも変更がありました。

ana-hnd-hkg-bus-027 ana-hnd-hkg-bus-028 ana-hnd-hkg-bus-029 ana-hnd-hkg-bus-030

景色

夜のフライトで東京、愛知、鹿児島、台湾の上空を通過するためその夜景には目を見張るものがあります。CAの方が私の前に座っていたので何をしているのか聞いたら夜景が素晴らしかったので皆さんにお伝えしようかとの事でした。さっそく私はあっちこっちの席に移動して景色を堪能しました。ただし写真に綺麗に納まったのは数枚だけでした・・・・

ana-hnd-hkg-bus-032 ana-hnd-hkg-bus-033

他の場所と違い、台湾上空を通過するときは機内の電灯は落ちて暗くなっているのでここがBESTのタイミングだと思います。光は飛行機の右側でも左側でも見えましたが、私のフライトの時はA側の席が夜景を見るには適していました。

地図

By | 2017-03-06T08:35:11+00:00 2009/01/14|Categories: Air Line, ANA|Tags: , |2 Comments

2 Comments

  1. CDG 2009/03/30 at 19:04

    こんにちは。。。ふむふむ、敵機偵察させて頂きました(笑)と申しましても、現役時代はJ社ばかり、退職後はA社を利用する事が多いのですが、2010年にもう一本滑走路が出来たら、羽田からインターの長距離便も増えそうですね。そうすればチェックインカウンターや、ラウンジ等も改善必須ですよね。やはり羽田からインターに乗れるというのは地方にお住まいのお客様にとっては成田の数少ないドメに比較すると、利便性が全然違いますよね。。
    関空はインターの減便ばかりですし・・・・・

    香港は仕事以外でもプライベートでよく行っておりました。フライト時間も疲れる程ではなく、何度行っても楽しい所です。

  2. ma-yamanaka 2009/03/30 at 21:27

    CDGさん
    コメントありがとうございます!敵機(??)偵察に役立て何よりです!
    羽田空港の単純な利便性は捨てがたいですよね。でも設備がまだまだまだまだ(4回繰り返すぐらい)できていないと感じてしまいます。新しい滑走路、新しいターミナル、新しいラウンジ設備など早く欲しいと感じます。
    でも冷静に考えると羽田は開港が昭和と同じくらいだと考えると、その後の増改築を入れても凄い空港ですよね。ここまで使えるとは思っていなかったのでは無いでしょうか。これからの羽田空港を楽しみにしています。

    また香港も良いですよね。定期的に私も訪問(遊び?)に行きます。日本とは違う雰囲気、中国でも無い雰囲気、そこから足を少し伸ばして南国・・等など。将来は香港に住みたいぐらいです。

Comments are closed.